News

2013年4月24日(水)

『ドラッグ オン ドラグーン』シリーズ座談会は終始ヨコオタロウ節が炸裂。ラストオーダー直前に語られる『DOD3』のボツネタとは

文:TDB

『ドラッグ オン ドラグーン3』の購入はこちらから

Amazon.co.jp
『ドラッグ オン ドラグーン3』

 スクウェア・エニックスが2013年に発売する、期待のPS3用ダークファンタジー『ドラッグ オン ドラグーン3』。その発売を待ちきれないファンを代表し、電撃オンラインの『ドラッグ オン ドラグーン』記事作成チームが、ヨコオタロウ氏らシリーズの開発スタッフをお迎えして座談会を実施。

 アルコールがいい感じに回り、みんなの目が紅く染まり始めた今だからこそ語られる『DOD3』への想いや熱量、そしてストーリーのボツネタ案までが飛び出し始め、狂乱の夜はいよいよ更けていく……。

 なお、この座談会は、『ドラッグ オン ドラグーン(以下、DOD)』ファンにとっては聖地といえる新宿にて、3月某日仏滅の夜に行われた。

→ヨコオタロウ氏の開発秘話カンペが読める座談会Part1はこちら!
→過去作品のぶっちゃけトークが読める座談会Part2はこちら!
→『DOD2』安井ディレクターの闇を暴く座談会Part3はこちら!


【『DOD』シリーズ座談会参加メンバー】

・ヨコオタロウ 『ドラッグ オン ドラグーン3』のクリエイティブ・ディレクター。初代『ドラッグ オン ドラグーン』でもディレクターを務めた。

・安井章 『ドラッグ オン ドラグーン2』のディレクター。初代『ドラッグ オン ドラグーン』ではデザイナーを担当。

・佐々木隆太郎 スクウェア・エニックスの宣伝部に所属。『ドラッグ オン ドラグーン3』のプロモーションを担当。

・野村一真 電撃オンラインの編集長。初代『ドラッグ オン ドラグーン』の攻略本で編集を担当。

・染谷行人 電撃オンラインの『ドラッグ オン ドラグーン3』の担当編集。

・松下忠嗣 ライター名はTDB。電撃オンライン、および『電撃PlayStation』の『ドラッグ オン ドラグーン』シリーズ記事担当。過去のインタビューを通じてヨコオ氏と交流があり、たまにプライベートでも飲みに行く。

■そして話題は、再びロゴの話へ帰結する

松下:じゃあちょっとロゴの話に戻りますよー。

ヨコオ:ここでロゴの話に戻るんですか! こっから広がるんですか!

松下:だって僕、まだロゴのこと聞きたかったんですもん。

ヨコオ:いい感じにグダグダになってきましたねぇ。いい感じですよ。どうぞどうぞ。

松下:この、ロゴにある花なんですけどね。

ヨコオ:あ、ごめんなさい。僕が口を出したのは、この絵のゼロの修正だけなんで。ここは宣伝さんに聞きましょう。

松下:じゃあ佐々木さんにお聞きしますが、ここに花が咲いてますけど、この花の中に描かれている紋章って、アンヘルの紋章じゃないですか?

佐々木:ん? そうなの?

松下:え? あれ、深読みしすぎましたか?

佐々木:これ、最初はロゴに紋章は入ってなかったんですよ。で、「今までみたいに紋章がないね」って話をしていたら、いつの間にか藤坂さんが紋章らしきものを描いてた。

ヨコオ:あの男のことだから、気まぐれで描いたに違いない。

松下:藤坂さん、気まぐれで描いちゃいましたか!

佐々木:で、せっかく描いてくれたんだったら、何か使い方ないかなって。それはロゴに入れる入れないって話ですらなかったんですけど、デザイナーさんに、こういうのがあるよって渡したら入って戻ってきた。そしたら、抜群にカッコいいじゃないですか。ぜひ使おうって話になって。

ヨコオ:某誌さんのインタビューでも話したかもしれませんが、『DOD3』の世界って“契約”の概念がないんですよ。だから、紋章もそこまで大きなモチーフにはならないわけです。あくまで藤坂さんのデザインというか、ディテール的なお遊び。

松下:なるほど、“契約”の概念がないなら、紋章だって浮かびようがないわけですからね。『DOD1』と『DOD2』って、ロゴに紋章と主人公のシルエットが入ってるってセオリーがあったから、『DOD3』も「あーここに入ってるよ」って思って見てて。そしたら、その紋章がアンヘルの紋章に似ていたりして、つい深読みを……。

『ドラッグ オン ドラグーン3』 『ドラッグ オン ドラグーン3』
▲アンヘルの紋章と『DOD3』のロゴに描かれた紋章。因果関係はない……らしい。

佐々木:もちろん、ロゴ自体に意味を持たせるタイトルもありますけどね。最近で言えば、『ブレイブリーデフォルト』がそう。

松下:ああ、あれは……。

野村:よせバカ! 俺はまだクリアしていないんだぞ。

松下:おっと、失言でした。

佐々木:早くクリアしなよ(笑)。で、話を戻すと、今回の『DOD3』は、意味づけというよりもデザインを重視したんですよね。無理に意味をつけなきゃいけない理由はないですし。もちろん、適当に作っているわけじゃないってことは、先ほどの会話で理解いただけたでしょうけど

松下:たしかに。

佐々木:みんなが見て“カッコいい”と思える、目に留まるってことが大事かなと。「実はここにこんな意味があって~」なんてネタバレできないじゃないですか。ロゴは宣伝だけで作るものではないし、プロデューサー、ディレクター、作品にかかわっているクリエイターさんたちの意見をできるだけ取り入れて作れればいいな、とは思いますけどね。

ヨコオ:スクエニさんって、なんていうか、クリエイターさんをすごく大事にされますよね。すごくそう思います。

→ロゴから想像するイメージカラーは赤と白と黒?(2ページ目へ)

(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Character Design : Kimihiko Fujisaka.
(C)2003 cavia/SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
(C)2005 cavia/SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
(C)2010 SQUARE ENIX Co.,Ltd. All Rights Reserved. Developed by cavia Inc.

1 2 3 4 5 6 7

データ

イメージ
▼『ドラッグ オン ドラグーン3』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS3
■ジャンル:ARPG
■発売日:2013年12月19日
■希望小売価格:7,600円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ドラッグ オン ドラグーン2 -封印の紅、背徳の黒-(アルティメットヒッツ)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS2
■ジャンル:ARPG
■発売日:2008年9月4日
■希望小売価格:2,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

イメージ
▼『ドラッグ オン ドラグーン(アルティメットヒッツ)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS2
■ジャンル:ARPG
■発売日:2008年9月4日
■希望小売価格:2,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

イメージ
▼『ニーア レプリカント(アルティメット ヒッツ)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS3
■ジャンル:ARPG
■発売日:2011年4月21日
■希望小売価格:3,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

イメージ
▼『ニーア ゲシュタルト(Xbox 360 プラチナコレクション)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:ARPG
■発売日:2011年4月21日
■希望小売価格:3,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ニーア ザ・コンプリートガイド+設定資料集 GRIMOIRE NieR -PROJECT GESTALT & REPLICANT SYSTEM-』
■発行:アスキー・メディアワークス
■発売日:2010年5月28日
■定価:1,955円(税込)
 
■『ニーア ザ・コンプリートガイド+設定資料集 GRIMOIRE NieR -PROJECT GESTALT & REPLICANT SYSTEM-』の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。