刀を使うアイシャは使いやすさNo.1!【鬼ノ哭ク邦ジョブ座談会レビュー】

ハチ
公開日時

 スクウェア・エニックスが8月22日に発売する、PS4/Nintendo Switch/PC(Steam)用アクションRPG『鬼ノ哭ク邦』でジョブの役割を担う“鬼ビ人”に関する座談会レビューをお届けします。

 今回はカガチの相棒であり、刀の使い手である“アイシャ”のキャラクター性や使いやすさなどを語ります。

【座談会参加メンバー】
Mac佐藤:効率重視のガチゲーマータイプ。ファミコン時代からのスクウェアRPGファン。
コール:基本的には使いやすさや遊びやすさ重視だが、時には趣味に走るゲーム好き。
ハチ:座談会唯一の女性。使っているときの楽しさやキャラクター性を重視するエンジョイ派。
そみん:強さよりもおもしろさ重視のロマン派。ファミコン時代からのおっさんゲーマー。

外見&設定チェック:ヒロイン感満載で、凛としたところが好印象

そみん:みんなは見た目的にはどんな印象だった? 僕はヒロインっぽいな~という印象だったかな。

  • ▲刀の使い手“アイシャ”。情熱的で愛情深い“鬼ビ人”で、カガチの相棒。遠い記憶に残るのは、ひとときの幸福と愛への激しい渇望。

ハチ:凛とした雰囲気でキレイだなと思いましたね。ゲームをしてみると、技のエフェクトも蝶や花びらが舞っていて素敵でした!

コール:ゲーム画面で見ていたときはもっと和風なイメージだったけど、改めてイラストを見ると、着物っぽい雰囲気もありつつ、洋風でハイカラな衣装にも見えるね。

Mac佐藤:かわいいですよね、お姫様やお嬢様って感じ。武器は刀ですけど、お嬢様剣士みたいな感じでインパクトがあります。

ハチ:アイシャは情熱的で愛情深い鬼ビ人という設定ですが、最初はどんなキャラなのか、よくわかりませんでした……。

そみん:メインストーリー中には鬼ビ人はほとんどかかわってこないからね。技奥樹で“鬼ビ人の記憶”を解放して、サブイベント的なものを見ることで、その鬼ビ人の人となりが見えてくるという。

  • ▲“アイシャ”はとある国の王女で愛し合う王子がいたようです。幸せそうな記憶のはずですが、なぜ“鬼ビ人”になってしまったのでしょうか…。

コール:それまではバトル中の掛け声で想像を膨らませてたから、“鬼ビ人の記憶”を見た時にいい意味でギャップがあることも。

 まあ、アイシャの場合は「刀のサビになりたいのかしら」とか「逃がさない!」とか“かっこいいお姉さん系”の声で、実際の性格も凛としてお姫様系だから、ほとんどイメージ通りだったけどね。

Mac佐藤:“鬼ビ人の記憶”を解放しなくても、セーブポイントで“鬼ビ人と会話”を選ぶと、ちょっとした反応が見られるんですよね。

 あと、何も操作せずに放置していると、「戦うばかりじゃ疲れるもの」みたいなボイス演出が入ることも。そういう部分で、少しずつ鬼ビ人の人となりを把握していくのは、けっこう楽しいと思います。

ハチ:ゲーム中では、主人公のカガチが「鬼ビ人はしょせん道具に過ぎない」みたいな反応をしている部分もありましたが、自分としてはゲームを進めて鬼ビ人の過去を知っていくと思い入れが深まっていく部分がありました。

コール:いわゆるジョブだけど、ジョブとしてわりきれない部分は出てくるよね。

ハチ:“鬼ビ人の記憶”って、けっこう普通な感じで始まることが多いじゃないですか。アイシャなら別の国の王子様との恋愛の話なんかから始まって。

 でも、彼女たちが幸せな最期を迎えたなら、当然ながら迷イ人になるわけがなく、ましてや記憶と引き換えに大きな力を手に入れた鬼ビ人になるわけもないんですよね……。

コール:公式サイトなどには、“遠い記憶に残るのは、ひとときの幸福と愛への激しい渇望”と書かれているわけで……(苦笑)。

そみん:ひとときの幸福……。こんなにきれいで強そうなのに。

Mac佐藤:設定的には悲劇的結末が約束されてしまっている状態ですが、それでも何か救いがあることを求めて、“鬼ビ人の記憶”を読み進めたいですね。

能力チェック:近距離を得意とするクセのない性能。とても扱いやすくて初心者におすすめ!

そみん:アイシャの技や使いやすさはどうだった?

コール:一番扱いやすい鬼ビ人だと思いますね。ダッシュも使いやすいので、4人編成できるうちの1枠はアイシャで決まりかと。

 技も突進系と乱舞系が揃っているので、評価はズバリ10点!

Mac佐藤開発者インタビューでは、アイシャをベースに他の鬼ビ人を作ったと言っていました。

 そのくらい基本となる鬼ビ人で、最初から使用できる鬼ビ人なので、初心者にも間違いなくおすすめですね。

  • ▲オススメ技は“明鏡夢想”。チャージしなくてもダメージが大きいので、入れておいて損なし!

そみん:サポート系のスキルで通常攻撃をどんどん強化できるところもポイント。アクションも強いけど、普段の通常攻撃の底上げをできると、全体的に強く感じるからね。

ハチ:移動速度や通常攻撃の速度をアップすると、かなりプレイ感覚が変わりますよね。初プレイの時はちょっともっさりしたテンポに感じる人も、スキルを修得するとかなり印象が変わると思います。

Mac佐藤:難点は、単体相手の接近戦に特化しすぎているところですかね。

 鳳凰落月の衝撃波で多少遠距離攻撃はできるけど、正直おまけレベル。画面上の敵すべてを攻撃できる鬼ビ人もいることを考えると、範囲攻撃としては限度があります。

 とはいえ、このへんは“餅は餅屋”というやつで、逆に単体相手の接近戦に特化していることこそがアイシャの強みで、中ボスを含めたボス戦でがっつりと頼りになる存在です。

コール:他の単体アタッカーの個性としての+αが状態異常とかにいきがちなのに対して、アイシャは状態異常がほぼないかわりに、純粋にダメージアップにつながっているところも高評価できるところ。

 ……スキルを育てると、通常攻撃に“即死”の状態異常が付与されるけど、普通になぐったほうが早い気がするなあ。

そみん:Tokyo RPG Factoryの状態異常をなめんな! まだ遊び込めてないから断言できないけど、TRFの過去作は状態異常がボス敵に効くことも多くて、かなり使えるはずだから。

 さすがにボスに即死は効かないと思うけど、めちゃくちゃガードが固い敵とかでビックリするくらい便利な可能性はありうるよ。

ハチ:そんなアイシャについてですが、攻守のバランスがいいし、オススメの鬼ビ人ではあるんだけど…良くも悪くも普通。

 使っていて面白いなという印象ではなくて、安定しているなって思いました。なので自分の評価は7点かな!

Mac佐藤:回避に便利なダッシュキャンセルなどを覚えるとかなり強いですね。機動力もあって動きやすいので、評価は8点でお願いします。

 RPGで初期ジョブってどうしても後半は性能的に……なんてことがありがちですが、本作のアイシャは問題なく最後まで活躍できるレベルです。

そみん:みんなが言っているように扱いやすいし、育てていくとすごく強くなる。なので純粋に性能だけで見ると9点でもいいんだけど、僕も強すぎて面白みにかけるという意味で8点かな。

コール:ちょっと! それならみんな10点でいいじゃないですか(苦笑)。電撃の座談会メンバーはひねくれている人が多いのでは(笑)。

そみん:まあ、メジャーよりもマイナー好きな部分はあるかもだけど、“普通に強い”よりは“工夫次第で強くなる”ほうが楽しい部分もあるじゃない。

 そういう意味でアイシャはベースが完成されていていしっかりしているから、逆にプレイヤーによる工夫の幅はやや狭いかも。そこをどう評価するかだろうね。

【座談会メンバーのアイシャの評価:33点】
Mac佐藤:8点
コール:10点
ハチ:7点
そみん:8点

【主なアクション】

アクション 効果
疾風刻 ダッシュしながら攻撃する。攻撃中に通常攻撃のボタンを押すと追撃することができる。
鳳凰落月 後ろに退き、距離を取ってから鬼ビ人が衝撃波を飛ばす。
明鏡夢想 精神統一して放つ斬撃が交差する。発動前にボタンを押し続けると溜めが発生し、攻撃の威力が上昇する。
闘翔撃 ジャンプしながら斬り上げて浮遊した敵を鬼ビ人が斬り刻む。通常攻撃のボタンを押すと追撃する。

© 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Developed by Tokyo RPG Factory.

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ARPG
  • 発売日: 2019年8月22日
  • 希望小売価格: 5,800円+税

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: ARPG
  • 発売日: 2019年8月22日
  • 希望小売価格: 5,800円+税

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)(ダウンロード版)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ARPG
  • 配信日: 2019年8月22日
  • 価格: 5,800円+税

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)(ダウンロード版)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: ARPG
  • 配信日: 2019年8月22日
  • 価格: 5,800円+税

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)

  • メーカー:スクウェア・エニックス
  • 対応機種:PC
  • ジャンル:RPG
  • 配信日:2019年8月22日
  • 価格:5,800円+税