News

2013年4月12日(金)

『ドラッグ オン ドラグーン』キャラ人気投票中間報告(ネタバレあり)―『DOD』を代表するカップル&毛を代償にしたあの人の順位は?

文:TDB

『ドラッグ オン ドラグーン3』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 スクウェア・エニックスが2013年に発売予定のダークファンタジー巨編『ドラッグ オン ドラグーン3』。電撃オンラインでは、その発売とシリーズ10周年を記念して、シリーズの人気キャラを読者参加で決める投稿企画を実施中。今回は、その途中経過を担当ライターである私、TDBの独断と偏見を交えつつ発表していきたいと思います。

『ドラッグ オン ドラグーン』シリーズ 『ドラッグ オン ドラグーン』シリーズ

 というわけで、まずは企画の概要を説明しましょう。現在、電撃オンラインでは、シリーズ生誕10周年を迎える『ドラッグ オン ドラグーン』シリーズへの記念メッセージを募集中です(締め切りは5月7日24:00)。あわせて、キャラクターの人気投票も実施しています。投稿いただいた方の中から抽選で3名様に、『ドラッグ オン ドラグーン2 設定資料集』(←かなりレアな逸品です!)をプレゼント。投稿いただいたメッセージは、今後の弊社出版物やWeb媒体で紹介する予定なので、ふるってご応募ください。

→主な登場人物を知りたい時は、こちらの記事をチェック!

【『DOD』シリーズへの
熱い思いを投稿する】

『ドラッグ オン ドラグーン』シリーズ
▲みんなが大好きなヴェルドレさんは、はたして何位に入っているんですかねえ? うふふ。

 まだまだ募集中ですが、応募開始から約2週間で早くもかなりの数のご応募をいただきました。本当に本当にありがとうございます!

 さてさて、今回はキャラの人気投票の途中経過をお伝えしますが、個人的には、首位と2位は皆さんも想像できているのではないかと思います。あのカップル(?)でしょ……と。ええ、その通りです。ぶっちぎりの独壇場。さすがにここからの逆転はないよねレベルなので、今回はせめて、10位から3位までは順位を明かさずに発表してみようと思います。

 キャラの並びで順位がわかるのもアレなので、五十音順に並べておきました。よろしければこちらを見て、最終順位を想像してみてください。


【アリオーシュ】

『ドラッグ オン ドラグーン』シリーズ

●わたしの子どもはどこぉ!! キャラ選択時のあの絶叫を思い出すと夜も眠れません。(支部長さん)

●狂った所も素敵! 『ロード オブ ヴァーミリオン』でも、マイデッキには必ず彼女を入れてます。(のふのふさん)

●イカレっぷりが素敵です。本編ではマナの次くらいに壊れてたと思います(笑)。彼女とセエレ、レオナールの三角関係(?)が大好き。(seihaさん)

■TDB寸評:狂気に身をやつした悲しきエルフ・アリオーシュ。殺した子どもを食したりと、設定的にはかなりキツイ部分もあるのですが、それも失った子どもへの愛が大きすぎたがゆえ。極端な行動や言動も多いですが、それらへの非難は思っていた以上に少ないようです。個人的に、彼女がセエレをどんな想いで見つめていたのかはもとより、レオナールをどう思っていたのかが気になるところ。あと、林原めぐみさんはやっぱりすごいッス!!


【イウヴァルト】

『ドラッグ オン ドラグーン』シリーズ

●フリアエッフリアエッフリアエッフリアエッ。これ強烈でした。前半ものすごい真面目キャラだったのに。好き……と言うより忘れられないが理由。(ドラドラさん)

●唐沢寿明さんのすばらしい演技とセリフがたまらない。(オルファンさん)

●報われないかわいそうなところが好きです。続編で少し救われてる感がありますが。(酒屋さん)

■TDB寸評:唐沢寿明さんの“フリアエ連呼”が忘れられないという人からの票を集めまくったイウヴァルト。好きなキャラで上位にランクインしている反面、嫌いなキャラとしてその名を挙げる人も少なくないようですが……。ちなみに、10年前に遊んだ時はあまり好きになれなかったのに、最近遊びなおしてみると、なんだかちょっとずつ好きになってきつつある自分がいます。なんでだろう。


【エリス】

『ドラッグ オン ドラグーン』シリーズ

●ぶっちゃけ一番かわいい。(kumarinさん)

●ツンデレ鬼娘。(ヒデトロさん)

●恋する乙女と騎士としての葛藤、好きな人のために女神になることもいとわない姿がまぶしいです!(みわさん)

■TDB寸評:『DOD2』の主人公・ノウェの幼なじみがランクインしないわけがない! 美しい見た目はもちろん、ある意味ノウェよりもブレない意志など、その強さに惚れたという声が多数です。ちなみに僕、『DOD2』ではエリスばっかり使っていました。彼女が使う槍の攻撃範囲、そして何より魔法がめっちゃ使いやすくて重宝していた記憶が。まぁ、使える期間は短いんですけど……。


【ハンチ】

『ドラッグ オン ドラグーン』シリーズ

●当時はとくに何も考えてなかったですが、今見るとエロかったので好きです。代償になったはずの魅力が残ってる気がします。(くりすさん)

●濡れた姿が儚くてうまく言葉にできない。卑屈な姿がエロくてうまく言葉にできない。身体のラインが妖艶でうまく言葉にできない。(Anonn hitさん)

●誰も選ばないと思ったからですよぉ。(掟あんへるさん)

■TDB寸評:順位は伏せますが、個人的にはもっと上位に食い込んでもおかしくない気がするハンチさん。しとどに濡れた肢体、卑屈な性格と独特なしゃべり方、そして何より、隠しきれないそのエロス……。「契約で魅力を失ったなんて思えない!」という意見が多数でした。もちろん、まったく異議はございませんが、何か?


【フリアエ】

『ドラッグ オン ドラグーン』シリーズ

●フリアエッフリアエッフリアエッフリアエッ(以下略)。(KOISさん 他多数)

●健気に封印を守る女神と、実の兄カイムを愛する女という、清廉と狂気が合わさったいいキャラクターだと思います。(フクツーさん)

●清純派ヒロインそのものって感じだけど、その心の内はというとすごかった。設定を読んで、ここ数年ブラコンなキャラは見かけることも多くなったけど、当時は衝撃的でした。「ブラコン」じゃ済まない黒さも抱えてたと思うけど。(エクシさん)

■TDB寸評:『DOD1』のメインヒロイン・フリアエも安定の強さ。清楚で見た目は純情可憐、だけどその胸の奥には兄への秘めた想いを隠している。この、いわゆる“ブラコン設定”に惹かれる人が少なくないようですね。今でも“妹需要”は続いているのでしょうか? 個人的には、Bエンディングの衝撃的なお姿(通称:ギョロアエ)を見た時、あまりのインパクトに恐怖を忘れて笑ってしまったことを覚えています。


【マナ】

『ドラッグ オン ドラグーン』シリーズ

●『DOD1』の時点ですでにすさまじい病みっぷり。少女でありながら、敵のボスとして違和感がないほどの恐ろしさを備え魅力的でした。『DOD2』では成長した姿でヒロインとして登場し、購入する一番の決め手にもなりました。続編でも何かしらの形で登場することを期待しています。(冥王星さん)

●『DOD1』のマナも『DOD2』のマナも、どっちも好きです。彼女のおかげで金髪に似合う髪型はパッツンボブだと確信しました。本当に本当にありがとうございます。(ひさぎさん)

●オガァーザーン!(野太い声で)(みなしろさん 他数名)

■TDB寸評:少女ながら、天使の教会の司教として“封印”の破壊を目論む『DOD1』のマナ。記憶を失い、人々を救うために“封印”の破壊を目論む『DOD2』のマナ。どちらも魅力的ですが、より狂気を前面に押し出している少女時代のほうが、読者の支持が高い傾向。僕のフェイバリットキャラの1人なだけに、ここからのさらなる得票に期待です。ララララ、ララララ!


【ユーリック】

『ドラッグ オン ドラグーン』シリーズ

●何せ死に際までカッコいい。(Lucky_St.Likeさん)

●マジで恋しました。マスクレスオーブのために鬼の様な難易度でしたが、 周回プレイさせていただきました。本当に幸せでおりました。恋をありがとうございます。(恋するうさぎちゃんさん)

●恨みと自責の念、まさに『DOD』の2大テーマを持ち合わせる漢だから。(ちょふさん)

■TDB寸評:『DOD2』のイケメン兄貴ぶん・ユーリックがランクイン。強さと弱さをあわせ持つ人間的な魅力や、発売前は仮面キャラでとおしていたくせに、登場シーンでいきなり仮面を脱ぐ破天荒さなどで、ファンを惹きつけているようです。体力バカのクセに防御力が紙っぺらだというその極端さが、なんだかとってもいとおしくて、ついつい斧を手にするわけですが。……使いづらいよねやっぱり。僕が下手なだけ!?


【レオナール】

『ドラッグ オン ドラグーン』シリーズ

●性格と性癖のギャップが大きく、狂気に染まりきってもいないので、葛藤があっておもしろい。設定がどうしようもない。大好きです。(渡槻さん)

●登場キャラのなかでも有数の変態でありながら、それを恥じる自罰的な性格と、それでもなお断ちきれない欲望のせめぎ合いが極めて人間的に感じられるので。最期のシーンは感涙ものでした。(psychosomaticさん)

●サポートキャラとしては最高の能力で、ずいぶん助けられました。本編でも、セエレに対して少し危険な雰囲気はありましたが、「希望の最期は死にあらず」は名言だと思います。(アルドラさん)

■TDB寸評:少年に劣情をもよおすレオナールももちろん上位! カイムとともに戦う仲間の中では屈指の強さを誇ることが、この順位に……いやいや、それだけが理由なわけがない。やっぱり「オナール兄さんだから!!」という声が大で笑いました。愛称がオナールって……皆さん、とてもいい匂いがします。契約相手であるフェアリー(CV:宮村優子)との絡みもサイコーですよね!!


 さてさて、10位から3位までを発表してみました。ベスト10といっても、まだまだ逆転は余裕で可能な範囲ですので、まだ投票をされていない方は、ぜひコチラからお願いいたします。

【『DOD』シリーズへの
熱い思いを投稿する】

 では、最後にトップ2の発表です!!

→トップ争いは、やはりあのカップルでした!(2ページ目へ)

(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Character Design : Kimihiko Fujisaka.
(C)2003 cavia/SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
(C)2005 cavia/SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

1 2 3

データ

イメージ
▼『ドラッグ オン ドラグーン3』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS3
■ジャンル:ARPG
■発売日:2013年12月19日
■希望小売価格:7,600円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

イメージ
▼『ドラッグ オン ドラグーン2 -封印の紅、背徳の黒-(アルティメットヒッツ)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS2
■ジャンル:ARPG
■発売日:2008年9月4日
■希望小売価格:2,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

イメージ
▼『ドラッグ オン ドラグーン(アルティメットヒッツ)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS2
■ジャンル:ARPG
■発売日:2008年9月4日
■希望小売価格:2,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

この商品を買った人はこんな商品も買っています (Amazon.co.jpより)

Facebookコメント

注目記事

週間アクセスランキング

[集計期間2014年 04月13日~04月19日]

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。