News

2008年7月25日(金)

『真・三國無双5 Special』の発売日が決定! 予約特典も公開に

文:電撃オンライン

 コーエーは、PS2用ACT『真・三國無双5 Special』の発売日を、10月2日に決定したことを明らかにした。

 本作は、2007年11月に発売されたPS3およびXbox 360用ACT『真・三國無双5』の「無双モード」に、新たな武将やステージを追加したシリーズ最新作。新規武将には、これまでにない武器やアクションが採用されている。

 本日、発売日とともに、本作の予約特典が明らかになった。店頭で予約したユーザーには、ソフト本体を飾る「真・三國無双5 Special 特製スリーブケース」がプレゼントされる。なお特典は数に限りがあるので注意してほしい。

ソフトを豪華に飾るスリーブケースが、予約特典として配布される。入手したい人は、早めに予約しておこう。

 また、プレイヤーの操作できる武将“張コウ”の新情報と、本作における戦場の概要が公開されたので、以下に掲載する。

●張コウ

字は儁乂(しゅんがい)。もともとは“袁紹”の配下であったが、“曹操”に帰順した。後に「魏の五将軍」に数えられるようになる。紳士的な物腰と艶のある魅力を持つ武人で、武芸のみならず、書や音楽をたしなむ優雅な面も持っている。『真・三國無双5』では、槍を手に戦場を駆けていたが、本作では以前のシリーズで装備していた鉄爪に戻しているようだ。

●「拠点」

 戦場の要所には、拠点と呼ばれる施設が築かれている。拠点は、敵のものであれば進軍を阻む障害となり、味方のものであれば回復アイテムを供給するベースキャンプとなる。また、敵の拠点は制圧することで味方のものとすることが可能だ。

拠点には、通常の拠点以外にも、巨大で耐久力が高い「城」や、半径100m以内に矢の雨を降らせる「射撃台」など、いくつかのバリエーションがある。普通の拠点は敵が近づくと門を閉ざしてしまうため、拠点を正面から攻撃する際は門の突破から始めることに。門は武器による攻撃で破壊できるが、拠点の守備兵は矢や岩を降らせてくるため、それらをしのぎつつ攻撃をする必要がある。

●「攻城戦」

 攻城戦とは、「虎牢関」や「官渡城」といった堅牢な城門を突破するための特殊な戦闘。攻撃側の工兵が衝車や投石機などの攻城兵器を建造し、対する防衛側は城壁の上に置かれた弩砲を発射してこれに応戦する。攻撃側は攻城ハシゴを使って兵士を城壁上に登らせ、弩砲の破壊を試みるというリアルな応酬が展開するのが特徴だ。

攻城戦には、各種兵器の他にも、兵器を建造する工兵や、攻城ハシゴを持って城壁に突撃するハシゴ兵などといった特殊ユニットが登場し、攻城戦の臨場感を高める。味方とともに、城門を攻略せよ!

●「戦場」

 仕掛けとして、火炎を放射する石像や矢を射出してくる壁、そして動く床などが存在し、プレイヤーの行く手を阻む。なお、一部の地形では、地形固有の特殊ユニットが出現する場合がある。川では、「走舸」という特殊ユニットが出現するので注意したい。

森の中では、狼や虎といった動物が出現することがある。これらの動物は1人で行動していると襲い掛かってくるが、1部のキャラクタはスキルによって動物を手懐け、一時的に味方にすることができる。

(C)2007-2008 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.


データ

▼『真・三國無双5 Special』
■メーカー:コーエー
■ジャンル:ACT
■対応機種:PS2
■発売日:2008年10月2日
■価格:7,140円(税込)
 
■『真・三國無双5 Special』の予約・購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。