ついに全員が勢揃い! 『Bプロ』ライブ「SPARKLE*PARTY」レポート

ガルスタオンライン 、松本裕美
公開日時

 2019年7月14日に東京の武蔵野の森 総合スポーツプラザ メインアリーナで、TVアニメ『B-PROJECT~絶頂*エモーション~』のライブイベントが行われました。今回はなんと14人のメンバー全員が初めて揃うというスペシャルなイベントで、開催前から大きな期待が寄せられていました。




出演

【キタコレ】
北門倫毘沙役・小野大輔、是国竜持役・岸尾だいすけ

【THRIVE】
金城剛士役・豊永利行、阿修悠太役・花江夏樹、愛染健十役・加藤和樹

【MooNs】
増長和南役・上村祐翔、音済百太郎役・柿原徹也、王茶利 暉役・森久保祥太郎、野目龍広役・大河元気、釈村帝人役・増田俊樹

【KiLLER KiNG】
寺光唯月役・西山宏太朗、寺光遙日役・八代拓、不動明謙役・千葉翔也、殿 弥勒役・江口拓也

TVアニメのオープニング主題歌で最初からテンション爆上がり!

 南国を思い出させる大海原と爽やかなフルーツや花、そして飲み物が注がれたグラスの中を泳ぐ氷に映し出される14人のオープニング映像のあと、会場からのひとりひとりの名前を呼ぶ声に応えるかのように、白と黒の衣装に身を包んだキャストが勢ぞろいしました。全員がステージ上に並ぶと、改めて豪華なキャストさんたちの姿、そして14人が揃ったということに圧倒されます。



 小野さんの「皆さんようこそ、“B-PROJECT”です!」という堂々とした名乗りからライブがスタート。最初の曲はTVアニメのオープニング「絶頂*エモーション」、そして「鼓動*アンビシャス」と続きます。キャストはゴンドラ4台に分かれて乗り、歌いながらぐるっと会場を1周。ゴンドラと客席の間隔はとても近く、ファンもキャストもお互いに目を合わせあって手を振りながらコミュニケーションをしていました。「鼓動*アンビシャス」の歌詞にある「JIN-JIN」はもちろんファンも一緒に全員で! 最初から名曲続きで会場のボルテージも一気にあがります。

 その後、リハーサルやライブ前の楽屋での出来事をアイドルたちが語り合う映像が流れました。金城剛士が殿 弥勒にダンスを教えていたというエピソードも。
 今回のライブは「SPARKLE*PARTY」。ライブのために描き下ろされたイラストではトロピカルなグラスを持ち、それぞれが異なるフルーツのピンを付けています。物販で販売されていたグラスをイメージしたペンライトを点灯する人も多く、まさにパーティ会場のようでした。そんなライブを「14人一丸となって最高のパフォーマンスを」、「パーティを全力で楽しんで」とB-PROJECTが歓迎してくれています。

小野さんは髪を銀髪に! 各キャストのソロ曲にも注目!





 グループ曲の最初を担当したのは“KiLLER KiNG”の「Love Winner」で、曲の終わりには4人でハートを作る可愛いパフォーマンスをしてくれました。その後の各キャストのソロ曲ではバックダンサーを従えて、それぞれの個性や曲調を生かすようなパフォーマンスが繰り広げられました。時にはクールに、激しく、セクシーに、かわいく、しっとりと、楽しくウキウキするような……。キャラクターごとにたくさんの表情を見せられるたび、さまざまな感情がわき起こってきます。
 オープニング時から衣装もそれぞれのグループごとに決まったコンセプトに寄せたものに変わっており、担当カラーのペンライトに照らされた会場、照明と映像など多くの要素が集まってそれぞれのステージを作り上げていました。

 今回のライブではTVアニメ2期の挿入歌として使用されたグループの新曲やコラボ曲も披露されました。“THRIVE”は「YOLO 〜Act Now〜」で会場を魅了します。炎を立てながら、光と影に浮きあがる3人はとにかく痺れるほどかっこいい!会場のテンションも最高潮で、「感覚的にも物理的にもアツかったね!」とキャスト陣が語るほど。次の曲は“THRIVE”と“KiLLER KiNG”による「Juggler」で、7人のポジションの入れ替わりも多く、そして2つのグループが向かいあって歌ったり、両者は指を差して挑発し合ったり、バチバチしたアツい演出に歓声もテンションも大きくあがります。キャストも印象深かったのか、MCではこの曲でのエピソードが多く話されました。歌唱中もMCでも上着をはだけさせ、場を盛り上げる加藤さん。至近距離で加藤さんのフェロモンを浴びた千葉さんは何度か倒れ込んでしまっていました。楽屋がにぎやかすぎるくらいに仲よくなったというキャスト陣。「ゲーム、アニメ、そしてライブを経てさらに絆が強くなった。そんな絆がステージ上でも表現で来ていたら」と語ります。

 “MooNs”と“キタコレ”の曲「Unite Contrast」ではサビで左右に手を大きく振る振りで会場全体が一つに。小野さんと上村さんが同じゴンドラに乗って肩を組んで笑顔で歌っていたのがとても印象的でした。そしてこちらのMCの話題はお互いの曲やダンスについて。「パフォーマンスを見ているとどんどん高められる、もっとがんばらないといけない」と思うそうです。2グループでの歌唱はやはり嬉しいようで、小野さんは「たくさんスキンシップした」と言いますが、それを聞いて隣で拗ねてしまう岸尾さん。すかさず小野さんがフォローするなどといったキャラクターを彷彿とさせるやり取りも見られました。

最後の曲は「あえて言葉にするなら」

 ライブはついにラストスパート! 4グループを代表する人気ナンバーのスペシャルメドレーが始まります。“THRIVE”は「Welcome to the GLORIA!」でかっこよく。“KiLLER KiNG”は「DIVE INTO THE WORLD」でさらにアツく。“MooNs”は「夢見るPOWER」で明るく幸せを振りまき、“キタコレ”は「ワンダー☆フューチャー」でテンション高めにタオルを振り回しました。最後に流れたキャラクター映像では、今までを振り返って「みんながいたからここまでこられた」と感謝を言葉にしていました。



 アンコールではグループごとのTシャツを着て再登場し、「光と影の時結ぶ」と“B-PROJECT”デビュー曲「永久*パラダイス」でキャストもファンも全力を出しきりました。それぞれグループごとにゴンドラに乗り、肩を組んだり、一緒に歌ったり、カメラに向かってファンサをしたり、また様々な方向にいるファンに手を振ったり、指を差したり、うちわに応えたり、いつでも笑顔をくれる“B-PROJECT”の14人。最後にキャスト全員が肩を組んで一礼し、幸せなパーティは幕を下ろしました。

セットリスト

M1:絶頂*エモーション/B-PROJECT
M2:鼓動*アンビシャス/B-PROJECT
M3:Love Winner/KiLLER KiNG
M4:Stand to the top/金城剛士
M5:magic JOKER/音済百太郎
M6:2.5次元でつかまえて/釈村帝人
M7:Happy Ending/阿修悠太
M8:コアクマGame/是国竜持
M9:絶頂的WANTED!/寺光遙日
M10:YOLO 〜Act Now〜/THRIVE
M11:Juggler/THRIVE & KiLLER KiNG
THRIVE & KiLLER KiNG  MC
M12:哀愁→セレナーデ/キタコレ
M13:ありがとうのHarmony/王茶利 暉
M14:LONELY HEROES/野目龍広
M15:Color of Heart/増長和南
M16:ヒミツの恋/不動明謙
M17:LOVE IN SECRET × SEXY NIGHT/愛染健十
M18:Starrynight Cinderella/北門倫毘沙
M19:STARIN’ SHINY FANTASY/MooNs
M20:Unite Contrast/キタコレ&MooNs
キタコレ&MooNs  MC
M21:Welcome to the GLORIA!/THRIVE
M22:DIVE INTO THE WORLD/KiLLER KiNG
M23:夢見るPOWER/MooNs
M24:ワンダー☆フューチャー/キタコレ
M25:あえて言葉にするなら/B-PROJECT
EN1:光と影の時結ぶ/B-PROJECT
EN2:永久*パラダイス/B-PROJECT

ライブ概要

「B-PROJECT ~絶頂*エモーション~SPARKLE*PARTY」

日時:2019年7月14日16:00開場・17:00開演
場所:東京 武蔵野の森 総合スポーツプラザ メインアリーナ
出演:小野大輔・岸尾だいすけ
豊永利行・花江夏樹・加藤和樹
上村祐翔・柿原徹也・森久保祥太郎・大河元気・増田俊樹
西山宏太朗・八代拓・千葉翔也・江口拓也

「B-PROJECT ~絶頂*エモーション~SPARKLE*PARTY」Blu-ray&DVD発売!

【完全生産限定版】
・2020年1月15日発売
・Blu-ray 8,000円+税
・DVD 7,000円+税
・収録内容 7月14日に武蔵野の森 総合スポーツプラザ メインアリーナにて開催のスペシャルライブイベント『SPARKLE*PARTY』の映像化。
・出演:小野大輔・岸尾だいすけ
豊永利行・花江夏樹・加藤和樹
上村祐翔・柿原徹也・森久保祥太郎・大河元気・増田俊樹
西山宏太朗・八代拓・千葉翔也・江口拓也
・完生産限定版特典
特製ブックレット、映像特典(内容未定)※特典映像の内容は後日発表いたします。

©MAGES./Team B-PRO2
©B-PROJECT