News

2016年4月15日(金)

PC版『シュタインズ・ゲート ゼロ』が6月24日に発売。豪華限定版パッケージにはタペストリーなどが同梱

文:Taka

 DMMとMAGES.とホビボックスは、PC版『STEINS;GATE 0(シュタインズ・ゲート ゼロ)』を6月24日に発売します。価格はパッケージ通常版が8,424円(税込)、豪華限定版が16,200円(税込)、ダウンロード版が7,344円(税込)です。

『STEINS;GATE 0(シュタインズ・ゲート ゼロ)』

 本作は、シリーズ初となるナンバリングタイトルにして、『シュタインズ・ゲート』の続編にあたる作品です。過去に発売された小説『STEINS;GATE 閉時曲線のエピグラフ』などで描かれた、牧瀬紅莉栖を救うことをあきらめてしまった“β世界線”の物語が描かれます。

全体あらすじ

『STEINS;GATE 0(シュタインズ・ゲート ゼロ)』
▲PC版パッケージ画像。

 舞台は、岡部倫太郎が牧瀬紅莉栖を救うことを諦めてしまったβ世界線。

 牧瀬紅莉栖は7月28日にラジオ会館で死亡。

 長い世界線の旅の末、紅莉栖を救うことのできなかった後悔と失意の念に押しつぶされながらも、岡部は日常生活に戻っていた。

 紅莉栖が死んでから4か月後、岡部は紅莉栖が通っていた“ヴィクトル・コンドリア大学”を新たな人生の目標として、大学生活を過ごしていた。

 ヴィクトル・コンドリア大学がゲストのセミナーへ参加すると、紅莉栖と同じチームだったレスキネン教授、そして先輩だった比屋定真帆と出会い、彼らが研究している人間の記憶をコンピュータに保存し、それを活用するシステム“Amadeus(アマデウス)”の存在を知る。

 そして、“Amadeus”の中にインストールされている“紅莉栖”の記憶と出会い、岡部の生活が一変していく……。

β世界線のその後

『STEINS;GATE 0(シュタインズ・ゲート ゼロ)』

 電子レンジ(仮)が作られることもなく、SERNに襲われることもなく、まゆりが生存している日常に戻っていた。

 一方、自らの手で紅莉栖を死に追いやってしまった過去に悩まされ続ける岡部。心の傷は癒えることがなく、“鳳凰院凶真”もいつしか封印されていた。

ヴィクトル・コンドリア大学

『STEINS;GATE 0(シュタインズ・ゲート ゼロ)』

 かつて牧瀬紅莉栖が通っていた大学。

 彼女の死後、ともに脳科学の研究をしていたレスキネン教授の元、研究は引き継がれていた。秋葉原で行われたセミナーで、記憶をデータとして保存し、それを活用するシステム“Amadeus(アマデウス)”という研究内容が発表された。

Amadeus(アマデウス)

 人間の脳内から記憶データを取り出し、そのデータをベースにして動く人工知能。

 Amadeusは与えられた記憶から“話していいこと”、“そうでないこと”などを独自に判断することが可能。

 また、時には恥らったり、怒ったり、嘘をついたりなど、人の“感情”とも取れる言動もとることが可能。

牧瀬紅莉栖の記憶

『STEINS;GATE 0(シュタインズ・ゲート ゼロ)』

 “Amadeus”にインストールされているのは、岡部と出会う前の紅莉栖の記憶。

 まるでコンピュータとは思えない、その声や言動は牧瀬紅莉栖そのもの。

 そう、“彼女”の記憶は今もそこにいたのだ。

ゲームシステムのキーアイテムが大きく進化

●ゲームでのスマホの役割

 前作『STEINS;GATE』では、物語の選択肢を含めてキーアイテムであったフューチャーフォン、いわゆるガラケーが、今作ではスマホ(スマートフォン)になって登場します。

 ダルが開発したメッセンジャーアプリ“RINE”でのメンバー同士の会話や、物語の根幹となるシステム“Amadeus”の起動、システムの中に眠る“牧瀬紅莉栖”との対話など、本作でもガジェットが物語の中心となって物語の重要な位置を占めていきます。

『STEINS;GATE 0(シュタインズ・ゲート ゼロ)』
『STEINS;GATE 0(シュタインズ・ゲート ゼロ)』
▲メッセンジャーアプリ“RINE”でのメンバーとの会話。スマホ画面に映るAmadeus“紅莉栖”との対話。
『STEINS;GATE 0(シュタインズ・ゲート ゼロ)』
『STEINS;GATE 0(シュタインズ・ゲート ゼロ)』
『STEINS;GATE 0(シュタインズ・ゲート ゼロ)』

作中イラスト

『STEINS;GATE 0(シュタインズ・ゲート ゼロ)』
『STEINS;GATE 0(シュタインズ・ゲート ゼロ)』
▲お正月、ラボでおせち料理をつつくメンバー
『STEINS;GATE 0(シュタインズ・ゲート ゼロ)』
▲お正月、柳林神社で巫女のアルバイトをするラボメン。
『STEINS;GATE 0(シュタインズ・ゲート ゼロ)』
▲母との別離に泣き叫ぶ椎名かがり.
『STEINS;GATE 0(シュタインズ・ゲート ゼロ)』
▲謎の覆面をつけた襲撃者たち


■『STEINS;GATE 0(シュタインズ・ゲート ゼロ)』商品仕様
【ブランド】
・HOBIBOX
【ジャンル】
・想定科学アドベンチャー
【発売日】
・PCパッケージ版、DL版発売日:6月24日
【JANコード】
・通常版:45-20424-27146-7
・豪華限定版:45-20424-27145-0
【価格】
・パッケージ通常版価格:8,424円(税込)
・パッケージ豪華限定版価格:16,200円(税込)
・DL版価格:7,344円(税込)
【パッケージ限定版内容】
・『STEINS;GATE 0』WindowsPC版(ゲーム本体)
・『huke先生描きおろし“牧瀬紅莉栖”B1 Wスエードタペストリー』
・『ゆーぽん(ニトロプラス)先生描きおろし“岡部倫太郎”、“椎名まゆり”アクリルチャームセット』
・『STEINS;GATE 0オリジナル複製収録台本』
・『STEINS;GATE 0×SHOTMUSIC RemixMedley』(作中BGMのリミックス音楽CD)
・『STEINS;GATE 0オリジナルマイクロファイバータオル』
※特典の内容、詳細は予告なく変更する場合があります。
※限定版は数量限定です。
※詳しくは店頭で確認してください。

【動作環】
・対応OS:Windows/7/8.1/10日本語版
・CPU:第三世代(Ivy Bridge)以降のモバイル向けCore i5以上
・RAM:4GB以上(GPUがオンボードの場合)、3GB(ディスクリートGPUの場合)
・画面解像度:1280×720ドット以上、(1920*1080ドット推奨)
・色数:フルカラー
・VGA:VRAM1GB以上のグラフィックボード、※オンボードの場合、Intel HD Graphics4000以上
・HDD容量:17GB以上
・DVD-ROM:DVD-ROM(2枚組)
・DirectX使用:9.0c以上
・BGM:DirectSoundが正常に動作するサウンドデバイス必須

【スタッフ】
・企画、原作:志倉千代丸
・プロデューサー:松原達也
・メインキャラクターデザイン:huke
・シナリオライター:林直孝、安本亨、たきもとまさし、土屋つかさ
・音楽:阿保剛

(C) MAGES./5pb./Chiyo St.inc.
(C)2009 MAGES./5pb./Nitroplus

データ

関連サイト