News

2016年5月14日(土)

『ガールズ&パンツァー 劇場版』渕上さん&尾崎さん&生徒会チームへの独占インタビューをお届け!

文:てけおん

 2015年11月21日の上映開始からおよそ半年が経過し、5月21日から新規上映館38館を含む全国153館の劇場での上映&再上映が決定した映画『ガールズ&パンツァー 劇場版』。本作に出演している声優陣のインタビューをお届けしていく。

『ガールズ&パンツァー 劇場版』
▲こちらはインタビューに答えてくれた声優陣。左から渕上舞さん、尾崎真実さん、福圓美里さん、高橋美佳子さん、植田佳奈さん。

 このインタビューは、3月20日に開催された“大洗春まつり 海楽フェスタ2016”のキャストトークショー終了後に行われたもの。インタビューに答えてくれたのは、渕上舞さん(西住 みほ役)、尾崎真実さん(五十鈴 華役)、福圓美里さん(角谷 杏役)、高橋美佳子さん(小山 柚子役)、植田佳奈さん(河嶋 桃役)の5人。

 イベントの感想に加えて、現在も絶賛上映中で5月27日にBD&DVDが発売予定の『ガールズ&パンツァー 劇場版』についてのお話も渕上さんたちにうかがったので、ぜひご一読いただきたい。

●動画『ガールズ&パンツァー 劇場版』BD&DVD 5.27発売告知CM

――“大洗春まつり 海楽フェスタ2016”に参加したご感想をお聞かせください。特に生徒会の皆さんは初参加となりましたが、いかがでしたか?

『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
▲下の画像は、大洗ホテルに展示されていた杏たちのパネル。

福圓さん:今回初めて参加させていただいて、どういう空気感なのかとか全然わからないままだったんですけど、大洗の方たちも遠方から来られた方も、全員がいい盛り上がり方をしていて、とても楽しい時間を過ごせました。いいですよね、こういうの。海を見て、美味しいものをいただいて、『ガルパン』の看板と写真撮ったりトークショー見たりして。私も参加者の1人のように、楽しませてもらってます。来られてよかったです!

――遠方から来られた方が、というお話がありましたが、今回はなんと海外からいらっしゃった方もいたようで。

福圓さん:そうなんですね。それで大洗のことを好きになってもらったりしたら、すごくいいことだなって思います。とてもうれしいです。

植田さん:ステージに上がってみたら、とても多くの方にお越しいただいたことがわかってびっくりしました。昨日から大洗には来てたんですけど、いろんなお店に『ガルパン』グッズが置いてあったりして、町中が『ガルパン』を応援してくれてるんだなってことがすごく伝わってきて、来てよかったなと思いました。

高橋さん:ステージでも触れたんですけど、これまで呪いのように「大洗に行きたい」と言っていましたが……(笑)。九州のイベントでお会いした大洗まいわい市場の常盤良彦さんに「私たち生徒会の3人は大洗にお呼ばれしてないんですよ!」って訴えた結果、こうやって来ることができて、なんて言うか“勝ち取った”感があって、いま達成感でいっぱいです(笑)。お祭りに行く、大洗に足を踏み入れるという夢が叶いました!

渕上さん:私と尾崎さんはあんこう祭などで何度も大洗に来させていただいていますが、今回は朝一番のステージに出た時、お客さんの数に驚きました。本当に朝早いのにもかかわらず、これまでの海楽フェスタ以上、あんこう祭に負けないくらいの熱気を感じました。劇場版が公開されて新たに『ガールズ&パンツァー』を好きになってくれた人が増えたのかなって、その光景を見て、すごくうれしい気持ちでいっぱいになりました。

尾崎さん:今回の海楽フェスタってアニメのイベントというわけではなくて、地元のお祭りの中でトークをする時間をいただいている形で開催していて、町にガルパンが溶け込んでいていつも本当に素敵だなと思っています。前のほうにいらっしゃってるお客さんの顔を見ると、すごく楽しそうにされていて、それが今日の天気のさわやかさとも結びついて、すごく清々しく、そしてとても楽しくなりました。

 そういう時間をお客さんと共有できたことをすごくうれしく思います。今回は生徒会の皆さんも来てくれたので、そこもうれしいですね。これまではあんこうチームでイベントに出ることが多かったので。また大洗で、チームの枠を超えたキャストの皆さんと一緒にイベントをやれればなぁ、と思います。

渕上さん:大洗にキャスト集合ってことになったらもう大変なことになりそうだね。

尾崎さん:ホテルの部屋が足りないかも……(一同笑)。

『ガールズ&パンツァー 劇場版』
▲こちらは“大洗春まつり 海楽フェスタ2016”のキャストトークショーの様子。

――では続いて、高橋さんにおうかがいしますが、今回ステージ上であんこう音頭を踊られて皆さんのド肝を抜いたと思うんですが、感想はいかがですか?

高橋さん:抜いたんですかね(笑)。私も、踊った側として、みんなが私のあんこう音頭を見てどう思ったのかな、地元の人とかにどう受け取られたのかなと、気になってます(笑)。

植田さん:うれしかったと思うよ。

高橋さん:そう思ってもらえたなら、win-winですね(一同笑)。私もあんなたくさんの人の前で踊ることになるなって予想していなかったです。あの踊りって滑稽じゃないですか。

――罰ゲームになるくらいですからね。

高橋さん:決してキレイな踊りではないんですけど、それをあんなたくさんの人の前で踊っちゃったことが、おもしろくなっちゃいました。「やったった!!」って感じです。

――皆さんは高橋さんの踊りを見て、どうでしたか?

福圓さん:まず「上手だな……!」って思いました(笑)。動きがまったく違うんですよ。

高橋さん:3年くらい踊っているからね!

渕上さん:腰つきとかにキレがありましたよね(笑)

尾崎さん:一緒に踊れたらついていこうと思ってたんですけど「これは無理だ」と思ってあきらめました(笑)。

植田さん:踊る前に「一緒に踊ってよ~」って言われていたから、やろうとしてたんですけど、2フレーズ目か3フレーズ目でもう追いつけなくなって、気づいたら見入ってましたね。

高橋さん:私、もしかしてこれ特技だったのかな?(笑)。高評価でよかったです(笑)

福圓さん:アライッペ(大洗町のマスコットキャラ)にも負けてなかった。

高橋さん:私はずっと踊ってたから隣のアライッペが何をしてたか知らないんですけど、何をしたんですか?

――オリジナルの振り付けを披露していましたね。

植田さん:次はあんこうスーツを着てやってほしいですね(笑)。

高橋さん:あんこうスーツはイヤですけど、あんこうスーツのパジャマはカワイイから一度着てみたいですね。またちょっとネットをざわつかせたいです。今度は他のメンバーにも特訓してもらって一緒に踊りたいですね。特訓すれば余裕ですよ!

――じゃあ高橋さんが先生になって……

高橋さん:「もっと腰いれてっ!」なんていったりしてね(笑)。

一同:生徒会っぽいノリだ~!!(笑)

――次のイベントでそれが見られることに期待します(笑)。続いてですが、ステージでも発表されましたが映画の興行収入が16億円を突破して、動員数が100万人をこえる大ヒットとなりました。こちらについて一言いただけますか?(※5月11日現在は興行収入19億円を達成!)

渕上さん:“100万人”って、パッて聞いても想像できないくらいの人数ですよね。あんこう祭の来場者が10万人とか11万人って聞いた記憶があるんですが、その10倍となると、それほど多くの方に映画を見ていただけた、『ガールズ&パンツァー』を知ってもらえたことは、アニメが始まる時、役をいただいた時から考えたら、不思議な気持ちになるくらいです。

 こういう言い方は失礼になってしまうかもしれませんが、最初はこんなに大きな作品になるとは正直なところ思っていなかったので、振り返ってみると、その成長ぶりが実感できる数字だなって思います。

――アニメ放映当時から見ていた人の中にも、同じように思っている人は多いかもしれません。

渕上さん:アニメでは4話ではじめて戦車道の試合形式になったんですけど、それまで戦車の存在感ってそんなに大きくなかったと思うんですよね。作品の中でもそうですし、視聴者の受け止め方でも。私たちですら演じていて戦車と女子ってそんなに馴染みがないのかなって思ってたんですが、今ではとても考えられませんよね。ここまで製作陣の作戦だったのかなって。だったらスゴイな、と(笑)

尾崎さん:どこまで手のひらの上なのかなって思うよね。

渕上さん:監督、みほに似てるんですよね。ニコニコしてるけど、実はすごい作戦練ってるところとか。

――皆さんはいかがでしょうか?

福圓さん:100万人って想像もつかない人数だから、一度集めてみたくなりますね。

尾崎さん:大洗の人口が1万8000人くらいで、100万人って政令指定都市のレベルだって聞きました。大洗に100万人って入りきるんですかね?

――難しいと思います。大洗までの交通機関や周辺の道路が大変なことになってしまうんじゃないかと。

尾崎さん:もう想像できないレベルですよね。この前、映画のチケットを取ろうとした時、4DXで見たかったのですが全然チケットが変えなくて、ツイッターで「チケット取れない」ってつぶやいたらフォロワーさんから「見に行くんですけど、なんだかスミマセン」って返ってきて、いや、見に行ってくれるのはうれしいと思う反面、行けないって言ってる人もいて「ごめんなさい」って気分にもなりました。

―― 一部の劇場では、いまだに(3月20日時点)チケットが取りづらいですからね、

尾崎さん:ふらっと行ける感じじゃないですよね。昨年公開して、もう春になるわけですけど、それだけ多くの方に愛していただいて、足を運んでいただいているからだなと。もうこれはひとえに皆様のおかげだなと感じています。

――福圓さんはいかがですか。

福圓さん:今回の劇場版は、まずストーリーがしっかりしているから1回目は普通に楽しめて、それからなんと言っても戦車戦のクオリティがものすごく高いんですよね。海楽フェスタのステージで渕上さんも言っていたことですが、みほちゃんの目線で戦車を動かしてるように見える点を取っても、とてもクオリティが高いです。

 それに各戦車ごとの動きや音響、さらに立川(立川シネマシティ)の極上爆音上映や4DXなど、映画館ならではの楽しみ方ができますよね。キャストさえも何回も見に行く映画って、なかなかないと思うんですよ。そんな風に、作品に身近な人間ですら「また映画館に行きたい」と思うってことは『ガルパン』ファンの皆さんが公開を待っていてくれていたからこそ、そしてそれに応えられる作品だからこそだなって思います。

 すごいと思うと同時に、なるべくしてなったのかなという気持ちもあります。細部にまでこだわって作った側と、それを熱意をもって受け止める側のコール&レスポンスが作った100万人なんだなと思います。

――確かにキャストの方が個人的に何度も映画館に足を運ぶ映画って、なかなかないですよね。

福圓さん:私はまだ4DXで見てないので、ぜひ見に行きたいと思います。こんなに4DXに向いている映画って、なかなかないと思うんですよ。

尾崎さん:すごいですよ! 雨が降ってくるシーンなんて、本当に水が降ってくるんで、結構濡れちゃいますし。

福圓さん:そうなんだ! やっぱり4DXで見てみたい!(笑)

――植田さんはどうでしょうか。

植田さん:みんな結構真面目なこと言ってる……(笑)。100万人が見ていて興収16億って聞くと、……ボーナス欲しいですね!(一同笑)

 こうやってイベントをやっていただいたり、作品が長く続くこと自体が私たちにとってはボーナスと言えるのかもしれないですね。やっぱり、こんなに大きな作品になったのは応援してくださる皆さんのおかげだなって実感しています。またこうやって、皆で大洗に呼んでいただくなど“甘い汁”を吸いたいですね(笑)。

高橋さん:悪い女だ~!!(植田さん笑)

――高橋さんはいかがですか。

高橋さん:私は周りの人、よく会うスタッフさんたちに『ガルパン』を勧めていたら、そのあと5回見に行ったとか6回見に行ったと聞いたので、この100万という数字はリピーターさんに支えられている部分もあると思うんです。私はこれまでで一番好きな映画でも劇場まで見に行ったのは3回なんですよ。

 でも『ガルパン』はもう3回行っちゃいましたし、次は4DXで見たいと思っているので、もし行ったとしたら記録更新なんですが……自分が出てる映画4回も見に行くって、なんか自分大好きな人みたいですけど(笑)、それだけおもしろくてすごい作品なんだなって思います。

 何がこんなにおもしろいんだろうと考えてみると、やっぱりストーリーやキャラたちのやり取りがおもしろいんでしょうね。私は戦車に詳しくないですし、見ていて戦車がんばってるな、かわいいなとは思うんですけど、それ以上に物語の軸がしっかりしていて、最初から最後まで飽きさせないっところが魅力なんだと思います。100万人の皆さん、本当にありがとう!

――続いて生徒会の皆さんにうかがいますが、劇場版の収録で印象に残っていることはありますか。

福圓さん:収録中ではないんですけど、収録日にみんなでお昼ご飯を食べに行こうという話になって、おケイさんこと川澄さんが連れていってくれたんです。でも、目当てのお店がお休みで困っていた時に、川澄さんが見せた機敏さというか「ハイじゃあこっち!」みたいな切りかえの早さが、とてもケイらしくて(笑)。かわりに入ったお店でも注文とかとてもキビキビしていて、そのことが印象に残っていますね。

――じゃあ、もう川澄さんの言うがままだったと。

福圓さん:そうですね。私は杏みたいにいざという時にテキパキできるタイプではないので「ありがとうございます、じゃあパスタで」みたいに流れに乗っていました。

――植田さんはいかがでしょう。

植田さん:私は別日に収録したんですが、やっぱり劇場版だけに収録全体で何日も時間がかかっていて、キャストの数もとても多かったですね。とても忙しい現場で、別の収録の合間に一時間だけ来ました、みたいな方もいて、よくこれだけのキャストを集めたなあと感心しました。

尾崎さん:香盤表(出演キャストの一覧表)がすごいことになっていましたよね。行間がほとんどないくらい詰まっていて。

福圓さん:香盤表にキャストが書いてあるんですけど、出てくるカットの番号も一緒に載ってるんですよ。これ洗い出すの大変だっただろうなぁって思っていました。収録も後半になっていくと書かれているカット番号が違っていたりするんですけど、それくらいセリフの量がぼう大だったということで、キャストだけでなくスタッフの皆さんも本当に大変だったんだなと心労が伝わってくる思いでした。

――高橋さんはどうでしょうか。

高橋さん:私は佳奈ちゃん(植田さん)と一緒だったので、桃ちゃん柚子ちゃんの掛け合いのところは一緒に演じることができました。その時に録った「せっかく作った書類、もういらなくなっちゃうのかな」と柚子ちゃんがつぶやくシーンがあるんですけど、そこですごく柚子ちゃんになることができた実感があったんです。

 他のキャストさんがたくさんいたら“ザ・『ガルパン』”という感じでにぎやかにできるんですが、その時はたまたま他の方がほとんどいない状況で。物語として印象に残っているのは、会長が学校の存続のために走り回っている間の桃ちゃんと柚子ちゃんのやり取りですね。桃ちゃんは頼りないわけじゃないけれど芯が弱いところがあるので、「私がしっかりしなくちゃ!」みたいな柚子ちゃんの気持ちと一体化できたみたいで、その部分が印象に残っています。

――ありがとうございます。続いてイベントでも“今後の展開希望”について少し言われていましたが、皆さんが見てみたいシーンやキャラクターのエピソードなどはありますか。

福圓さん:もう、いっぱいありすぎて……。今回はピンチの時にこれまでのライバル校の皆さんが助けに来てくれるという王道の熱い展開だったんですが、じゃあこの後どうなるの? 見てみたい! って気持ちがありますね。アンチョビ戦みたいに時系列が戻るのもいいんですが、私としては“劇場版の後”が見たいです。

尾崎さん:“劇場版の後”というのであれば、1年生たちに後輩ができたら……なんて展開も見てみたいですね。

植田さん:あっ、生徒会(卒業して)がいなくなっちゃう!(笑)

尾崎さん:しまった!(笑) そこはOGとして来ていただくということで……。

高橋さん:みんなと一緒がいい!(一同笑)

福圓さん:もう教官になっちゃうとかもいいかもね。

――渕上さんはいかがですか?

渕上さん:個人的にはみほがお母さんとちゃんと仲直りする話が見たいですね。劇場版ではお姉ちゃんとの絆をしっかりと見ることができたんですが、お母さんとは、実家に戻った時にも顔を合わせられなかったので、そこはどうなるんだろうって気になりますね。

『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』

渕上さん:今行った話とはまったく路線が違いますけど、もしも大洗の女の子たちがケンカしたらどんな感じになるのかなって、少し興味がありますね

――ケンカですか!?

渕上さん:みんな、何かがあっても最後は一致団結するじゃないですか。もちろんその様子がとても魅力的ではあるんですけど、だからこそたまには「そうは言うけどさ……」「いや、こっちのほうが……」みたいな展開があってもいいのかなあと。

福圓さん:みんな、素直でいい子だもんねえ。

渕上さん:仲よくなっていろんなことが言いあえるからこそケンカするってことはあると思うんですよ。だから、たまには揉めてほしいなって。

『ガールズ&パンツァー 劇場版』

植田さん:唯一揉めるのは桃くらいだもんね(笑)。

渕上さん:絆がガッチリと固まった今だからこそ、そういったところも見てみたいなって思います。

福圓さん:でも、もめるとしたら誰だろうね? 意外と華さんとか?

植田さん:新キャラが入ってきて、その娘との関係がきっかけで……みたいな展開ならありえるかも?

渕上さん:みほがいよいよキレたりというのもおもしろいかも? 「いい加減にしてくださいっ!」って。

尾崎さん:みほって本気で怒ったらどうなるんだろう。全然しゃべらなくなったりするのかな。

福圓さん:そう考えるとみほちゃんって新しいタイプの主人公だよね。あんまり喜怒哀楽を表に出さないというか。特に怒とか。

渕上さん:わーい、キャッキャウフフみたいなのもあまりないですしね。

福圓さん:未熟な子が喜怒哀楽をあらわにしながらっていうのが普通の展開だと思うんですけど、そんな中で大物感がありますよね。「西住ちゃんに任せとけば大丈夫!」みたいな、周囲の信頼もあついですし。

高橋さん:手が震えてるシーンとかもあるんだけど、周りの人に助けてもらいながら乗り越えていける子だよね。「もう駄目だぁ」みたいにはならない。

福圓さん:なんか逆に、すごくくだらないことでキレてほしいね(笑)

渕上さん:「だ、大事なボコのぬいぐるみがない! 誰が取ったの!」みたいな(一同笑)。

――では続いて劇場版のBD&DVDについてお伺いします。キャストコメンタリーの収録をすでに終えたとのことですが、いかがでしたか?

『ガールズ&パンツァー 劇場版』
▲こらはBlu-ray特装限定版BOXイラスト。

渕上さん:「長かった……」というのがパっと頭に思い浮かぶ感想です。そもそもこの劇場版がアニメ映画としては2時間と長いので、見るのは全然大変じゃないんですが「はたして2時間続けて話せるかな?」という不安が大きかったです。始める前に、ここでこのこと話そうとか大体決めていたんですがそれでも不安で。でも、やってみたら意外と、大きな間がなくしゃべることができました。

――コメンタリーで盛り上がったのはどの部分ですか?

渕上さん:クライマックスは全員映画に集中するから「ハラハラするね!」くらいだったんですが、一番盛り上がったのは今後の展望についてですね。現実的なものではなくて、こんなことやりたいねとか、こんなお話が見たいねみたいな。それこそ“ガルパンランド”作りたいね、みたいな(笑)。TVアニメの最終巻でもやらせていただいたんですけれど、あれから月日が経って、今改めてどう思うかとかについて話していたら、いつの間にか収録が終わっていて、ちょっとびっくりしました。

尾崎さん:きれいな形で締めることができたよね。

渕上さん:そうそう、終わりもちゃんとしてね。あんこうチーム5人でそうやって、これまでの振り返りから今後のことについてまで、ちゃんと言えたのはいい機会だったなぁと思います。より皆との絆が深まったと感じられたというか。

尾崎さん:その“ちゃんと終わることができた”というのもチームワークを感じ取れたからじゃないかなと。やっぱり5人で話をするとなると、ある程度連携が必要になりますよね。

渕上さん:特に最後、私が仕切るんですけど、私が仕切ってあんなにキレイに終われることめったにないなぁと(笑)。

尾崎さん:コメンタリーの内容としては、目の前のシーンだけじゃなくて「初めての先行上映会、どしゃ降りだったよね」みたいな話もしています。2時間あるので、いろんなことを話しましたね。

植田さん:初めての先行上映の天気って……。すごい記憶力!

尾崎さん:イベント周りとかも多かったのでそういった話もしていたら、なんか枠は決まっていたけど、すごくとりとめのない感じになっていったんですね。でもそれが映画のラストに向かって集約していったというか。

渕上さん:いや本当にいろんな話をしていたので、よくまとまったな、と思います。映画の内容から今まであったいろんなことまでたくさん話しているので、お菓子を食べながら気楽な感じで聴いていただければうれしいですね。

――ありがとうございます。では最後に劇場版をまだまだ楽しんでいるファンの方や、BD&DVDの発売を心待ちにされているファンの方に一言メッセージをいただけますか。

福圓さん:何度も劇場に足を運んで方もたくさんいらっしゃるということですけれども、今後はお家でも何度も見ていただけるということをうれしく思います。新作の特典OVAは、かなりかわいいデキになっているので、こちらも楽しみにしていただければ。「あっ、この子こんな顔もするんだなー」って気持ちになれると思いますし、また大洗に事件が起きるので、それも楽しみにしていてください!

植田さん:映画館で見るたびに新しい発見があるとお手紙やツイートをたくさんいただいてきました。その中にDVDやBDになれば一時停止もできるので、それでもっとじっくり見たいという声もありました。DVDが出ることで好きなシーンを何回でも見られるようになるので、ぜひお家で、お友だちと見て楽しんでいただければうれしいです。

高橋さん:あらゆる年齢層の人にオススメできる作品として、すごく胸を張れるものになっているので、DVDやBDが出たら家族で見ていただいたりしてほしいと思います。ぜひ、おじいちゃんおばあちゃんも誘ってご覧ください。実はうちの父が戦車を題材にしているということで、なんか怪訝な顔をしていたんです。なのでDVDが出たら一緒に見て、エンターテイメントとして戦車を扱っているだけで、とてもおもしろいものなんだよと知ってもらおうと思います!

尾崎さん:これまでの舞台挨拶などでもお話しさせていただきましたが『ガルパン』は、これまでの自分の人生の中でも、特に自分に元気をくれる作品です。たとえばちょっと落ち込んじゃった時とか、もうちょっとがんばりたい、元気出したいなって時に見るとパワーをもらえる作品じゃないかなと思うので、ぜひお手元に置いていただいて、いろんな時に見てもらればうれしいなと思います。

渕上さん:DVDやBDになることで、好きなシーンだけを繰り返してみたり、全体をちょこちょこと区切って見たりと、自分のペースで見られるようになります。そうやって今後も『ガルパン』を楽しんでもらえれば。それと同時に特典もいろいろあります。

 特にコメンタリーは監督さんたちや私たち、ミリタリースタッフさんと3パターンもある(※Blu-ray特装限定版以外はキャストコメンタリーのみ収録)ので、声優陣のファンの方だけでなく、『ガルパン』という作品そのものが好きな方や、戦車が好きな方もきっとご満足いただけるんじゃないかと思います。音楽の面でも私と愛里寿ちゃんを演じた竹達さん(竹達彩奈さん)が『ボコのうた』を歌っていたり、本当になんでもアリな『ガルパン』ですけど、これからも楽しんでいただけたらうれしいです!

――ありがとうございました。

(C)GIRLS und PANZER Projekt
COPYLIGHT(C)MITO HOLLYHOCK ALL RIGHTS RESERVED.
記事中の蝶野正洋さんの写真は、茨城県大洗町の提供によるもの。

データ

▼『ガールズ&パンツァー 劇場版』Blu-ray特装限定版
■販売元:バンダイビジュアル
■発売日:2016年5月27日
■品番:BCXA-1123
■希望小売価格:9,800円+税
 
■『ガールズ&パンツァー 劇場版』Blu-ray特装限定版の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『ガールズ&パンツァー 劇場版』Blu-ray通常版
■販売元:バンダイビジュアル
■発売日:2016年5月27日
■品番:BCXA-1122
■希望小売価格:7,800円+税
 
■『ガールズ&パンツァー 劇場版』Blu-ray通常版の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『ガールズ&パンツァー 劇場版』DVD
■販売元:バンダイビジュアル
■発売日:2016年5月27日
■品番:BCBA-4768
■希望小売価格:6,800円+税
 
■『ガールズ&パンツァー 劇場版』DVDの購入はこちら
Amazon.co.jp
その他のおすすめ記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。