News

2017年4月3日(月)

【電撃PS】『カオチャ らぶchu☆chu!!』発売記念。アフィリア・サーガのユミさん、マホさんにインタビュー!

文:電撃PlayStation

 電撃プレイステーション Vol.635に掲載された、PS4/PS Vita用ソフト『CHAOS;CHILD らぶchu☆chu!!』発売記念インタビュー。

 ここではOPテーマ“非合理的かつ訂正不能な思い込み”を歌う“アフィリア・サーガ”より、ユミさんとマホさんへのインタビューを全文掲載します。

『CHAOS;CHILD らぶchu☆chu!!』
▲アフィリア・サーガのユミさん(左)とマホさん(右)。

⇒“イケてるハーツ”舞波和音さん、宇咲美まどかさんへのインタビューはこちら

「アイドルなのにこんな歌を歌っていいのかな?」と思うようなフレーズが盛りだくさん

――自己紹介をお願いします。

マホ&ユミ:私たちは愛と勇気と魔法の乙女、アフィリア・サーガです! よろしくお願いいたします!!

マホ:アフィリア・サーガの委員長をやってます。みんなの妹マホです。よろしくお願いいたします。

ユミ:アフィリア・サーガの名古屋出身ゆみちーことユミです。よろしくお願いいたします。

――ありがとうございます! せっかくなのでお互いの印象を教えてください。

マホ:ユミは最近いちばん新しく入ったメンバーで、グループにフレッシュな空気をもたらしてくれるムードメーカーです。元気のかたまりで、元気過ぎてたまについていけないときもありますが、いっしょにいるとすごい楽しいです(笑)。

ユミ:マホさんは私のような新しいメンバーたちともすごく仲良くしてくれるグループの架け橋的な存在です。また、委員長としてグループのことをいつも考えていて、ひと一倍仲間のために行動してくれます!

――マホさんは委員長になったことで責任感も増しましたか?

マホ:そうですね。ただ、前の委員長が辞めてから私が委員長になるまでに1年ぐらいあり、そのあいだもみんなをまとめたりしていたので、委員長になったから何かが変わったというわけではないですね。新しく入ったメンバーもしっかりしているし、自分が一番とは思わないですが、大切な役は今後しっかりできるようになればいいなと思っています。

――後輩も増えたと思いますが、彼女たちはカワイイですか?

マホ:はい! わたしは末っ子で親戚のなかでも一番下だったので、自分より下の子をかわいがることがなかったんですよ。だからメンバーが分からないところを聞きに来てくれるとお姉さんになった気分になってうれしいです(笑)

ユミ:マホさんは私が暴走したときも助けてくれますし、頼りになるお姉さんです!

――続いて『CHAOS;CHILD らぶchu☆chu!!』のオープニングテーマ“非合理的かつ訂正不能な思い込み”の魅力や聴きどころを教えてください。

動画:アフィリア・サーガ“非合理的かつ訂正不能な思い込み”AfiliaSaga MusicClip FullVer.

マホ:私はこの曲の「越えられない壁なら壊せばいい」というフレーズが大好きです。私たちもアイドルという壁をぶち壊しながら歌っているので共感できるんですよね。また、この曲は「アイドルなのにこんな歌を歌っていいのかな?」と思うようなフレーズが盛りだくさんです(笑)。

 『CHAOS;CHILD』のファンの方が聞くとニヤリとする歌詞になっていますが、アフィリア・サーガというアイドルが歌っていると思うとさらに楽しくなれると思います。かわいいところからカッコよくなる曲調の変化もあわせて楽しんでもらえたらうれしいです!

ユミ:この曲は作詞/作曲が志倉千代丸さんなので、『CHAOS;CHILD』だけでなくアフィリア・サーガのことも考えて作詞してくれたのかなと感じるところがあります。2番の歌詞で「アイドルだって理性の開放」「女の子には魔法が使える」、など『CHAOS;CHILD』とアフィリア・サーガの世界観がイイ感じに合わさっていて好きです! あとはコールアンドレスポンスができる場所がたくさんあり、ライブでも人気の曲になっています。ぜひこの曲でいっしょに盛り上がってもらいたいです!

『CHAOS;CHILD らぶchu☆chu!!』

――現在はオープニングムービーが公開されていますが、映像を見てみた感想はいかがですか?

動画:PS4/PSVita『CHAOS;CHILD らぶchu☆chu!!』オープニングムービー

マホ:ひとことで言うとエッチだなと思いました(笑)。最初はメンバーのみんなと一緒に見たのですが、プラグがうにゅうにゅと動いたりするところで、みんなで叫んでいました。ただ、あとから冷静にひとりで観てみたらキャラクターはすごいかわいいし、わたしたちの歌のリズムに合わさた動きをしたりしていて、すごく楽しかったです!

ユミ:私も最初見たときはスゴイ攻めるてるなと思いました(笑)。あと、拓留がキャラクターの履歴書にこまかく情報を書きこんだり、画面のキーワードに対して「関係ねぇ!」「関係ねぇ!」と連呼しながら一カ所だけ「関係なくねぇ!!」と言っていたりと、すごく作り込まれていてい驚きました!

――おふたりは『カオスチャイルド』のアニメはご覧になっていますか?

マホ:はい! 毎週アニメを観ながら、その先まで追い越さないようにゲームのほうもプレイしています(笑)。

ユミ:私もアニメとゲームを同時に楽しんでいます。ゲームは自分で事件の資料を整理できるので新聞部の一員になったみたいで楽しいです。妄想トリガーのシーンもおもしろくて、ひとりでニヤニヤしながら楽しんでいます(笑)。

マホ:『CHAOS;CHILD』に限らず科学アドベンチャーシリーズに登場する女の子はみんなかわいいのですが、うきちゃんが本当にかわいいんですよ! 少しロリコン気味なところがある私は、初めて出てきたときから一気に彼女のことがが好きになってしまいました(笑)。

 ただ、今いちばん気になっているのは拓留です。私の中ではクールなイメージだったんですけど、『らぶchu☆chu!!』のオープニングムービーでイメージが崩れて「なにが本当の拓留なんだろう……」と考えるようになってしまいました(笑)

ユミ:私は『CHAOS;CHILD』ではホラーシーンが印象に残っています。音の演出も怖くて思わず耳を塞ぎたくなってしまいます……! 最近は舞台になっている渋谷を歩くのも怖いです(笑)

――『CHAOS;CHILD』といえば妄想トリガーですが、おふたりは普段どんな妄想をしますか?

マホ:わたし自身はポジティブですが、自転車に乗っているときに「ここにピアノ線があったら首が取れちゃうんだなー」とか変なネガティブ妄想をすることも多いです(笑)。

ユミ:私は好きなアニメのキャラクターのことを考えたりします。喫茶店に入ったときなど、「もしもいっしょにいたら何を飲むのかな?」と妄想して楽しんでます。

――本作での“ニュージェネレーションの狂気の再来”は前作と異なり、平和的な内容の事件として描かれています。お二人のあいだで最近起こったプチ事件はありますか?

マホ:“ユミがセクシーじゃない事件”ですね。

ユミ:え!?

マホ:ユミが最近セクシーを目指しているらしくて、吐息を混ぜたりウィスパーでしゃべったりと工夫しているのですが、やればやるほど残念な感じになっていくんです(笑)。

ユミ:(笑)。私は、同期メンバーのカオリの家に泊まったあと、彼女の部屋に自分の家のカギを忘れて帰ってしまったのですが、カオリがそのあと2度寝してしまったため連絡が取れず、途方に暮れたという事件がありました(笑)。

――それは大変でしたね(笑)。おふたりは普段ゲームをプレイされますか?

マホ:スマホのゲームが好きで、ツイッターにもすぐガチャ結果の画像をあげています。でも最近は欲しいキャラクターがでなくてブルーになっています。最近も10連ガチャをしたのに出なかった画像を上げてファンのかたになぐさめてもらおうとしたら……。

『CHAOS;CHILD らぶchu☆chu!!』

――出ている画像がリプで送られてくるんですよね(笑)

マホ:そう! 煽られるんですよ(笑)。だから私も意地になって期間限定ガチャの画像を上げて、「限定のガチャは今日までだね」ってコメントを入れたりして対抗しています(笑)。

ユミ:マホさんはずっとアプリのゲームをやっていますよね(笑)。わたしはやる時期とやらない時期で分かれるタイプです。ハマッているときは移動中でもプレイするようになり、今もアプリ版の『CHAOS;CHILD』をやっています。

 あとはゲームではないのですが映画を観るのが好きで、一週間に5本のペースで観ています。今はアフィリア映画部というハッシュタグを作って感想をツイートしたりしています。最近は『アメイジング・スパイダーマン』と『ビッグ・フィッシュ』、『奇跡のシンフォニー』『きみに読む物語』、『グラン・ブルー』などを観ましたね。

――おふたりがゲームプロデューサーになれるなら、どんなゲームを出してみたいですか?

マホ:アフィリアの世界観を取り込んだパズル系のゲームを出したいです! 『パネルでポン』みたいな単純だけどハマッちゃうゲームがいいですね。

ユミ:私は自分の好きなタイプのアイドルを作って育成するゲームを作りたいです! ユニットを組んだらパート割とかも自由に編成できるようにしたいです。

――よく考えるとアイドルが作るアイドル育成ゲームって豪勢ですね(笑)。さて、それではおふたりの今後の目標を教えてください。

マホ:埼玉公演で「今年、アフィリア・サーガは大改革をします」と言ったので、気合を入れてがんばります。まだ詳細は何にも言えないのですが、ぜひ注目しておいてほしいです。

ユミ:私もメンバーになって1年が経っているので、今度は新メンバーが加入したときにいい先輩になれるようにがんばります!

――最後に読者にひとことお願いします。

マホ:アフィリア・サーガは全員が個性的なオタクで、もちろんゲームも大好きなので『CHAOS;CHILD らぶchu☆chu!!』を一緒に楽しんでいきましょう!

ユミ:アフィリア・サーガはたくさんアニメやゲームの曲を歌っています。無料ライブもやっているのでぜひ一度会いに来てほしいです!

アフィリア・サーガ公式Twitter
⇒マホさんTwitter
⇒ユミさんTwitter

NEWシングル“非合理的かつ訂正不能な思い込み”は4月19日発売!

『CHAOS;CHILD らぶchu☆chu!!』
▲CDのジャケットビジュアル。

非合理的かつ訂正不能な思い込み

作詞/作曲:志倉千代丸
編曲:久下真音
発売日:2017年4月19日
発売元:Stand-Up! Records
販売元:クラウン徳間ミュージック販売株式会社

【DVD付盤】
■ジャケットには、キャラクターデザインのささきむつみ氏描きおろしイラストを使用!
■尾上 世莉架(CV.上坂すみれ)による限定モノローグドラマ“微睡を誘うは罪なき声律―”を収録!
■初回封入特典として、PS4/PS Vitaで使用できるカスタムテーマのダウンロードコードを封入!
■エンハンスド領域には『CHAOS;CHILD らぶchu☆chu!!』OPムービーを収録!

データ

▼『電撃PlayStaton Vol.635』
■プロデュース:アスキー・メディアワークス
■発行:株式会社KADOKAWA
■発売日:2017年3月30日
■定価:639円+税
 
■『電撃PlayStation Vol.635』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『CHAOS;CHILD らぶchu☆chu!!』
■メーカー:5pb.(MAGES.)
■対応機種:PS4
■ジャンル:ADV
■発売日:2017年3月30日
■希望小売価格:7,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『CHAOS;CHILD らぶchu☆chu!!(限定版)』
■メーカー:5pb.(MAGES.)
■対応機種:PS4
■ジャンル:ADV
■発売日:2017年3月30日
■希望小売価格:9,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『CHAOS;CHILD らぶchu☆chu!!(ダウンロード版)』
■メーカー:5pb.(MAGES.)
■対応機種:PS4
■ジャンル:ADV
■配信日:2017年3月30日
■価格:7,000円+税
▼『CHAOS;CHILD らぶchu☆chu!!』
■メーカー:5pb.(MAGES.)
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:ADV
■発売日:2017年3月30日
■希望小売価格:7,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『CHAOS;CHILD らぶchu☆chu!!(限定版)』
■メーカー:5pb.(MAGES.)
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:ADV
■発売日:2017年3月30日
■希望小売価格:9,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『CHAOS;CHILD らぶchu☆chu!!(ダウンロード版)』
■メーカー:5pb.(MAGES.)
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:ADV
■配信日:2017年3月30日
■価格:7,000円+税

関連サイト

電撃PlayStation

最新号紹介

  • 電撃PlayStation Vol.674

    電撃PlayStation Vol.674表紙画像

    [ 5月号 ] 2019年3月28日発売
    特別定価:880円+税

    【表紙&冊子付録】
     SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE
    【毎号付録】デンプレコミック #28
    【Visual Gallery】岸田メルの世界
    【特集企画】『戦国無双』シリーズ15周年
     クリエイターに聞く忘れられないPS4ゲーム
     歌広場淳×ふ~どの格闘ゲーマー座談会
    【POWER PUSH】イースⅨ / 閃の軌跡Ⅳ
     SAO FB / 勇者ネプテューヌ
    【電撃特報】
     ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団
     殺人探偵ジャック・ザ・リッパー
    【MONTHLY DEEP】Days Gone
     EDF:IRON RAIN / ラングリッサーⅠ&Ⅱ
     スターリンク バトル・フォー・アトラス
     コール・オブ・クトゥルフ ほか
    【BRAND NEW】進撃の巨人2 -Final Battle-
     デート・ア・ライブ 蓮ディストピア
     アライアンス・アライブ / PixARK
     GRANBLUE FANTASY Versus
    【話題作】ルルアのアトリエ
     スパロボT / LoveR(ラヴアール)
    【Online Game】PSO2 / Anthem
     バトオペ2 / FFXIV / FFXI
    【コード付録】戦国無双シリーズ
     ルルアのアトリエ / LoveR(ラヴアール)
     エンゲージプリンセス / DDON / MHF-Z

    >> 詳細はこちら