News

2011年2月10日(木)

『くろネコONLINE』ってどんなゲーム? 先行体験レポート

文:電撃オンライン

 ゲームオンはPC用MMORPG『くろネコONLINE』の先行体験プレイ(ベータテスト)を、2月16日~2月20日の期間で実施する。

 これに先駆けて電撃オンライン編集部では、『くろネコONLINE』をゲームオン社内にて体験してきた。ティザーサイトでもまだ詳しい内容が明かされていない本タイトルは、一体どんなゲームなのか紹介していこう。

■くろネコの“カイ”に導かれ、やってきたのは夢の世界

 本タイトルは韓国PLAY BUSTERとWINDY SOFTが開発を手がけるカジュアル系MMORPGで、原題は『HEVA ONLINE』。日本市場での展開に合わせて『くろネコONLINE』へと変更されている。では、なぜくろネコなのか? これは日本向けローカライズの一つとして、追加したストーリーや、独自仕様として“くろネコ”が登場する場面を増やした点に関係している。

 プレイヤーはごく普通の高校生。しかし、毎日夢の中に出てくるくろネコの“カイ”に(夢で)呼ばれてついていくと、そこは異世界“幻想の大陸 アリエル”で、プレイヤーは世界を救う勇者の末裔として呼ばれたのだった! というのが『くろネコONLINE』の物語。猫のカイは初心者向けチュートリアルでプレイヤーをサポートするだけでなく、街中のNPCとしても登場する。この異世界とプレイヤーを繋ぐ重要なキーマン……じゃなくてキーキャットとして、“くろネコ”が本タイトルのシンボルになったわけだ。

『くろネコONLINE』
▲思うに“あなたは勇者の末裔”なんていうすごく大事な話は、先に伝えておくべきなんじゃないだろうか。ネコのカイ君にはそう言いたいが、筆者はネコ好きなので許してしまう。

■かわいらしさとアクション性を両立させたカジュアルMMO

 『くろネコONLINE』は誰でもわかりやすいシンプルな操作とインタフェース、愛らしいモンスターデザインや豊富なアバターアイテムが特徴的な、カジュアル系MMORPGだ。キャラクター移動はカーソルキーで行い、ジャンプはCキー、攻撃はXキーとほとんどの操作がキーボードのみ。スキルや回復アイテム、エモーションの使用も1~0の数字、またはA~Tのショートカットにセットでき、ほとんどマウスに触れなくてもプレイ可能。インタフェースもオンラインゲームの経験が一度でもあれば、ほぼ直感でわかるオーソドックスな作りだ。

『くろネコONLINE』 『くろネコONLINE』

 すべてのプレイヤーは無職……ではなくて、職業を選択しない状態でゲームをスタートし、まずはレベル10から可能な1次転職が最初の目標になる。キャラの成長はレベル制で、基本は街中のNPCから受けられるクエストを遂行しながらキャラを育てていく。指定されたアイテムを集めたり、敵を倒せば経験値と報酬を獲得できる。レベルアップ時はスキルポイントをもらえるが、任意に割り振れるステータスボーナスは現時点では無く、クラスごとに決まったステータスが伸びるスタイルだ。

 1次転職で選べるのはウォーリアー、マジシャン、ハンターの3クラス。先述のスキルポイントを消費して、各クラスごとの固有スキルを習得できる。ただ、前提となるスキルやスキルレベルといった条件があり、一方で得られるポイントには上限がある。どのクラスに転職するとしても、ある程度キャラの方向性を決めて特化型に育てるのがよさそうだ。テストプレイの段階で特に育成が難しそうと感じたのはマジシャンである。マジシャンは攻撃型魔法と、回復/支援型魔法の両方を習得でき、育成方針によってダメージディーラーになるかサポートタイプになるか道が大きくわかれる。スキルツリーも他の2クラスに比べるとちょっと複雑なので、マジシャンの道を選ぶ場合は慎重に育てたい。

『くろネコONLINE』 『くろネコONLINE』 『くろネコONLINE』
『くろネコONLINE』 『くろネコONLINE』 『くろネコONLINE』
▲キャラクター作成画面。ここでは顔タイプや髪型、初期装備を選ぶだけで、クラス選択はない。
『くろネコONLINE』 『くろネコONLINE』
▲全クラス共通で習得できるスキル。▲マジシャンのスキルウィンドウ一部分。純粋なツリータイプではないので、何を優先して習得/強化するか悩みそうだ。

 また、遊び心のあるフィールドマップの仕掛けも、本タイトルの特徴の一つだろう。カジュアルゲーらしくマップは一本道……ではないが、ほぼそれに近い構成で道に迷うことはまずない。しかし、ところどころに大砲が設置されていて、対岸や離れ小島に行く時はこの大砲でプレイヤーキャラをどっかーん! と撃ち出すコミカルな仕掛けを用意。一目でわかるシンプルなマップ構成と、奥行きのある3Dグラフィックスのメリットがうまくいかされている。この他にもダンジョンでは天井からしたたり落ちる巨大な水滴(当たればダメージを受ける)、クリスタルを壊さないと開かない扉といった数々のギミックは、プレイヤーを飽きさせない。

 これらフィールド&ダンジョンの仕掛けと、ジャンプやスキル、コンボを組み合わせる戦闘はテンポもよく、ほどよいアクション性を持ち合わせている。比較的近い他社タイトルで言えば『ドラゴニカ』や2Dではあるが『メイプルストーリー』を好むプレイヤーに向いているだろう。

『くろネコONLINE』 『くろネコONLINE』 『くろネコONLINE』
『くろネコONLINE』 『くろネコONLINE』 『くろネコONLINE』

■個性はクロンとアバターファッションで!

 先程説明した通り、キャラクターの成長はステータス値固定のため個性的な育成は難しい。その分、他人との差別化をはかれる要素として、モンスターをペットにできる“クロン”システムと豊富なアバター衣装がある。

 モンスターを倒すとたまに卵のようなアイテムをドロップする。これをNPCに渡してふ化させると、クロン化しペットのように連れて歩けるのだ。クロンはいろいろな種類が存在し、プレイヤーにバフをかけてくれたり一緒に戦ってくれたりする。低レベルのモンスターはわりと高確率で卵を落すが、ボスモンスターの卵を手に入れればレアなクロンが誕生するので、ちょっとした自慢になるはず。中には騎乗可能で移動速度が少し上がるクロンもいるようだ。

『くろネコONLINE』 『くろネコONLINE』
▲ゲーム内では手に入りやすい、ウニ坊の卵(というか試験管?)▲NPCクロンマスターに渡すとふ化させてくれる。
『くろネコONLINE』 『くろネコONLINE』 『くろネコONLINE』
▲クロンはただ仲間になるだけではない、様々な能力を持っている。その詳細は今後明らかになるだろう。

 アバター衣装は頭、顔、胴体、足と装備できるパーツが多く、組み合わせ次第で自分なりのファッションを楽しめる。戦闘時の本気装備とは別に、ファッションアバターとして外見だけを変えられるのも、嬉しいシステム。ただ、筆者の個人的な感想としては、顔と髪型のパターンが少し寂しい気がする。できれば正式サービス開始までに、日本オリジナルの顔、髪型パターンをあと1、2個追加実装してほしい。

『くろネコONLINE』 『くろネコONLINE』
『くろネコONLINE』 『くろネコONLINE』
『くろネコONLINE』 『くろネコONLINE』

 『くろネコONLINE』がそもそもどんなゲームなのか、かなり駆け足の紹介ではあるが伝わっただろうか? これ以外にも実はまだまだ本タイトルにはユニークな遊びの要素が詰まっている。今後も順次紹介していく予定なので、楽しみにしていてほしい。

『くろネコONLINE』 『くろネコONLINE』 『くろネコONLINE』

(C)Windysoft Co., Ltd. All rights reserved. Developed by PlayBuster (C)2011 GameOn Co., Ltd.

■『くろネコONLINE』先行体験会概要
【募集期間】2011年2月2日16:00~2月14日12:00
【実施期間】2011年2月中旬予定
【募集人数】8,000名(電撃枠は100名)

データ

▼『くろネコONLINE』
■メーカー:ゲームオン
■対応機種:PC
■ジャンル:RPG(オンライン専用)
■正式サービス開始日:未定
■プレイ料金:未定

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。