News

2012年3月12日(月)

【電撃乙女部】イケメンの“ブショー”とランセでポケモンバトル!? DS『ポケモン+ノブナガの野望』プレイレポート

文:電撃オンライン

『ポケモン+(プラス)ノブナガの野望』の購入はこちらから

Amazon.co.jp
【電撃乙女部】

 3月17日にポケモンから発売されるDS用ソフト『ポケモン+(プラス)ノブナガの野望』。本作のプレイインプレッションを、電撃乙女部の部員+αがお届けします。

 『ポケモン+ノブナガの野望』は、『信長の野望』シリーズや『戦国無双』シリーズなどでおなじみのコーエーテクモゲームスと、ポケモンが共同開発しているシミュレーションゲーム。“ランセ地方”を舞台に、ポケモンと心を通わす“ブショー”たちの活躍が描かれます。

 発売に先駆けて、電撃乙女部のイケメン好き・りえぽんと、SLGが大好物なまり蔵が、本作の序盤をプレイしました。乙女部ではないですが、電撃オンライン一『ポケットモンスター』を愛しているスタッフ・カネキングも加えて、3人によるプレイインプレッションをお届けします。通信対戦のレポートも掲載しますので、ぜひぜひご覧くださいませ~。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■かわいいポケモンにカッコいいブショーがいっぱい! 乙女もバッチリ楽しめます

 『ポケモン』シリーズはほぼ初心者に等しい電撃乙女部部長のりえぽんです。そんなりえぽんですが、『ポケモン+ノブナガの野望』はとっても気になるタイトルです。なぜなら、登場するブショーをご覧ください。見ていただければわかります。

【電撃乙女部】 【電撃乙女部】
▲ミツヒデ+フリーザー▲モトチカ+フタチマル
【電撃乙女部】 【電撃乙女部】
▲ユキムラ+ポカブ▲ムネシゲ+ムクバード

 どうですか、見てくださいよこのイケメンなブショーたちを! りえぽん、ひと目見てムネシゲに恋をしました。『ポケモン+ノブナガの野望』では、彼らブショーたちと“イクサ”で戦って勝つと、スカウトできちゃうんです。つまりカッコいいブショーが仲間になっちゃうんです! それならば、ムネシゲをぜひスカウトしたいじゃないですか! いや、むしろハジメの国をイケメンブショーだらけの国に……!! と、そんなヨコシマな理由で序盤をプレイしてみました。

 ゲームを始めると、いきなりカエンの国のブショーが攻めてきてイクサになります! といっても、プレイヤーをサポートしてくれるオイチが、イクサの方法を教えてくれるので安心です。

【電撃乙女部】 【電撃乙女部】
▲オイチの手助けで見事にカエンの国のブショーを撃退! イーブイと勝利を喜ぶ女の子主人公もかわいいです。

 野生のポケモンと戦ったり、他の国へ攻めてみたりと何度かイクサにチャレンジしてみましたが、こちらのターンの間はじっくりと戦法を考えることができるので、ポケモンのタイプの相性や、動かす順番などを考えながら進められます。りえぽんは普段あまりSLGをプレイしないのですが、基本はポケモンたちを動かして“わざ”を使うだけというそこまで複雑なシステムではないので、すんなりとプレイできました。小さなお子様や女性プレイヤーでも、バッチリ楽しめますよ!

【電撃乙女部】 【電撃乙女部】
▲わざを使う時のポケモンたちの動きも細かい! プリンの“おうふくビンタ”がかわいくて、ついプリンで攻撃ばかりしてしまいました。ぜひゲームで見てください!

 ハジメの国に隣接する、カエンの国、アオバの国、イズミの国につぎつぎと勝利! いいですねー、好調ですよ! ちなみに、アオバの国はくさタイプのポケモンが多く、ほのおタイプのポケモンが有利なのですが、ポケモンの基礎知識がなくてもオイチがしっかり教えてくれますので大丈夫。りえぽんもオイチのアドバイスでイクサに参戦するブショーとポケモンを選んで勝てました! 3つの国に勝利すると、さらに新たな国がマップに現れました。そのうちの1つ、シデンの国には……、いました! ムネシゲがいましたよ!

【電撃乙女部】

 これは早速イクサを挑んでスカウトせねば! と思いましたが、相手の戦力を見てビックリ。シデンの国、めちゃくちゃ強くない? ムネシゲに勝利するまでの道のりはまだまだ遠いようです。しばらく野生のポケモン相手にウデをみがこうと思います……。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■かわいすぎるブショーと白熱のシミュレーションバトルが楽しめる!

 どもです、電撃乙女部のヒラ部員・まり蔵です。ポケモンとコーエーテクモゲームスがタッグを組んで制作するシミュレーションゲームということで、発表された時は電撃オンラインでも話題になった『ポケモン+ノブナガの野望』。『ポケットモンスター』の新作が発売されたら必ず買い、学生時代は日本史を専攻し、しかも根っからのSLG好きというまり蔵の琴線にも、触れるどころか見事に刺さりましたよ! 早速、序盤のインプレッションをお届けしようと思います。

 本作をひと言で説明すると、“ブショー”となって相方のポケモンとともに“ランセ地方”の国をつぎつぎと攻略していくSLGです。まり蔵は(一応)女なので、主人公は女の子をチョイス。ゲームが始まると、最初の相棒となるイーブイを愛でる間もなく“イクサ”に突入します。

 ここで、かわい子ちゃんが登場! キュートなプリンとともに、美少女ブショーのオイチちゃんが戦い方を教えてくれます。まあ、まり蔵はかわいいオイチちゃんに気を取られて、肝心の操作説明を聞き逃すという致命的なミスをおかしたワケですが。ハハハハ……。バトルはターン制の戦略シミュレーションというオーソドックスなシステムなので、「何をしていいのかわからない!」という事態に陥ることはないと思います。が! オイチちゃんの説明はちゃんと聞いてあげましょう!!(←オマエが言うな)

【電撃乙女部】 【電撃乙女部】 【電撃乙女部】
▲新米ブショーリーダーのまり蔵の世話を、何かと焼いてくれるオイチちゃん。話していると、なぜか顔を赤らめることも。この娘……さては私に惚れてるな?

 チュートリアルが終わると、いよいよ各地のブショーたちとイクサを繰り広げることになります。このバトルが想像していた以上におもしろい。ポケモン同士には相性があり、ほのおタイプはみずタイプがニガテでくさタイプには強いといった感じで、『ポケットモンスター』と同じ設定になっています。シリーズ好きには、わかりやすくてありがたいですね。また、敵となるブショーが熱血でちょっぴりお調子者の“ヒデヨシ”だったり、あまり争いを好まないのんびり屋の“モトナリ”だったりと、戦国武将好きとしてもニヤニヤしてしまいます。イケメン多いし!

 国ごとのステージに、いろいろな仕掛けがあるのもおもしろかったです。カエンの国ではマップ上に回復用の温泉が湧いていたり、イズミの国では水門を開くことで進行方向が水で閉ざされたり。こういうギミックが施されたマップでのバトルは、歯ごたえがあってすごく楽しいです。

 操作方法はシンプルなのにステージは非常に凝った作りをしていて、バトルを重ねても飽きることがありません。フリーマップもいろいろ用意されていて、ゲームの進行そっちのけで延々バトルを楽しんでしまったり。『ポケットモンスター』好きや戦国好きはもちろん、SLG好きにもオススメできる作品となっています。でも「序盤のバトルは楽勝だよねー」とタカをくくっていると、まり蔵みたいに最初の国で返り討ちに遭ったりするので気をつけてくださいね!

【電撃乙女部】 【電撃乙女部】
▲ヒデヨシがブショーリーダーを務めるのは、ほのおタイプのポケモンがたくさんいるカエンの国。くさタイプのポケモンが多くいるアオバの国のブショーリーダーは、モトナリです。
【電撃乙女部】 【電撃乙女部】
▲各ステージにはおもしろいギミックが満載。水門を開けたり閉めたりしながらのバトルは、結構難しかったですね~。

→次のページでは、カネキングのレポ&通信対戦の模様を掲載!(2ページ目へ)

(C)2012 Pokémon.(C)1995-2012 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
(C)2012 コーエーテクモゲームス
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
※画面は開発中のものです。

1 2

データ

▼『ポケモン+(プラス)ノブナガの野望』
■メーカー:ポケモン
■対応機種:DS
■ジャンル:SLG
■発売日:2012年3月17日
■希望小売価格:5,524円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。