News

2016年2月1日(月)

『SAO ホロウ・リアリゼーション』ステージで、二見Pが実機プレイを披露【台北ゲームショウ2016】

文:電撃オンライン

 1月28日から2月2日まで台湾で開催中の“台北國際電玩展2016(台北ゲームショウ2016)”。31日には、バンダイナムコエンターテインメントブースにて、PS4/PS Vita用ソフト『ソードアート・オンライン ―ホロウ・リアリゼーション―(以下SAO HR)』のステージが行われた。

『ソードアート・オンライン ―ホロウ・リアリゼーション―』
▲登壇したのは、本作のプロデューサーを務める二見鷹介氏。

 ステージでは台湾のファンに向けて、『SAO HR』の注目ポイントを解説。4人パーティが可能になったことや、完全オリジナルストーリーのアクションRPGであることを紹介した。

『ソードアート・オンライン ―ホロウ・リアリゼーション―』
▲アスナのコスプレをしたコンパニオンさんも登壇。

 また、台北ゲームショウ2016に出展している本作の試遊台の内容を、二見氏自らプレイ。フィールド奥にいるボスも攻略し、歓声が上がっていた。

『ソードアート・オンライン ―ホロウ・リアリゼーション―』
▲中文版では、キャラクターの会話も当然中文仕様に。集中精神!
『ソードアート・オンライン ―ホロウ・リアリゼーション―』
▲ボス戦に挑む二見氏。スキルを使用したほうが楽に戦えると、ユーザーにアドバイスしていた。

 ところでみなさんは、各キャラクターが中文版でどのように表記されるかご存知だろうか? 以下に、ステージのスクリーンに表示された紹介をまとめてみた。

『ソードアート・オンライン ―ホロウ・リアリゼーション―』
▲キリト
『ソードアート・オンライン ―ホロウ・リアリゼーション―』
▲アスナ
『ソードアート・オンライン ―ホロウ・リアリゼーション―』
▲シリカ
『ソードアート・オンライン ―ホロウ・リアリゼーション―』
▲リズベット
『ソードアート・オンライン ―ホロウ・リアリゼーション―』
▲プレミア。プレミアは中文版でも英字で〝Premiere”と表記されるようだ。

 キリトがシンプルに“桐人”と表記される一方で、ヒロインたちの名前にはあまり日本で使用しない漢字があてられており、新鮮な印象になっている。

 台湾でも大人気の『SAO』ゲームシリーズ。最新作『SAO ―ホロウ・リアリゼーション―』の期待度の高さも感じるステージだった。なお、電撃オンラインでは、本作のプレイ動画を公開している。こちらもぜひチェックしていただきたい。

(C)2014 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAOII Project
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

データ

イメージ
▼『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』
■メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
■対応機種:PS4
■ジャンル:ARPG
■発売日:2016年10月27日
■希望小売価格:7,200円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』
■メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:ARPG
■発売日:2016年10月27日
■希望小売価格:6,100円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。