大鎌の使い手イザナは毒と攻撃時のHP吸収が強い!【鬼ノ哭ク邦ジョブ座談会レビュー】

コール
公開日時

 スクウェア・エニックスが8月22日に発売する、PS4/Nintendo Switch/PC(Steam)用アクションRPG『鬼ノ哭ク邦』でジョブの役割を担う“鬼ビ人”に関する座談会レビューをお届けします。

 アイシャに続く今回は、大鎌の使い手であるイザナのキャラクター性、使いやすさなどについて語っていきます。

【座談会参加メンバー】
Mac佐藤:効率重視のガチゲーマータイプ。ファミコン時代からのスクウェアRPGファン。
コール:基本的には使いやすさや遊びやすさ重視だが、時には趣味に走るゲーム好き。
ハチ:座談会唯一の女性。使っているときの楽しさやキャラクター性を重視するエンジョイ派。
そみん:強さよりもおもしろさ重視のロマン派。ファミコン時代からのおっさんゲーマー。

外見&設定チェック:ミステリアスな雰囲気が大鎌とベストマッチ!

そみん:お次はイザナ行ってみようか。みんなはどんな印象?

  • ▲大鎌を武器として戦うイザナ。どんな時でも冷静で、生者の言葉や感情を観察し続けている鬼ビ人。遠い記憶に残るのは、死者の冷たい涙と生者の歪んだ笑顔。

コール:あの無感情なところに加えて漆黒の衣装。さらに獲物が大鎌ときたら、そりゃ見た目は10点満点ですよ(断言)!

そみん:熱量(笑)。まあ確かにキャラ的には僕もこういった死神系の女性は好きですけど。

ハチ:私も闇を抱えている少女は結構好きなんで。あと、鎌ってカッコいいですよね。

コール:そうなんですよね! 鎌のカッコよさってズルいですよね!!

 技のエフェクトもほかの鬼ビ人と比べてわりとシンプルなんですけど、紫の斬撃が空を切り裂いてる感じがたまりません!

Mac佐藤:セリフも「切り裂く」とか、武器に合ったものが多くていいですよね。

ハチ:そうそう。それに、もっと無口で何も言わずにザクザクやるのかなと思っていたんですけど、結構ガンガンしゃべるのにビックリしました(笑)。これはこれでかわいいけど。

そみん:長いセリフをしゃべるわけじゃないんだけど、技を使ったときや“幽リ世渡り”で世界を変えたときなんかにイロイロ言ってくるよね。

Mac佐藤:戦闘中は短めでしたけど、鬼ビ人との会話では結構長めのセリフが多かったですよ。

コール:しかも声優は豊口めぐみさんということもあって、キャラの見た目よりも結構凛々しくて、そこもまたギャップというか。

 公式サイトには“どんな時でも冷静で、決して何者にも流されない”と書かれていますけど、あの冷静な感じは豊口さんならでは! っていう感じがしますね。

Mac佐藤:ほかの鬼ビ人よりも“鬼ビ人の記憶”の語りは冷静に達観して物事を見ているように感じました。こういうところも、イザナというキャラクターの魅力になっている気がします。

ハチ:でも、彼女の“鬼ビ人の記憶”って冒頭から結構重めでしたよね。この後どうなっちゃうんだろう……。

  • ▲生まれたばかりの妹を亡くしたイザナ。だが、母は“悲しんではいけない”と言う。彼女はその言葉に違和感や不快感を覚え、本当に死者のためになるのか疑問を抱き始める。

コール:確かに。そのまま重いストーリーで行くのか、それともどこかで救いがあるのか。どっちに転ぶにせよ、“鬼ビ人の記憶”を進めるのが不安でもあり楽しみでもありますね。

能力チェック:いかにして敵の側背面を取るかがカギ!

そみん:イザナの技とかはどうだった? 僕は正直、使い勝手は悪いかな……と(笑)。

ハチ:私も攻撃が当てずらいかなと思っちゃいました。

そみん:個人的にはこういうキャラは面白いから点数を高めにつけたいんだけど、結構事故率が高くて、うまく使いこなせていないんですよね……。

Mac佐藤:武器が鎌なので範囲攻撃のように見えるけど、そこまで攻撃範囲は広くないので、敵の懐に潜り込んで攻撃しないといけませんから。

 それに、通常攻撃中はまったく動けないというのも特殊ですね。

そみん:ザーフの“スウィープ”みたいな前に広い範囲の技攻撃とかだと、敵に突っ込んで繰り出して一掃する、みたいな感じで使えるから分かりやすいけど。

コール:イザナの場合は、ワープで敵陣に潜り込んで攻撃しないといけないですからね。

 確かに僕も最初はどうしたもんかなと思いましたけど、ワープの特性を理解すると一気に楽しくなりますよ。

 ワープ中は敵の攻撃を完全に無効化して当たらなくなるので、敵の攻撃が激しくても安全に潜り込めるところがポイント。

 敵の密集地帯に侵入したら“パラレル”などの範囲攻撃で一気にダメージを与えて、すぐにワープで離脱。という感じで一撃離脱の戦法が強いんですよ。

Mac佐藤:“グレイス”で敵の懐に飛び込みつつ、透明化で敵に気付かれない状態になって、うまく安全地帯に逃げて仕切り直すというのもアリですね。

そみん:“グレイス”の透明化は楽しいけど、そこで逃げずに攻撃→気付かれて反撃されるというパターンも多いんだよね……。

Mac佐藤:ワープ後のスキをキャンセルできるスキルを覚えると、より楽しくなりそうですね。

 ただ、イザナが覚えるスキルの特徴として、敵の即背面から攻撃を当てると、攻撃力アップやクリティカル率アップのバフを得らるなど、どんどん有利になるのもおもしろいところ。

 そういう意味では、多少無理をしてでも“グレイス”で透明化した際に攻撃を当てておくのもアリだと思います。

ハチ:なるほど。私はスキルの説明を見ていて、状態異常が強いのかなと思っていました。

コール:そうなんですよ、状態異常も強いんですよね。スキルで“敵の側背面に当たった時”に効果を発動するものが多いので、ワープで敵の中心に移動するよりも奥目に移動するのがポイントなんですよ。

  • ▲オススメの技は“シリアル”。敵の側背面に当たった時に確率で毒状態にするので、ダメージの底上げにもなる優秀な技!

Mac佐藤:集団戦は強そうだけど、ボス戦では苦労しそうですね。

コール:ま、まあ(汗)。そこは単体相手に強いアイシャたちにお任せの方向で。

 ただ、攻撃ヒット時に確率でHPが回復するスキル“リバース”があるのをお忘れなく。HP吸収みたいな感じで、長期戦でも役立つこと間違いなしです。しかも、このスキルはイザナを編成中なら常時効果を発揮するので、かなり便利なんですよ。

ハチ:なんか、ザコ敵キラーな鬼ビ人になりそうですね。

コール:そうですね、技にも即死の効果付きのものがあるので、活躍の場はワラワラと出現するザコ戦になりそうかな。

そみん:ボス戦でも普通に活躍できるポテンシャルはありますよ。バフを得やすいこともあり、火力はけっこう高いと思いますし。

 最終的には使っていて間違いなく面白いキャラではあると思うんだけど、後半でどれぐらい背後に回れる敵が出てくるか……。

 でも、Tokyo RPG Factoryのゲームは伝統的に状態異常が強めで、ボス敵のHPを毒で削ったり、麻痺で足止めしたりするのはセオリーの1つ。ロマンのあるキャラだし、9点ってところかな。

ハチ:私は6点ですね。鎌を使ってもっと爽快にブッた斬れると思っていたんですけど、真価を発揮するまでの道のりが結構長い(笑)。ちゃんと技奥樹を育てれば、移動時のワープもどんどん使いやすくなって、強くなると思うんですけど。

Mac佐藤:トリッキーで使っていて楽しいのは間違いないですし、もっと極めればイロイロできそうですが、現状は6点でお願いします。

 ワープでの無敵時間とか、うまく使えば評価が変わってきそうですけど。

コール:僕もまだイザナの真髄を引き出してないけど、期待も込めて7点をつけましょう。きっと極めればボス戦でも活躍できる状態異常の鬼になってくれるハズ!!

そみん:う~ん。残念ながら、30点に届かなかったか。ちょっと低めの点数と言えそうだね。

ハチ:意外と攻撃力は高いし、わりきって使うと普通に強い部分はあるんですけどね。やっぱり、クセが強いと好みは分かれるところかと。

Mac佐藤:ちなみに単体で使う場合の点数は6点と低めですけど、先ほども話題に出たスキル“リバース”(攻撃がヒットした際に確率でHPが回復)を加味すると+2~3点でもいいと思います。

 そんなに大量に回復するわけじゃありませんけど、自分以外のメンバーが戦っている際にも効果を得られるのはとにかく便利。

 ボス戦では、メインのアタッカーは他の鬼ビ人にまかせつつ、イザナはたまに出てきて“シリアル”で毒を付与して地道にHPを削っていく……という黄金パターンで戦うというのは、全然ありですからね。

【座談会メンバーのイザナの評価:28点】
Mac佐藤:6点
コール:7点
ハチ:6点
そみん:9点

【主なアクション】

アクション 効果
パラレル 鬼ビ人と背を合わせて薙ぎ払う。攻撃が敵の側背面に当たった時にその攻撃の威力が上昇する。
グレイス 洗練された流れるような動きで鬼ビ人と連続攻撃を行う。攻撃後は透明となって気配を断つ。
ショック 前方に衝撃波を飛ばすとすぐさま鬼ビ人が追撃の衝撃波を発射する。
シリアル 斬撃の軌跡が立体交差する攻撃を行う。攻撃が敵の側背面に当たった時に確率で毒が敵に発生する。

© 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Developed by Tokyo RPG Factory.

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ARPG
  • 発売日: 2019年8月22日
  • 希望小売価格: 5,800円+税

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: ARPG
  • 発売日: 2019年8月22日
  • 希望小売価格: 5,800円+税

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)(ダウンロード版)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ARPG
  • 配信日: 2019年8月22日
  • 価格: 5,800円+税

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)(ダウンロード版)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: ARPG
  • 配信日: 2019年8月22日
  • 価格: 5,800円+税

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)

  • メーカー:スクウェア・エニックス
  • 対応機種:PC
  • ジャンル:RPG
  • 配信日:2019年8月22日
  • 価格:5,800円+税