News

2008年5月16日(金)

セガ、業務用新作内見会を開催! 『メルティブラッド アクトレスアゲイン』登場

文:電撃オンライン

 セガは、本日5月16日に東京・大田区の産業プラザ(PiO)にて、業務用新作内見会「SEGA PRIVATE SHOW 2008 SPRING」を開催した。

 今回の内見会には、シリーズ待望の新作となる『メルティブラッド アクトレスアゲイン』や、映画「ランボー」をモチーフにしたガンシューティング『RANBO』などが出展されていた。実際にプレイすることもできたので、以下に一部のタイトルを写真や遊んでみた感想などを交えて紹介する。

■『メルティブラッド アクトレスアゲイン』

 本作は、美少女ゲームブランド・TYPE-MOONから発売されている『月姫』シリーズをモチーフにした対戦格闘ゲーム『メルティブラッド』シリーズの最新作。新キャラクター“ミハイル・ロア・バルダムヨォン”と“リーズバイフェ・ストリンドヴァリ”が参戦する他、従来のキャラクターにも新技の追加や通常技のモーション変更など、大きな修正が加えられている。また、TYPE-MOONの奈須きのこ氏による書き下ろしストーリーや、武内崇氏の原画を使用した新規画像も収録されているので、シリーズのファンも注目だろう。

 また本作は、新たに加わった3つのスタイルにより初心者でも上級者でも気軽に楽しめるようになっている。各スタイルの特徴は、以下を参照してほしい。

●「クレセントムーンスタイル」
 スピード主体、コンボと機動性重視の経験者向けスタイル。一部の技のリーチが短くなっている以外は従来の性能に近い感覚で戦える仕様に。シールド持続長め、避け、リバースビートあり。

●「フルムーンスタイル」
 パワー主体、重い攻撃を確実に当てていく新しいスタイル。中には別キャラクターのように性能が変化しているキャラクターも……? A+B+Cでゲージため可能。シールドカウンターあり。

●「ハーフムーンスタイル」
 一部の操作が単純化されたシンプルなスタイル。初心者でも扱いやすいが、その単純さゆえに操作にはセンスが必要。自動解放、リバースビート、オートスパークあり。

 これらのスタイルは、キャラクターセレクト後に決定する。試合ごとの変更はできない。

 出展されていたバージョンでは、“リーズバイフェ”をはじめとする一部のキャラクターが使用可能だった。実際にプレイしてみると、前作と操作感は変わらないが、どのキャラクターもアクションが変更されているので新鮮な印象を受けた。いわゆる基本コンボがつながらないキャラクターもいたので、新たな連続技を考える必要がありそうだ。

「SEGA PRIVATE SHOW 2008 SPRING」 「SEGA PRIVATE SHOW 2008 SPRING」 「SEGA PRIVATE SHOW 2008 SPRING」
ファン待望のシリーズ最新作がお目見え。「ガードクラッシュ」や「シールドカウンター」、「投げ抜け」など新要素も追加されているので、前作とは違った駆け引きが楽しめる。新キャラクター“リーズバイフェ”のポップも展示されていた。

■『RANBO』

 『RANBO』は、映画「ランボー」の世界観をもとにしたガンシューティングゲームだ。プレイヤーは“ランボー”になって、迫りくる兵士やヘリをマシンガンで撃ちながら進んでいく。本作の特徴は、“ランボー”の怒りをパワーに変える「怒りシステム」だ。敵を素早く倒すことでゲージがたまっていき、ガンの横にある解放ボタンを押すと怒りを解放できる。連射速度と威力がアップする他、ゲージがMAXの時に解放すると一定時間無敵状態になるので、うまく使ってピンチを切り抜けよう。さらに、ステージ途中には「潜入」や「巨大ヘリの破壊」など劇中の名シーンを再現した「アクションイベント」も発生する。シリーズファンにはたまらない演出だろう。

「SEGA PRIVATE SHOW 2008 SPRING」 「SEGA PRIVATE SHOW 2008 SPRING」
ネット状のガン置き場「ガンモック」など、筐体にも工夫が見られる本作。誰でも気軽に楽しめる爽快なガンシューティングなので、アミューズメント施設などで見かけたらプレイしてみてはいかがだろうか。

■『アスコットガーデン』

 競馬メダルゲーム『アスコット』シリーズの最新作『アスコットガーデン』。競馬場のゴンドラ席をイメージしたサテライト席で、白熱の競馬ゲームを楽しめる。コースは、短距離コース、内回りコース(中距離)、内回りコース(長距離)の3種類が用意されており、実際の競馬のようにコース取りも変化する。円形のフィールドはレースの度に回転するので、どの席に座っても必ずゴール前の特等席で観戦できるのもうれしいポイントだ。

「SEGA PRIVATE SHOW 2008 SPRING」 「SEGA PRIVATE SHOW 2008 SPRING」 「SEGA PRIVATE SHOW 2008 SPRING」
10年ぶりの復活を果たす『アスコット』シリーズ。大きな筐体が来場者の注目を集めていた。

 この他、グレフとガルチ制作によるシューティングゲーム『まもるクンは呪われてしまった!』や、『モノポリー』をもとにしたメダルゲーム『モノポリー ザ メダル セカンド エディション』などが出展されていた。金魚すくいが楽しめるメダルゲーム『キッズ屋台村』は、子ども向けのゲームながらも屋台風のユニークな筐体が目を引いていた様子だった。

「SEGA PRIVATE SHOW 2008 SPRING」 「SEGA PRIVATE SHOW 2008 SPRING」 「SEGA PRIVATE SHOW 2008 SPRING」
「SEGA PRIVATE SHOW 2008 SPRING」 「SEGA PRIVATE SHOW 2008 SPRING」 「SEGA PRIVATE SHOW 2008 SPRING」
「SEGA PRIVATE SHOW 2008 SPRING」 「SEGA PRIVATE SHOW 2008 SPRING」 「SEGA PRIVATE SHOW 2008 SPRING」

(C)SEGA,2008 (C)2008 G.rev Ltd.ALL RIGHTS RESERVED.FIRST BLOOD & (C)1982 StudioCanal S.A. FIRST BLOOD PART II & (C)1985 StudioCanal S.A. RAMBO III & (C)1988 StudioCanal S.A. All Rights Reserved. Rambo is a Registered Trademark owned by StudioCanal S.A.(C)TYPE-MOON/ECOLE,1999-2008 (C)2008 G.rev Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.The MONOPOLY (R) trademark and its logo, the distinctive design of the game board, the four corner squares,the MR.MONOPOLY name character,as well as each of the distinctive elements of the board and the playing pieces are trademarks of Hasbro for its real estate trading game and gaming equipment. (C)2008 Licensed by Hasbro. All Rights Reserved.

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。