総合 > 電撃App > 記事一覧 > いいから日本語で書け。おかんのメモの謎のうざさとカオスを感じる不思議なアプリ
2015-12-14 08:10

いいから日本語で書け。おかんのメモの謎のうざさとカオスを感じる不思議なアプリ

文:Taka

 Rie Murataが配信するiOS用アプリ『謎解き母からのメモ』を紹介します。奇妙な世界観が炸裂する本作に挑戦しました。

『謎解き母からのメモ』

 本作は、母が残していったメモ書きを見て、何を伝えたかったを理解して、淡々と回答する謎解きゲームです。

 ただ、そのメモは非常に奇抜なものや暗号らしいメモまでさまざまな物があります。現実でも書置きやメールなどの変換ミスで暗号化することがありますが、そういう部分をゲーム化したアプリだと思います。

 また、おかん特有の謎の遊び心や、それを有無を言わさず押し付けてくるうざさ的な部分もうまく再現されている気がします。まあ、深読みをし過ぎている気もしますけどね。

メモに隠された謎を解け

 本作は非常にシンプルで、はじめに問題にメモを見て、何を伝えたいか考えます。

『謎解き母からのメモ』
▲ゲシュタルト崩壊を起こしそうなメモです。
『謎解き母からのメモ』

 次に、回答をタップして空欄の所に答えを入力して回答します。

『謎解き母からのメモ』

 正解だと答えの解説が出て、不正解だと“それは違うようだ…”と容赦なく表示されます。

『謎解き母からのメモ』
『謎解き母からのメモ』

 問題に正解するとポイントがもらえて、最後に解説を見ることができます。

『謎解き母からのメモ』
▲普通に日本語で書け、と思う瞬間でもあります。

 ポイントは問題のヒントを見る場合に役立ちます。なお、ポイントは1日1回もらえるので、ポイント不足によってヒントは得られないということはない親切な仕様になっています。

『謎解き母からのメモ』

奇抜でユーモアがあふれる素敵なメモの数々

 ゲームは母が残したメモを解くだけですが、そのメモの奇抜さが素敵です。この作品の母の奇妙な世界観に感動しながらも、問題を解くために熱中して、思わず時間を忘れてしまいます。

『謎解き母からのメモ』

 一体、母は何を伝えたいのか、普通に書けばいいのにと思いながらも、2問目の足の形をした謎の物体の生物絵と“区”と書かれたメモのセンスに心を奪われます。この、奇抜な世界観は私のお気に入りです。

『謎解き母からのメモ』
▲このセンスに嫉妬を感じます。いいセンスです。

 とりあえず、この問題を解くのに区に注目します。私はこの区をヒントだと考えました。理由は直感で、理論的なことは考えていません。ですが、その直感から区は何かの地名であることだと導き出しました。

『謎解き母からのメモ』

 そこから、“あしく”と入力します。ばっさりと“それは違うようだ…”と表示されます。

 私は次の手を考えます。この足の形をした謎の物体生物は2本足で立っています。「足が立っている区」と声に出して考えてみました。すると、ふと頭の中で何かが閃きます。

『謎解き母からのメモ』

 私はすぐに閃いた言葉を入力します。入力した言葉は“足立区”です。東京23区の北東部に位置した場所にある区です。

 入れた言葉を入れ終え、わくわくしながら“OK"をタップします。

『謎解き母からのメモ』
▲解説を見るたびに普通に書いてくれと思うのは私だけでしょうか。

 正解が表示されて10ポイントをゲット。問題は少し難しく感じますが、丁寧に考えていくことで、答えを導きだすことができます。

 そして、次は謎の形と対に数字が描かれています。記号は何かと関連してるらしく、その関連を導く問題のようです。

『謎解き母からのメモ』

 とりあえず、11という数字を適当に入れて回答してみました。結果は不正解です。適当にやったので間違っているのは確かです。とりあえず、この記号の意味を考えてみることにしました。

 でも、今回は直感が働かずに何も閃かずに15分と過ぎて行きます。まさに、時間泥棒。答えを求めて熱中してしまう魅力があります。

 ヒントを使えば簡単に行くかと思いますが、自力で解きたいという達成感を得たいのでヒントは使わないプランで行きます。

 いろいろと悩み、時間が過ぎていきます。少し他の問題をやりつつながら、わかる問題は1分もかからずに答えが導き出せます。

 結局、何もわからずふと、壁にかけてる時計を見て閃くことに! ヒントは時計でした。数字で描かれた時計でなく、秒針があるタイプの時計です。

 各記号と数字は時計の秒針、つまり時間を表していたのです。となれば、“?”の部分は“9”ですよね。

『謎解き母からのメモ』

 すぐに答えを入力して、結果は正解。解説を読んでみるとほとんど推理通りなのですが、最後の一文の“朝か夜に戻るかわからない”というところは想像していませんでした。そういう意味では、解説を読むことも楽しみの一つ、いわばご褒美と言えるでしょう。

『謎解き母からのメモ』

 なお、これらのメモはほんの一部です。ヒントなしでやると、時に難しい問題がでてきます。しかし、時間を掛けて問題を解く楽しみを味わえるゲームです。

『謎解き母からのメモ』
『謎解き母からのメモ』
▲数々の謎のメモ。おもわず、いろいろと言いたくなります。

おススメ問題を紹介

 この記事の例題を見て、「なんだ、簡単じゃんかよ」と思ったアナタ。そんなIQが高そうなアナタに、いくつかオススメの問題をピックアップしてみました。

 はたして、アナタが導き出した答えは本当にあっているのか? ぜひ、アプリで答え合わせをしてみてもらえればと思います。

『謎解き母からのメモ』
▲NO.29“ここにいます”。どこだよ。
『謎解き母からのメモ』
▲NO.52“買ってきます”。何を?
『謎解き母からのメモ』
▲NO.57“綺麗だよ”。綺麗なの?
『謎解き母からのメモ』
▲NO.71“戦ってきます”。なんのために?

 お察しのように、問題のタイトルはヒントにもなっているわけですが、いったいこの母親がどんな生活をしているのか不安になることも多々あります。

 そういう空気感が気になった人も、ぜひ遊んでみてもらえればと思います。

アクセスランキング(過去1週間)

  1. 1

    『FGO』期間限定イベント“バトル・イン・ニューヨーク 2018”が9月19日より開催

  2. 2

    イケメン悪魔のために魂集め!? スマホゲーム『闇夜にはじまる悪魔な恋術(かけひき)』配信開始

  3. 3

    『FGO』“バトル・イン・ニューヨーク”の詳細が公開。ギルガメッシュ(アーチャー)のピックアップ召喚開催

  4. 4

    『ロマンシング サガ』の完全新作『ロマサガRS』とHDリマスター版『ロマサガ3』が発表

  5. 5

    『アズレン』のTVアニメ化が決定。制作は監督・天衝氏が新設立したバイブリーアニメーションスタジオが担当

  6. 6

    【FGO攻略】“バトル・イン・ニューヨーク 2018”のイベントクエストを解説(随時更新)

  7. 7

    【FFRK情報】4周年イベントで歴代強敵が登場するダンジョンやミニゲーム“なわとび”、無料40連装備召喚などが実施

  8. 8

    アプリ『青鬼オンライン』が配信。最大100人で生き残りを目指すオンライン・サバイバルゲーム

  9. 9

    『SAO インテグラル・ファクター』ユーザーアンケート結果が到着。さまざまな要望に竹内Pの答えは?

  10. 10

    『オルサガ』新UR“プレンシェル(声優:楠木ともり)”のイラスト・スキル・タクティクスを独占公開

[集計期間:09月15日~09月21日]

ページ
トップへ