News

2013年9月22日(日)

『新生FFXIV』パッチ2.1後、ユーザーのプレイサイクルは変わる――初の大型アップデートについて吉田直樹氏にインタビュー

文:ほっちゃん♂

『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア コレクターズエディション』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 スクウェア・エニックスより8月27日から正式サービスが開始されたPS3/PC用MMORPG『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア(以下、新生FFXIV)』。本作最初の大型アップデート“パッチ2.1”の情報が、現在開催中の“東京ゲームショウ2013”で行われたプロデューサーレターLIVEで公開された。

 その発表を受け、パッチ2.1の詳細を『新生FFXIV』のプロデューサー兼ディレクター・吉田直樹氏に伺った。“クリスタルタワー”などの新たなコンテンツの追加やパーティマッチング機能の拡張、その他多くの調整が行われるとのことなので、気になる方はぜひとも目を通していただきたい。

→クリスタルタワーでは『FFIII』の最強装備もドロップ? パッチ2.1情報総まとめ!

■パッチ2.1後、プレイヤーのプレイサイクルは変化する

――本日のプロデューサーレターLIVEで詳細が発表されたパッチ2.1に関してお聞きします。先日発表されたパーティ募集用の掲示板はどのようなものになるのかお聞かせください。

『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』

 『旧FFXIV』をプレイされていた方はイメージしやすいかもしれませんが、自分のやりたいコンテンツを希望しておくと募集している人が誘ってくれる感じですね。最初から導入しなかった理由は、まずファインダーに慣れてほしかったらです。エンドコンテンツにアイテムレベルの制限をかけなかったのも、条件を満たしていない人たちにとって、いきなりシャッターを閉められている状態よりは、1回やってみて「装備を鍛えるか!」となったほうがいいと考えました。

 確かにレリックウェポンを所持している人にとってはストレスになるのでしょうが、その装備を持って「“古城アムダプール”は簡単だよ」というプレイをおすすめしたいのではなく、最初は全員混ざった状態にして「このコンテンツに挑むには装備を整えたほうがいい」という情報がネット上で拡散されてからシステム的なラインを引くことで、新規サーバーでも理解のあるプレイヤーが増えます。そうすると、これからゲームを始める新規の方たちにそのことを教えてあげられますよね。

『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』 『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』
▲“狼たちの檻 ウルヴズジェイル”

 あとはレガシープレイヤーと『新生FFXIV』からスタートダッシュする人たちの差を早く埋めてあげたかったという意図もあります。これでようやく『新生FFXIV』の第一陣ができあがり、後発の人たちを引っ張っていってくれると思います。

 また、ファインダーにもいくつかの機能が追加される予定です。今考えいているのはベストプレイヤーを選べるシステムで、ランダムマッチングした時のみ自分以外のプレイヤーに投票できます。ベストプレイヤーに選ばれたプレイヤーにはポイントが与えられ、それと引き換えにマウントやマイチョコボ用のオシャレ装備を入手できるようになります。これによって後発の方をサポートするプレイヤーも恩恵を受けられるようになりますし、MMORPGを理解できるプレイヤー自体も増えていってくれると思います。

 あとは蛮神戦、トークンダンジョン、レベリングダンジョンといったものにランダムで1日1回獲得量が増えるボーナスが付きます。なのでパッチ2.1以降は、ログインしたらまず、新たに追加予定の“蛮族デイリークエスト”とランダムマッチングをプレイするというサイクルになっていくと思います。

『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』 『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』 『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』
▲ハウジング

――こう聞くとパッチ2.1で変わっていく部分が多くなりそうですね。

 便利さの裏にある懸念部分が浸透していくと思いますので、それを制限するいくつかのルールを実装していく予定です。最初から縛ってしまうことはできるだけしたくなく、やはり基本は自由でありたいと思っていて、「なるほど、こういうシチュエーションになるなら、ルールは必要だね」と納得性があってから、ルールや規制が導入されたほうがいいと思っています。モンスターと戦うのは冒険者共通の目的なのですから、一緒に戦えばいいじゃないですか、とまず考えます。

 それと同じで、まずはみんなと一緒に遊んでください。ただ、いくつかルールは必要になってくるので、今後はそれを立てていきます。ここで言うルールというのは、悪いプレイをする人がいるから制限をかけるものではなく、「いいことをしたほうがお得だから、そういうプレイをしていきましょう」というものにしたいです。

■アイテム交換用トークンはパッチのタイミングで集めやすくなるよう調整

――“古城アムダプール”の話が出ましたが、9月14日のメンテナスで道中のモンスターを一切無視して進む攻略法が修正されましたね。

 更新内容にもコメントを載せましたが、今後もあのような推奨プレイではないものはしっかり修正させていただきます。その他に10月中旬にかなりの調整と修正が入ります。あとはパッチ2.1に公開を予定していたアイテム整理機能も、できるだけパッチ2.1より前倒しに実装したほうがいいよね、という話を皆川(リードUIアーティスト、皆川裕史氏)としていました。プレイヤーの皆さんからフィードバックを多くいただいている件については、柔軟に対応しようと考えています。コストがギリギリなので、お約束はできませんが、最大の努力はしていくつもりです。

――パッチ2.1で追加される予定のクリスタルタワーですが、当初想定していた難易度を引き下げて実装されるとのことでしたが、具体的にどのような感じになるのでしょうか?

 元々は、24人で3本くらい同時に回っている縄を飛ぶようなイメージの難易度だったんですが、さすがに1人がミスしたら即全滅はしんどいだろうと。とあるシチュエーションの話になりますが、パーティA、B、Cが遠くに見える状態で、3本の橋を渡りながら同時にモンスターを殲滅しいく……。他にも、とあるボスに関しては24人全員で挑んでもらったり、また別のとあるボスに関しては3つのパーティが分断して対処しなければいけないなど。3本あった縄飛びの縄を1本にしたり、速度を遅くしたり、3本をそれぞれ8人に振り分けたり、という感じでしょうか。ファインダーにも対応するので、参加者を集めることに関してはそんなに難しくないと思います。

『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』 『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』

――24人での攻略となると、フリーカンパニーでも場合によっては人数が足りないという状況になってしまうので、そこは安心しました。攻略の目標となる装備も用意されているんでしょうか?

 もちろんです。

――名前からして“オニオンシリーズ”や“クリスタルシリーズ”をイメージしてしまいます。クリスタルタワーで出る装備のアイテムレベルは大迷宮バハムートのものを超えるのでしょうか?

 いえ、超えません。最終的なアイテムレベルは決定していませんが、パッチ2.1の段階ではまだ大迷宮バハムートの装備が最強な状態を維持します。今の大迷宮バハムートは邂逅編となっていますが、パッチ2.2で次のシーズンが開始するので、そのタイミングでそれぞれのコンテンツの難易度を緩和し、今まで言ってきたパッチが進めば誰でもクリアできるようになることを体感していただけるかと思います。

『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』
▲クリスタルタワー外観

 パッチ2.1でも新しいダンジョンが1つ、既存ダンジョンのハードモードが2つ、『旧FFXIV』にあった“善王モグル・モグXII世”戦とそれを含めた各“極”蛮神戦、メインストーリーのとあるボスのハードモードが追加されます。そこで“アラガントームストーン:神話”を入手できるコンテンツが増えるとともに、“アラガントームストーン:哲学”が集めやすくなります。さらにパッチ2.2では神話が入手しやすくなり、上位のアイテム交換用トークンが登場し、各トークンをメインにプレイしている人たちで波ができるのが、現段階で目指しているMMORPGの形ですね。

『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』 『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』 『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』
▲大迷宮バハムート

――神話のほうは1週間の入手上限が設けられていますが、パッチ2.2でそれも緩和されていくのでしょうか?

 はい、1回の入手量が増えていきますので。そうすることでトッププレイヤーが持っていたアイテムレベルの装備をプレイヤー全体が入手しやすくなり、それをそろえて大迷宮バハムートに挑んでもらいます。さらにダンジョン内では強力な専用バフがパーティメンバー全員に付与されるので、現状よりかなり攻略しやすくなるはずです。トッププレイヤーの方たちはさらに上を目指して突っ走っていただければと思います。

――ものすごく気になっていることがあるのですが、キングベヒーモスやオーディンの出現条件はあるのでしょうか?

 オーディンはサーバーコントロールで3日に1回出現するようになっているので、僕たちでも制御不能です。キングベヒーモスに関しては、現状2段階あるベヒーモスのF.A.T.E.の続きがいずれパッチで公開されると思いますので、それをお楽しみにください。

――2体ともとんでもなく強いですよね。

 集まってきた大勢のプレイヤーがなぎ倒されていく光景を見て、MMORPGっていいなぁと改めて思いました(笑)。

――F.A.T.E.はワイワイ感があって楽しいです。

 インスタンスダンジョンはしんどく感じてしまう方もいるので、F.A.T.E.でこつこつといろいろなクラスを楽しむのも全然アリだと思っています。パッチが進んでコンテンツが緩和されたら挑戦していただければいいですし、周りに自分以外の人がいるからこそ楽しいのでなんでもかんでもパーティで遊ぶ必要はないんです。最近、F.A.T.E.がおいしすぎるから得られる経験値を下げたほうがいいんじゃないかと言われますが、極端にバランスを崩さない限り、楽しみはそれぞれなので「不味くするから他へ行ってください」ではなく、他においしいものもできたので「こちらも食べませんか?」のほうがいいと考えています。

→クリスタルタワーでは『FFIII』の最強装備もドロップ? パッチ2.1情報総まとめ!

(C)2010-2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
ILLUSTRATION: (C)2013 YOSHITAKA AMANO

データ

▼『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア コレクターズエディション』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS3
■ジャンル:MMORPG
■発売日:2013年8月27日
■希望小売価格:9,800円+税
▼『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS3
■ジャンル:MMORPG
■発売日:2013年8月27日
■希望小売価格:3,143円+税
▼『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア コレクターズエディション』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PC
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年8月27日
■希望小売価格:オープン
 
■『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア コレクターズエディション』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PC
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年8月27日
■価格:オープン
 
■『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』ダウンロード版
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS3
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年8月27日
■価格:3,300円(税込)
▼『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア コレクターズ・エディション』ダウンロード版
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS3
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年8月27日
■価格:5,300円(税込)
▼『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』ダウンロード版
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PC
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年8月27日
■価格:オープン
▼『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア コレクターズ・エディション』ダウンロード版
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PC
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年8月27日
■価格:オープン
▼『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』サービス概要
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS4/PS3/PC(対応OS:Windows Vista/7/8)
■ジャンル:RPG(オンライン専用)
■サービス開始日:PS3・PC版 2013年8月27日/PS4版 未定
■プレイ料金:
 クレジットカード/スクウェア・エニックス Crysta……エントリー 1,344円(税込)/30日、スタンダード 1,554円(税込)/30日
 ゲームカード……30日利用券 1,554円/60日利用券 3,108円

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。