News

2008年7月28日(月)

フルCG映画「バイオハザード:ディジェネレーション」が遂に誕生

文:電撃オンライン

 カプコンとソニー・ピクチャーズ エンタテインメントは、7月25日に北米で行われているコミコン・インターナショナルにおいて記者会見を行い、フルCG作品「バイオハザード:ディジェネレーション」を共同で製作していることを発表した。

 「バイオハザード:ディジェネレーション」は、1996年発売された『バイオハザード』シリーズの世界を初めてフルCGによって描く長編作品。監督は「日本沈没」や「L Changethe WorLd」の特撮監督として知られる神谷誠氏、脚本はアニメ「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」などを担当し、SFにリアルな社会情勢を織り込むことを得意とする菅正太郎氏を起用している。「アップルシード」、「エクスマキナ」などを世に送り出してきたデジタル・フロンティアが制作を行い、『バイオハザード4』や『デビル メイ クライ 4』など数々のゲーム製作に携わってきたカプコンの小林裕幸氏がプロデュースを担当している。

 本作に登場するキャラクターは、『バイオハザード2』の主人公である“レオン・S・ケネディ”と“クレア・レッドフィールド”。この2人を軸に、「ラクーンシティ」の惨劇から7年後、アメリカ中西部のとある空港で巻き起こる恐るべきバイオテロ、そして氾濫するゾンビとの壮絶な闘いが描かれる。上映は10月18日からで、東京・新宿ピカデリー、大阪・梅田ブルク7、名古屋・ミッドランドスクエアシネマという全国3館で2週間限定のデジタル上映で劇場公開される。

写真右の神谷監督は、「昔から『バイオハザード』のファンでこのお話をいただいた時、非常に興奮しました。ファンの期待を裏切らない出来に仕上がってきていると思います。楽しみにしてください」とコメント。また写真左の小林プロデューサーは、「シリーズ初のCG長編作品ということでワクワクしながら作っています。ゲームをプレイしている人はもちろん、プレイしていない人でも楽しめる作品に仕上げています」と現在の心境を語った。
小林プロデューサーによると「ゲームの続編であることを意識して、“レオン”や“クレア”を登場させています」とのこと。2人がどのような活躍を見せるのか、そしてバイオテロを起こした黒幕とは?

(C)2008 カプコン/バイオハザードCG製作委員会

■「バイオハザード:ディジェネレーション」
【公開日】2008年10月18日
【配給】ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
【上映館】新宿ピカデリー、大阪ブルク7、名古屋ミッドランドスクエアシネマにて
【スタッフ】(敬称略)
 監督:神谷誠
 脚本:菅正太郎
 プロデューサー:小林裕幸
 制作:デジタル・フロンティア

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。