News

2008年7月25日(金)

ぜひ女性に! 『スティールプリンセス』主題歌を歌う榊原さんがゲームを試遊

文:電撃オンライン

 マーベラスエンターテイメントから7月31日に発売される、DS用ソフト『スティールプリンセス -盗賊皇女-』。このソフトのテーマソング「Steal Princess」を歌う榊原ゆいさんが、同社で試遊を行った。その模様をお届けする。

 『スティールプリンセス -盗賊皇女-』は、盗賊の少女“アニス”と妖精“ククリ”の冒険を描いた「セクシーアクションアドベンチャー」ゲーム。プレイヤーは“アニス”となり、謎解き要素が詰まった140以上のステージを攻略しながら「お宝」を盗んでいくことになる。

 マーベラスエンターテイメントに来た榊原さんは、早速ゲームをプレイ。「私は興奮すると、つい声が出ちゃうので、電車の中ではできませんね!」と大興奮であった。ゲームプレイ後、榊原さんに遊んだ感想やテーマソングについて伺ったので、以下に掲載する。

――プレイしてみてどうでしたか?

榊原さん:声を出す人は電車でできませんね(笑)。女の子で盗賊ということで頭も使うんですが、遊びやすいんでゲームに入っていけます。あと、リトライする時ってくじけそうになるんですが、やることがちょっとずつわかっていくのでリトライも楽しいですね。あとは、今回はちょっとしか遊んでいませんが、物語も進行するに従い徐々にいろいろな展開をするでしょうし、やる気が出るゲームですね。キャラクターがかわいいのも、ポイントです。

――プレイ中もかなり熱中していましたね。

スタッフにコツを教えてもらいながら挑戦する榊原さん。惜しくも失敗してしまい、「もう1回お願いします!」と悔しそうに再チャレンジしていた。

榊原さん:こだわりたくなるゲームで、マップの向こうを見たくなるんです。タイムがあってそれによってスコアが評価されるんですが、評価も大事なのはわかっているんですけど、つい見に行きたくなりますね。クリアできない面は、頭で考える必要があるんですが、考えさせられるのも心地いい感じがしました。テンポのよさもあってか「もう1回やる!」っていうモチベーションが続くのがよかったです。

――ボス戦で1回でボスを倒しているのを見て驚きました。

榊原さん:私はもともと時間があればゲームをやる人なんですが、SLG系が多くてアクション系をあまりやったことがなかったんです。まったりゲームの中で生活するものが好きなんですけど、「これは来た!」っていう感じでしたね。DSでタッチペンだというのがポイント高いですね。ネイルに凝っている女子もプレイできるのがいいです。ステージは、失敗してもクリアするための仕組みが徐々にわかっていくので、挫けず挑戦できそうです。キャラクターも女の子でかわいい盗賊ということで、楽しめました。

全体的にスムーズにクリアしていたが、水没するステージでスイッチを入れる面が、やや難しかったようだ。

――テーマソング「Steal Princess」を歌ってみてどうでしたか?

榊原さん:今回いただいた曲が難しかったんです。リズムの取り方もそうですし、独特のジャンルというのも。カッコよくみせるには、本当にカッコよく歌わないとダメになる曲だと感じたので「頑張らなきゃ」と気合を入れました。自分の頭の中でもムービーが広がっていて、すごくヒロインが動いていました。そのテンポ感に負けないようなリズムの刻み方をしないといけないと思っていたので、ノリには気をつけましたね。最後の繰り返しのところも凝っていて、一筋縄ではいかないところもゲームとリンクしていますよ。あとは、私の中でヒロイン“アニス”を思い描いて歌いました。カッコよさ、かわいさ、大人の女性観もあって、欲張りなキャラな感じがしたので、それを歌の中でもふんだんに盛り込んでみました。

――ムービーとテーマソングが流れているのを見て、どうでしたか?

榊原さん:レコーディングの時に、いつも勝手に「自分デモムービー」を頭の中で作るんですが、テンポ感や場面の切り替えなど、ビジョンが似ていたのでうれしかったです。思った通りのイメージで私の好きな世界感だったので「これこれ!」って思いました。

見事ボスを倒した榊原さん。カメラに向かって、キメっ!!

――DSのテーマソングを担当するのは初めてということですが、どうでしたか?

榊原さん:私は、ハマるとゲームをお風呂の中にビニールして持ち込むくらいないんです。そういうことでいちゲームユーザーの視点で見ると、DSから自分の曲が流れているのが不思議な気分でしたね。発売したら、ぜひやりたいです!

――榊原さんはゲームには出演されていないんですが、もし出演するとしたら、どういうキャラクターを演じたいですか?

榊原さん:私は姫好きなんで、姫キャラは気になりますね。イラストを見させていただいたんですが、この縦ロールのすごいキャラクター“シャルロット”が何だか気になります。

――今後の予定を教えていただけますか?

榊原さん:夏から秋がイベントラッシュなのでいろいろと予定しています。また秋には、毎年バースディライブをやらせていただいているのですが、今年は「渋谷C.C.Lemonホール」で開催します。とにかくたくさんの曲をやる予定なので、楽しみにしていてください。

――この「Steal Princess」はライブでやる予定などあるのでしょうか?

榊原さん:ライブでは曲数が多くてコンセプトにしばられることが多いので、そういうものがないライブで絶対にやりたいですね。ドカンとライブする時は入れたいと思っています。

――最後に、発売を楽しみにしているファンや榊原さんのファンへ、メッセージをお願いします。

榊原さん:すごく入り込みやすいゲームだと思います。テーマもかわいいカッコいいで私が好きなジャンルですし。ストーリー展開なども謎めいたものがあり、ゲームの遊びもストーリーも楽しめます。こだわりのあるゲームが好きな人や、いろいろなものにこだわっちゃう人はハマる人は楽しめる作品だと思うので、ぜひともやっていただきたいです。そして、女子にもオススメします。気楽に入り込んで、でも熱中してやっちゃう、そんなゲームなので、ぜひ手に取っていただければと思います。

“アニス”のかわいらしいイラストとサインをしてくれた榊原さん。なお、この色紙は後日プレゼントコーナーに掲載されるので、お楽しみに!

(C)2008 Marvelous Entertainment Inc.


データ

▼『スティールプリンセス -盗賊皇女-』
■メーカー:マーベラスエンターテイメント
■対応機種:DS
■ジャンル:A・AVG
■発売日:2008年7月31日
■価格:5,040円(税込)
 
■『スティールプリンセス -盗賊皇女-』の予約・購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。