News

2012年2月26日(日)

『アラド戦記』アップデート情報に日韓の有名プレイヤーによるエキシビジョンマッチ! 見どころ満載のオフラインイベントをレポート!!

文:電撃オンライン

 ネクソンは本日、運営中のPC用A・RPG『アラド戦記』のオフラインイベント“オフラインエキシビジョンマッチ”を、秋葉原UDX アキバ・スクエアにて開催した。イベントの模様はネット放送の“ニコニコ生放送”や“USTREAM”で配信された。

■新しいゲームシステムやキャラクターなどファン待望のアップデート情報

 インターネット上での抽選から選ばれた500人ものファンが見守る中、イベントはスタート。まずは、株式会社ネクソン運用部運用2チームの平野貴子さんから、2012年のアップデート予定が発表された。

『アラド戦記』
▲運用部・運用2チームの平野貴子さん(左から2番目)と、開発会社ネオプルのチーム長であるジョン・スンヨル氏(右から2番目)。

 平野氏によると2012年中に、解像度拡張、ショートカット設定UI改変、クエストシステム改変、競売場の利便性向上、新しい装備システム、新規エリア・スジュ追加、日本だけの新規システム搭載、プリーストの新規転職追加、新規キャラクター(男メイジ)の追加、新規タイアップ準備といったアップデートが予定されているとのこと。

『アラド戦記』 『アラド戦記』
▲解像度が640×480から800×600へとアップ。より迫力のある戦いが楽しめるはずだ。▲ショートカットの設定は、キーボードのイメージを通じて行うえるようになる。

 特にクエストシステムに関しては、大幅なアップデートを行う予定とのことで、新たに“クエストポイント(QP)”というポイントシステムが追加されるようだ。QPはエピッククエストの報酬として獲得でき、新たにに追加されるクエスト商店でQPを使って欲しい能力値が購入できるようになる。

 QP初期化ボタンを使えばリセットできるので、能力値の購入をやり直すことも可能(1回目は無料で、以降はGOLD消費)。さらに、新規クエストシステムとして“捕獲・潜入クエスト”が追加される他、クエストUI改変に伴い、同時に受諾できるクエストが10個から20個に増加予定とのこと。

『アラド戦記』
▲QPに導入により、進化するクエストシステム。

 競売場では利便性の向上が図られ、アバターを装備した姿やクリーチャーが、事前に確認できるようになる。また、“初心者のためのオススメアイテム機能”の追加により、初心者が自分のキャラクターにマッチしないアイテムを選んでしまうといったミスも発生しにくくなるとのこと。検索機能もより便利なものへと変更されるようで、これまで以上に競売場は使いやすいものへと進化を遂げそうだ。

『アラド戦記』 『アラド戦記』
▲競売場のシステム改変により、ユーザー同士の取引がさらに活性化するだろう。▲魔法で封印されたアイテムの登場により、新たな装備システムも。
『アラド戦記』 『アラド戦記』

 アップデートに関する発表の中でファンからの反響が強かったのは“プリーストの新規転職追加”、“新規キャラクター(男メイジ)の追加”の2つ。どちらも映像が映し出されると、「おぉ~!」という大きな歓声が上がっていた。

 プリーストの新規職・アベンジャーは闇の力を利用し、自らを悪魔化して敵をせん滅する派手な職業。一方、新規キャラクターとなる男メイジは、主に魔法を使用するキャラクター。HPが0になると回復モードという状態になり、一定時間攻撃を受けなければ最大HPの1/3の状態で復帰できる。どちらも今までにない個性的なキャラクターのようだ。

 さらに男メイジは、4大元素を利用した強力な広範囲魔法を使う“エレメンタルボマー”やアビスを利用して氷の武器を作り、直接攻撃を行う"氷結師"などに転職できるとのこと。

『アラド戦記』 『アラド戦記』
▲プリーストの新規転職“アベンジャー”と、新キャラクターの“男メイジ”。
『アラド戦記』 『アラド戦記』
▲男メイジから転職できる新規職“エレメンタルボマー”と“氷結師”。

 続いて、4月から2ndシーズンがスタートするアニメ『Fate/Zero』とのタイアップや、その他のアップデート情報が発表され、最後に開発会社ネオプルのジョン・スンヨルさんによる質疑応答のコーナーへと移る。

『アラド戦記』
▲『Fate/Zero』の他にも様々なアニメやキャラクターとのタイアップが予定されているとのこと。▲2012年は他にも数多くのアップデートが予定されている。

 質疑応答コーナーでは、事前に寄せられた質問にジョン・スンヨルさんが答える形で行われた。「決闘システムを充実させてほしい」との質問に対して、スンヨルさんは「3カ月大会などを通して、日本での需要を感じた」と語り、前向きに検討する旨を発表。すでに韓国で実装されている公正決闘の導入に関しても示唆(しさ)した。

 また、新規アカウントが誤って消されてしまう誤BANの問題や、不正なツール使用者の排除に関しては、「日本では個人情報なしでアカウントが作れるため、日本のbot数は世界最大となっている」と前提を述べた上で、「韓国で不正加入を1/10まで減らすことに成功したシステムの実装も考えています」とコメント。平野氏からも、謝罪とともに「ユーザーの皆様も問題解決のため、ご協力をお願いします」と語られた。

→次のページではいよいよ最強の座を懸けた激闘が始まる!(2ページ目へ)

Copyright (C) 2012 NEXON Korea Corporation and NEXON Co., Ltd. All Rights Reserved.
Copyright (C) 2012 NEOPLE Inc. All Rights Reserved.

1 2

データ

▼『アラド戦記』
■メーカー:ネクソン
■対応機種:PC(対応OS:WindowsXP)
■ジャンル:A・RPG(オンライン専用)
■サービス開始日:2006年9月20日
■プレイ料金:無料(アイテム課金)
▼『アラド戦記 オフィシャルファンブック』
■発行:アスキー・メディアワークス
■発売日:2012年1月20日
■価格:1,890円(税込)
 
■『アラド戦記 オフィシャルファンブック』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『アラド戦記 公式ビジュアルブック』
■発行:アスキー・メディアワークス
■発売日:2010年12月22日
■価格:1,995円(税込)
 
■『アラド戦記 公式ビジュアルブック』の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。