News

2011年2月7日(月)

スポンサーになれば初音ミクのフィギュアがもらえる! グッスマレーシング発表会

文:電撃オンライン

 グッドスマイルレーシングは、“ワンダーフェスティバル 2011[冬]”のWONDERFUL HOBBY LIFE FOR YOU!! 13ブースで“グッドスマイルレーシング 2011 SUPER GT 参戦発表会”を実施した。

グッドスマイルレーシング 2011 SUPER GT 参戦発表会

 イベントでは、2008年より“SUPER GT300”クラスに初音ミクのマシンカラーリングで参戦しているグッドスマイルレーシングが、今期に“GSR&Studie with TeamUKYO”として“BMW Z4 GT3”で参戦することが発表された。

 チームドライバーに谷口信輝選手と番場琢選手を、チームのスポーティングディレクターに元F1ドライバーの片山右京氏、スペシャルサポーターとしてF1ドライバーの小林可夢偉選手を迎え、シーズン全戦参戦を予定しているという。

グッドスマイルレーシング 2011 SUPER GT 参戦発表会
▲手前左から片山右京氏、谷口選手、番場選手、大橋逸夫監督(グッドスマイルレーシング代表取締役副社長)。右奥から鈴木康昭代表(スタディ代表取締役社長)、安藝貴範スーパーバイザー(グッドスマイルカンパニー代表取締役社長)。

 このチーム体制にした理由について、“GSR&Studie with TeamUKYO”の監督を務める大橋逸夫氏は「一番の方向性として、今年は勝ちにこだわる、ということがあります。勝ちにこだわるということで、ドライバーや車、メンテナンスガレージなど、すべて一から考えてこのような体制にしました」とコメント。一方、スーパーバイザーであるグッドスマイルカンパニー代表取締役社長・安藝貴範氏は、「勝ちの部分は大橋監督や皆さんにまかせて、僕と右京さんは見ている人に夢を振りまきたい」と抱負を語った。

 また本日2月6日から募集開始する、初音ミクGTプロジェクトの個人スポンサー制度も発表された。コースは、手軽にスポンサーを始められる“漢コース”(ひと口3,000円)をはじめ、マシンにステッカーが掲載される“漢前コース”(ひと口100,000円)、ステッカーが掲載され、さらにピットに入ることができる“超漢前コース”(ひと口300,000円)の3つがある。他にも、今後詳細が発表予定の、2011年度RACINGミクのねんどろいどが特典としてもらえる“ねんどろいどコース”や、figmaが特典の“figmaコース”も用意されているという。

 さらに、初音ミクGTプロジェクトでは、テーマソングをニコニコ動画で募集している。最優秀楽曲として選ばれれば、テーマソング、ピットウォーク/キッズウォークソングに採用され、さらに2011年夏に発売されるCDにも収録されるという。なお詳しい募集要項などは、公式サイトを参照のこと。

グッドスマイルレーシング 2011 SUPER GT 参戦発表会 グッドスマイルレーシング 2011 SUPER GT 参戦発表会
▲片山氏は「この間、UFOキャッチャーに初音ミクのフィギュアがたくさん入っていたので取ろうとしたのですが、全然取れなかったんですよ。なので、スポンサーになります。ピットにも入れるし(笑)」とコメントとし、会場を沸かせた。

 最後に、「今まで皆さんには悔しい思いをたくさんさせてきたので、それを補って、それ以上の感動をお届けしたい(鈴木代表)」「今年は徹底的に勝ちにこだわり、そのためならなんでもしていく、そんな体制で臨んでいきます(大橋監督)」「チャンピオンをとること以外は考えていません。ぜひ応援してください(谷口選手)「谷口さんから多くのことを吸収して、2人でチャンピオンを目指したいです(番場選手)」「万全の体制でシーズンを迎えて、楽しいこともやっていきたいと思います。一緒に夢を追いかけましょう(安藝氏)」「ドライバーには楽しく夢を見て走ってもらいたいので、そのためにダイレクトに声やメッセージや声が届くピットにしたい。そんな、今までにないサーキットにしたいです(片山氏)」とそれぞれ抱負を語り、イベントは終了となった。

グッドスマイルレーシング 2011 SUPER GT 参戦発表会 グッドスマイルレーシング 2011 SUPER GT 参戦発表会
▲イベントでは、小林可夢偉選手の応援メッセージが上映された。▲こちらは、2011年度“RACINGミク”のデザイン。村上ゆいちさんがイラストを担当している。

(C)Yuichi Murakami/Crypton Future Media, Inc.

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。