【ゲーム雑談紀行】『ウマ娘』の特徴を編集者が語る! ゲームでのポイントを紹介

kbj
公開日時

 電撃の編集やライター、クリエイターなどなど、いろいろな人とゲームについてゆるく話をしていくコーナー“ゲーム雑談紀行”を掲載します。

 第36回の話題は、引き続き話題のゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』について。電撃オンラインの競馬好き編集・レトロ、むらたと語っていきます。

 なお、座談会の収録は3月中旬に行われています。

参加者

レトロ

 『電撃王』、『電撃PlayStation』を経て電撃オンラインに。印象的な馬はサイレンススズカ。

むらた

 『電撃ゲームス』、電撃の攻略本を経て電撃オンラインに。印象的な馬はナリタブライアン。

kbj

 電撃オンラインの編集。印象的な馬はタマモクロス。

ゲームでのポイントを紹介

kbj:ゲームシステムで特徴的だと感じているところは?

レトロ:史実であれば牡馬は牝馬のレースに出られないけど、ゲームの中だと好きなウマ娘のローテーションを組めるのは楽しいです。

 モデルが牡馬だったとしても、桜花賞に出て、オークスに出て、秋華賞に出るということもできる。

むらた:そこは自由度は高いですよね。

レトロ:システム面だと、個性を描くのにうまく表現できているスキルが好き。実際の馬の個性って数字だけだと表しきれないわけです。

 それにスキルがあることで、わかりやすさもあるし、キャラに寄せることもできる! 例えば、走る速度が同じでも“接戦に弱いウマ娘”とかを明確に視覚化できるわけです。

むらた:確かに。そのからみでいうと、いろいろなウマ娘の固有スキルを持たせられるので、星3まで育てると固有スキルを引き継げるのはいいですね。

kbj:むらたさんはどのウマ娘を育てているんですか?

むらた:一通りやったので、ポイント稼ぎにサクラバクシンオーをやっています。

kbj:そういえば、サクラバクシンオーの最後のレースがとれないんですけど、何が足りないんですかね?

むらた:スキルが足りないのかと。

レトロ:あと、逃げにしているのか、先行にしているのかにも違ってくる。逃げのほうがスキルを選びやすいです。

むらた:デフォルトは先行なので、逃げにするには変えないとダメです。

kbj:育成の方針は? パワーやスタミナは全然上げないんですか?

むらた:スピード、根性、かしこさを上げますが、8:1:1くらいのイメージです。僕はサイレンススズカを持っているので、固有スキルを継承できるのはデカいのかも。サポートカードとの相性もよくて、サクラバクシンオーはとにかく勝ちやすいです。

レトロ:最初に星3の好きなウマ娘をもらえたので、好きなサイレンススズカを選びましたわ(笑)。序盤はウマ娘が集まっている練習を選ぶのも大事。サポートはスキルのために選びつつ、スピード重視がいいです。

kbj:いまから遊ぶ人がゲームをやるうえで意識しておくことは?

むらた:とにかく因子がポイントのゲーム。強くするには因子が大事です。

 最後の因子がとにかく重要で、僕のサクラバクシンオーはスピード1000以上にしているんですが、スピードの因子が来たことがない! 

(一同笑)

むらた:“根性★1”とかが来て「これも違うなあ~」みたいな。ステータスランクがB以上だと★3の因子の可能性があるらしいんですが、1回もないですね。ずっと乱数に負けている……。

kbj:サポートカードで意識することは、スキルであわせたいものを選ぶことですか?

むらた:それでいいと思います。あとは、タッグ練習の種類でしょうね。3頭タッグが発動すると一気に50以上、数値が上がる。

 サクラバクシンオーであれば、スピード3枚と欲しいスキル2枚を入れていました。

レトロ:逃げのほうが必要なステータスが少ないのも育てやすいかと。スピードあげて、スタミナはある程度で、スキルで補えば、乗り切れる。

 先頭に立ちやすいとか、最後の直線で突き放すとか、見るとわかりやすいのもいいです。

kbj:遊んでいて、気になっていることはあります?

レトロ:なんだろう……逃げウマ娘が多いイメージ。逃げ6人が出走するレースを見ると「これは、どうなんだろう」って。

むらた:そうですね。最初は少ないけど、GIとかになると逃げが増えてくる。

レトロ:個人的には、実装されているウマ娘にも逃げが多いイメージ。

むらた:僕は、引きの問題で感じていないんですが(苦笑)。

レトロ:マヤノトップガンも逃げられるし、相手も含めるとアイネスフウジンやセイウンスカイもいる。展開がどこまで結果に反映されているか、わからないけど、逃げは競っている印象もある。

 ただ、チーム競技場のほうはしっかりとは見ていないから、上位の人がどういう戦いをしているのかは、わからないや。

むらた:個人的にも1人目の育成がまだ終わっていないので、チーム競技場はまだ先になりそうです。

レトロ:すでに全部がSの人とか見ると、すごいなと。Sなんて作れていない……。

kbj:もちろん、情報を追いかけて集めている人もいるでしょうが、皆が模索しながら遊んでいる感じもちょっと懐かしい感覚ですね。

むらた:Sの人の画像を見ると、かなり凸っているようなので、スタート時点で違うのかなという印象。

レトロ:ゲーム内の最終目標である“URAファイナルズ出走と勝利”であれば課金しなくても楽しめる。ただ、だれよりも強いウマ娘を作りたいなら、それは課金をしたほうがいい。課金があるゲームなので、それは当然かなと。

むらた:体感ではA以上を出したいならば、ガチャを回したほうがいいと感じています。

kbj:実際の競馬だって、強い馬を育てるにはお金がかかるわけですからね。

レトロ:それこそ活躍した馬の種付け1回は、恐ろしい額ですからね(笑)。

むらた:ちょっと補足すると、ある程度、数が揃うまではサポートカード重視でいい気はします。それができたら、“プリティーダービーガチャ”で重ねていったほうが強くなる気はします。

レトロ:あとは、自分が育てたいウマ娘を決めるのもいいでしょうね。

むらた:そうですね。イベントを頑張れば、女神像と覚醒素材が手に入るので、それで星を増やせたり、覚醒をさせたりしたほうがいいでしょうね。

 あとイベント限定のサポートカードが入手できて凸しやすいんで、その後の育成にかなり役立ちますね。

⇒5月5日掲載回に続きます


(C) Cygames, Inc.
(C) 2021 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」製作委員会