News

2013年6月14日(金)

ミスター鉄拳こと原田勝弘さんが語る『鉄拳レボリューション』――ナンバリングの『鉄拳』最新作への思いも【E3 2013】

文:電撃オンライン

 6月12日にPlayStation Networkにて全世界配信が始まった、バンダイナムコゲームスのPS3用ソフト『鉄拳レボリューション』。本作について、シリーズプロジェクトディレクターの原田勝弘さんにお話を伺った。

 『鉄拳』シリーズとしても、家庭用対戦格闘ゲームとしても初の基本無料タイトルとなる本作。今あえて基本無料のビジネスモデルでリリースする理由は何か? この先に見える『鉄拳』の世界とは? その真意を聞いてみた。

『鉄拳レボリューション』

■バーチャルなゲーセンをネット上に作りたい

――まず本作を基本無料のタイトルとして配信することにした理由について教えてください。

『鉄拳レボリューション』
▲『鉄拳』プロジェクトディレクターのバンダイナムコゲームス原田勝弘さん。

 最近いろいろなフリー トゥ プレイ(プレイ基本無料、以下F2P)の作品が発表されていますが、実は家庭用の格闘ゲームとしては、この『鉄拳レボリューション』が初のF2Pタイトルとなります。わかりやすいイメージで言うと、仮想ゲーセンですね。

 ゲームソフトや筐体を買うことなく、気軽にコインで楽しむ。それを仮想的に実現したいという思いが、昔からバンダイナムコゲームスという会社自体にありました。ただ、なかなか実現できなかったのですが、今回ちょっとやってみようということになりました。

 対戦格闘ゲームは元々アーケードがルーツということもあって、遊ばれ方に特徴があるんです。ずっと遊んでいる人もいれば、20分で終わる人もいる。つまり寝る前に2~3回対戦するとか、ちょっと練習するとか。平均時間でとっても、大体1時間未満で終わっているんですね。

 なので、20分~1時間未満をフリーで遊べるくらいのバーチャルなフリーコインを用意しよう、ということになりました。そういうプレイ間隔でやっていると、平日はずっと無料で遊べてしまう。さっきTwitterを見ていたら、朝起きてプレイして、帰ってきてプレイして、という人もいました。休日だったら、食事をした後とか、数時間おきに遊んでみたい。といった感じでやっていれば、フリーでずっと遊んでいられます。

 また、週末で友だちとかとランキングマッチを真剣にやりたい時は有料コイン(プレミアムコイン)でガッツリ遊べるように、という設計にしています。なので、無料となるフリーコインは、対戦コインが5枚、CPU戦のアーケードコインが2枚という形になっています。

 この対戦用のフリーコインは30分に1個回復します。ゲームをやっていても、PS3を起動していなくても30分。アーケードコインは1人用のCPU戦なので長く遊べるようになっていまして、こちらは1時間に1個回復します。

 そして、有料で用意されているのがプレミアムコインです。このプレミアムコインを使って対戦に勝つと、プレミアムコインの代わりとして使えるプレミアムチケットが1枚もらえます。つまり、実際にはありえない話ですが、対戦で100%勝ち続ければ最初のプレミアムコインだけで永遠に遊べてしまいます(笑)。

『鉄拳レボリューション』

 ゲーセンの対戦格闘ゲームって、朝に100円を入れて、夕方までその100円でずーっと勝ち続けている人がいるんですが、プレミアムコインでそれを再現したかったんです。逆に、ゲーセンは閉店になるとその100円がなくなってしまいますが、本作では勝ち逃げでチケットを使わないこともできます。勝ったままであれば残ったままになるんですね。

 なぜプレミアムコインじゃなくて、プレミアムチケットがもらえるのかというと、法律の関係で購入されたものをそのまま戻すことができないんですね。なので同様のチケットということで採用しています。

 これが『鉄拳レボリューション』の基本的なモデルです。今のところそこにしか課金要素がないので、気軽に遊べる対戦格闘ゲームということで考えてもらえればと。

→キャラクターの成長要素を導入した理由とは?(2ページ目へ)

(C)2013 NAMCO BANDAI Games Inc.

1 2 3 4

データ

▼『鉄拳レボリューション』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PS3
■ジャンル:FTG
■配信日:2013年6月12日
■価格:無料(アイテム課金制)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。