年に一度の横浜での『ポケモンGO』フェスタで、ペラップをたくさん捕まえました!

シュー
公開日時
最終更新

 『ポケモン GO』』で8月6日~12日に横浜で開催された、当選者のみが参加できるイベント“Pokemon GO Fest 2019 Yokohama”。

 こちらについて、現地で参加してきた模様を何回かに分けてレポートしていきます!

年に一度の『ポケモンGO』フェスティバル!

 レアなポケモンたちが出現するところにばかり注目されがちですが、リアルポケストップや出現ポケモンの像、歴代起動画面、そして各チームのリーダーなど、お祭り的な要素満載なのが“ポケモンGOフェスタ”の良い点だと思っています。

 会場内では、初代『ポケットモンスター』のアレンジBGMが流れていて、より『ポケモン』の雰囲気に没頭できたのもうれしかったですね!

まるでコミュニティ・デイかのような圧倒的出現数!

 “ポケモンGOフェスタ”のポケモンたちは、とにかくとんでもない数が出てきます。

 とくに今年は出現するポケモンの種類がかなり多く、また去年よりも色違いの種類が増えており、どのポケモンでも色が変わる楽しさもあって、常にワクワクしっぱなしでした!

 今年の目玉ポケモンは海外限定の“ペラップ”でした。出現数もそれほど低くなく、そこそこの頻度で見付けられたので個人的には大満足!

 まだ去年の“トロピウス”も交換用が残っていますが、しばらくはフレンドと会う度に“ペラップ”交換となりそうです。

 イベントは“臨港パーク”、“赤レンガ倉庫”、“山下公園”の3つの場所から参加でき、さらに各エリア内が“雪のエリア”、“海のエリア”、“空のエリア”と分かれていました。

 各エリアで出現するポケモンたちに違いがあり、例えば“雪のエリア”内だと、こおりタイプのポケモンが多く出現するので、狙ったポケモンをゲットしやすかったですね。

 さて、実際にどんなポケモンを捕まえられたのかは、次回レポートしていきます!

『ポケモン GO』プレイ日記 バックナンバー

※ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
©2019 Niantic, Inc. ©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.