News

2016年9月18日(日)

今井麻美さんが『アイマスVR』プレイのために本気モード!? イベント“IM@S GAME SHOW 2016”をレポ【TGS2016】

文:てけおん

 9月15日~18日に千葉県・幕張メッセで開催された“東京ゲームショウ2016”バンダイナムコエンターテインメントブースのステージイベント“IM@S GAME SHOW 2016”をレポートしていきます。

“IM@S GAME SHOW 2016”

 こちらのステージには、今井麻美さん(如月千早役)、原由実さん(四条貴音役)、福原綾香さん(渋谷凛役)、大橋彩香さん(島村卯月役)、原紗友里さん(本田未央役)、といった声優陣に加えて、バンダイナムコエンターテインメントの坂上陽三プロデューサーが出演。ゲームプレイやトークを繰り広げました。

 まず最初は、『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ(デレステ)』のコーナーに。ここでは先日神戸で開催された4thライブの話が飛び出していました。

“IM@S GAME SHOW 2016”

 神戸2日目の公演ではサプライズゲストとして福原さんと原紗友里さんが出演し、ニュージェネレーションズが勢ぞろいとなったのですが、この時大橋さんが思わず涙してしまい、サプライズで登場したはずの福原さんと原紗友里さんが逆に驚かされたとのことです。

 神戸2日間に出演した大橋さんは、新曲『BEYOND THE STARLIGHT(ビヨンド ザ スターライト)』を披露できたことや、ゲーム内のアイドルたちと一緒に踊れるようなモニター演出が印象に強く残っていると話してくれました。

 続いて、2チームに分かれて『デレステ』の対抗戦を行うことに。チーム分けは、原由実さんと原紗友里さんによる“原”チームと、今井さん&大橋さんの2人による“ノット原”チーム。名前に“原”が入っている福原さんは、ジャンケンの結果“ノット原”チームに所属することになりました。

“IM@S GAME SHOW 2016”
▲大橋さんと原紗友里さんが、福原さんをかけてジャンケンで勝負!

 この対抗戦は、後ほど行うPS VR『アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション』の試遊をかけたものだったのですが、そのことが坂上さんから発表されるや、今井さんのテンションが急激にアップ!

 “ノット原”チームは『BEYOND THE STARLIGHT』の難易度プロに挑戦することになりましたが、今井さんがフォーメーション(誰がどこをタッチするか)を細かく指示。結果、見事クリアしました。

“IM@S GAME SHOW 2016”

 続く“原”チームは、あまりリズムゲームが得意でない原由実さんを、原紗友里さんがフォロー。『とどけ!アイドル』の難易度プロに挑戦しこちらもしっかりクリア。両チームともクリアしましたが、スコアが高かった“ノット原”チームに軍配が上がりました。

“IM@S GAME SHOW 2016”
“IM@S GAME SHOW 2016”

 ここでいったん休憩兼告知のコーナーに。1周年を迎えた『デレステ』に中居正広さんのぷちデレラが登場していることや、間もなく始まるゲーム内イベント“ラブレター”を紹介。

 このイベントでプレイできる楽曲『ラブレター』が少しだけお披露目され、会場のプロデューサーたちをよろこばせていました。

“IM@S GAME SHOW 2016”

 また、『アイドルマスター プラチナスターズ』の告知では、DLCカタログ第3号の新曲『アマテラス』と新衣装“月読華舞和装(ツクヨミノカムワソウ)”を初披露!

“IM@S GAME SHOW 2016”

 『アマテラス』は、“大好き”を歌に乗せて届けるディスコポップナンバー。読み方の難しい“月読華舞和装”は、和の装いをモチーフにしながらも、大胆におへそを見せるセクシーな衣装です。

“IM@S GAME SHOW 2016”
“IM@S GAME SHOW 2016”

 この他に、『きゅんっ!ヴァンパイアガール』や『迷走Mind』の2曲がゲームに追加されるとのことです。

“IM@S GAME SHOW 2016”

 ここで、先ほどの勝負の続きに。今度は『アイドルマスター プラチナスターズ』をプレイしていくことになったのですが、“原”チームはDLCカタログ第2号で追加された『僕たちのResistance』を、そして“ノット原”チームは先ほど発表された新曲『アマテラス』をプレイ。

“IM@S GAME SHOW 2016”
“IM@S GAME SHOW 2016”

 和気あいあいとした“原”チームとは対照的に、“ノット原”チームは今井さんが陣頭指揮を執り、役割分担をキッチリ決めるガチモード。両チームとも“エクストリームバースト”をしっかりと決め、ゲーム内もTGS会場も盛り上げましたが、“ノット原”チームがポイントで上回り、VRのプレイ権利をもぎ取りました。

“IM@S GAME SHOW 2016”

 “ノット原”チームが勝利をおさめ、めでたしめでたし……かと思いきや、なんとPS VRで舞浜に行けるのはたった1人だと坂上Pから発表! 以前プレイしたという大橋さんは辞退し、福原さんと今井さんがジャンケンし、気迫で勝利した今井さんが試遊できることになりました!

“IM@S GAME SHOW 2016”
▲最初は福原さんに譲る姿勢を見せた今井さんでしたが、最終的にジャンケンで権利を勝ち取りました!

 PS VRを準備している間に、またまた告知のコーナーに。ここではなんと、台湾での『アイドルマスター』初の単独公演が発表! 大きな盛り上がりを見せていました。

“IM@S GAME SHOW 2016”

 大きな発表を終えたところで、『アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション』のプレイ準備が完了。今井さんが『Yes! Party Time!!』を体験する時間がやってきました。ステージの上にある巨大モニターを見て(コール禁止のため静かに)動きのみで盛り上がる多くのプロデューサーさんと同じく、今井さんも激しい動きで大盛り上がり。

“IM@S GAME SHOW 2016”

 プレイが終わった後に放心状態になっていた今井さんでしたが、PS VRを外すと、この日出演した声優陣で唯一『アイマスVR』をプレイしていた大橋さんと、感動をわかちあっていました。ちなみに、電撃オンラインでも本作のレビューを掲載していますので、気になった人はご一読ください。

 ここでイベントは終了の時間に。“IM@S GAME SHOW 2016”を含むバンダイナムコステージの模様は、ニコニコ生放送のタイムシフトで10月1日まで楽しむことができますので、残念ながらリアルタイムで見られなかったという人は、チェックしてみてくださいね。

■“東京ゲームショウ2016”開催概要
【開催期間】
ビジネスデイ……2016年9月15日・16日10:00~17:00
一般公開日……2016年9月17日・18日10:00~17:00
※一般公開日は、状況により9:30に開場する場合があります。
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込)
※小学生以下は無料

(C)窪岡俊之 (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc. 協力:舞浜アンフィシアター

その他のおすすめ記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。