News

2010年3月31日(水)

麻枝さんは新たな境地に達しようとしている――『Angel Beats!』岸監督を直撃

文:ごえモン

『Angel Beats!(エンジェルビーツ)』

 4月2日より放送開始するTVアニメ『Angel Beats!』。本作の監督を務める岸誠二さんのインタビューをお届けする。

 本作は“人生賛歌”をテーマに、死後の世界で運命に立ち向かう少年少女の姿を描いた物語。『AIR』や『CLANNAD-クラナド-』、『リトルバスターズ!』などの作品を手掛けてきた麻枝准さんが脚本を担当し、理不尽な運命を呪う登場人物たちが、神への反抗の末に何を見るのかがつづられていくという。

 それでは以下で、アスキー・メディアワークスの美少女キャラクター誌『電撃G’sマガジン』の2010年2月号(2009年12月26日発売)に掲載された、岸誠二監督のインタビューをお届けする。(インタビュー中は敬称略)

■いっさいの妥協ナシ! 映像として映える要素がすべてここに!

――今回は麻枝准さん、つまりゲーム畑のシナリオライターが手掛けた脚本をもとに作品を制作されるという、チャレンジングなお仕事かと思いますが、苦労はありますか?

:『Angel Beats!』は麻枝さんあっての作品ですから、麻枝さんとKeyファンの方たちに楽しんでもらえるようにすることを念頭に置いて作業してます。いただいた脚本はまだ“ゲームのシナリオ”としての体裁が感じられましたので、それをいかに映像としておもしろく落とし込むかですね。とはいえ、麻枝さんの脚本に手を入れているわけではありませんので、ファンの皆さんは安心してくださいね!

――話は前後しますが、今回のお仕事が来た時のお話を教えてください。

:ピーエーワークスの代表取締役・堀川憲司さんから、学園モノのコメディ作品を制作するから監督をやってくれないか、といわれたのが最初ですね。その時はまだ麻枝さんの名前は伏せられていて、ゲームのシナリオライターさんが脚本を手掛けている、とだけ伺いました。それで話を受けて脚本を見たらビックリですよ! コメディどころか、銃を使ったハデなアクションシーンがあり、ライブシーンがあり、そしてドラマがあり……ありとあらゆる要素が詰まっている作品だったんですから(笑)。普通だったら、これは全部はできませんよ、というレベルです(笑)。でも、麻枝さんはいっさい妥協なし、だから私も妥協なし。本当にこの作品は完成するのか、と思ったことすらありますよ。

――先日麻枝さんにお話を伺ったら、アニメ畑である岸監督たちが、適度なところでダメ出しをくれると思いつつ、いろいろな要素を入れてみたら、それが全部通ってビックリしたとおっしゃってましたが……。

:待て待て待て待て!(笑)“Keyのシナリオライター・麻枝准が描く物語を完全再現”するのがこのプロジェクトの1つのテーマなんですから、上がってきた脚本に手を入れたりなんてしませんよ! まいったな(笑)。まぁとにかく、今は制作スタッフ一同、緊張の糸をピーンと張り詰めっぱなしで頑張っていますよ! ……それが切れてしまわないか、ちょっと心配でもあるのですが(笑)。“あんな学園生活がしたい”そんなふうに思わせてみせます!

――今月は美術設定が新たに公開されましたが、ロケハンなどはされたのでしょうか?

:欲しかったロケーションがあったので、条件に合うところを探して行ってきました。もっとも、取材したところをそのまま使っているわけではないですが。

――“聖地”探しは難しそうですね(笑)。新進気鋭のスタジオ・ピーエーワークスと仕事をされての感想はいかがですか?

:熱い気概を持つ若いスタッフが多いですね。それでいてクオリティも高い。麻枝さんの脚本をアニメにするとなると、どうしても某制作スタジオさんのことが脳裏をよぎってしまうのですが、そこはあまり意識しすぎないようにしています。とはいえ、某制作スタジオさんのアニメはひととおり見ましたし、PCの『リトルバスターズ!』もプレイさせていただきました。だから皆さん、安心してくださいね(笑)。

――最後にメッセージをお願いします。

:アクションシーンやライブなど、さまざまな見どころがある本作ですが、それらの根底にあるのは学園生活。何をやっても、結局はそこに行き着くんです。「あんな仲間たちと学園生活ができたらいいなぁ」と、観てくれた皆さんに思わせることができれば成功かな、と思っています。でも『Angel Beats!』は死後の世界が舞台だからあこがれちゃダメですよ!(笑)。そして、麻枝さん自身が、この作品で“ネオ麻枝准”ともいうべき新たな境地に達しようとしているのを感じます。私たちはそんな麻枝さんの世界を完全再現しますので、楽しみにしていてください。そして麻枝さん、あとは任せておきな!

→ゲーム版『エンジェルビーツ!』のストーリーやアニメとゲームの違い、攻略キャラを紹介中!

→ゲーム版『エンジェルビーツ!』の“ゆりのパンツ”も確認できるイベントCG4枚を紹介!

→ゲーム版『AB!』第3報では無邪気な表情を見せる激レアな岩沢に注目!

(C)VisualArt's/Key/Angel Beats! Project

■TVアニメ『Angel Beats!』
【放送局&放送日】
 CBC……4月2日より毎週金曜 26:00~放送開始予定(※初回は26:25~)
 TBS……4月2日より毎週金曜 26:25~放送開始予定(※初回は26:30~)
 MBS……4月3日より毎週土曜 25:58~放送開始予定
 TUT……4月4日より毎週日曜 25:45~放送開始予定
 RKB……4月7日より毎週水曜 26:55~放送開始予定
 BS11……4月17日より毎週土曜 23:30~放送開始予定
 ※放送日時は変更になる場合がある。

【スタッフ】(※敬称略)
 原作・脚本:麻枝准
 監督:岸誠二
 キャラクター原案:Na-Ga
 キャラクターデザイン・総作画監督:平田雄三
 音楽:ANANT-GARDE EYES・麻枝准
 音響監督:飯田里樹
 撮影監督:佐藤勝史
 3D監督:山崎嘉雅
 色彩設計:井上佳津枝
 特殊効果:村上正博
 編集:高橋歩
 ラインプロデューサー:辻充仁
 アニメーション制作:ピーエーワークス
 OPテーマ:Lia『My Soul,Your Beats!』
 EDテーマ:多田葵『Brave Song』

【キャラクター&キャスト】(※敬称略)
 ゆり:櫻井浩美
 音無:神谷浩史
 天使:花澤香菜
 ユイ:喜多村英梨
 日向:木村良平
 高松:水島大宙
 野田:高木俊
 椎名:斎藤楓子
 遊佐:牧野由依
 藤巻:増田裕生
 TK:Michael Rivas
 松下:徳本英一郎
 大山:小林由美子
 チャー:東地宏樹
 岩沢:沢城みゆき
 ひさ子:松浦チエ
 入江:阿澄佳奈
 関根:加藤英美里
 他

データ

▼BD『Angel Beats!』第1巻(完全生産限定版)
■メーカー:アニプレックス
■品番:ANZX-6401
■発売日:2010年6月23日
■価格:7,350円(税込)
 
■BD『Angel Beats!』第1巻(完全生産限定版)の購入はこちら
Amazon
▼DVD『Angel Beats!』第1巻
■メーカー:アニプレックス
■品番:通常版 ANZB-6401/完全生産限定版 ANZB-6401
■発売日:2010年6月23日
■価格:通常版 5,250円(税込)/完全生産限定版 6,300円(税込)
 
■DVD『Angel Beats!』第1巻(通常版)の購入はこちら
Amazon
 
■DVD『Angel Beats!』第1巻(完全生産限定版)の購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

注目記事

週間アクセスランキング

[集計期間2014年 10月23日~10月29日]

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。