News

2017年9月23日(土)

『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット』発売日が決定。新情報は随時追記【TGS2017】

文:てけおん

 バンダイナムコエンターテインメントは、開発中のPS4/Xbox One/PC(Steam)用ソフト『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット』を、2018年2月8日に発売することを明らかにしました。

【追記その3】“ソードアート・オンライン ゲームLIVE in TGS2017”の模様を追記しました

『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット』

 これは、9月23日に東京ゲームショウ2017のバンダイナムコブースで実施されたステージイベントで発表されたもの。このステージでは、他にもさまざまな情報が明らかになりました。

 ステージで明らかになった情報は、こちらの記事に追記していきますので、本作を楽しみにしている人は、追記をお待ちください。

キリトたちの新デザイン衣装が公開

 キリトやアスナといった、本作に登場するキャラクターたち6人の新デザイン衣装が公開されました。これらの衣装については、コミック『SAO ファントム・バレット』や『SAO プロジェクト・アリシゼーション』を手掛ける山田孝太郎先生が衣装デザイン協力をしているとのことです。

『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット』
『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット』

主人公はプレイヤー自身!

 本作では、コンシューマで展開する『SAO』ゲームシリーズでは初めてプレイヤー自身が主人公となります。

 アバターキャラは性別・体型・髪型などをカスタマイズ可能で、ステータスの振り分けや使用武器もプレイヤーの思い通りにチョイスできます。

『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット』
▲こちらは主人公のアバターの一例です。

 また、ストーリーについては、“プレイヤー自身の選択と代償の物語”になると説明がありました。“選択”が本作の物語のコンセプトであることはキーマンインタビューでも触れられているとおりです。

2人の女性キャラクターと、サポートAIの登場が判明

 本作にはクレハとツェリスカという2人の女性キャラクターと、物語の鍵を握るサポートAI・アファシスが登場するようです。はたしてどのような形で物語に絡んでくるのでしょうか?

『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット』
『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット』
『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット』
▲ポッドの中でまるで眠りについているかのようなこの少女が、サポートAI・アファシスです。

DLCの配信が決定

 本作には、全3弾のダウンロードコンテンツを制作予定であることが明かされました。こちらは3弾すべてがセットになったシーズンパスなども用意されます。さらに、ダウンロード版とシーズンパスがセットになったプレミアエディションもあるとのことです。

『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット』
『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット』

初回限定生産版や早期購入特典などの情報も

 9月25日より、本作の予約受付が順次スタートします。ステージでは早期購入特典や、初回限定生産版の情報も公開されました。

『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット』
▲初回限定生産版は、PS4版のみとなっています。

 早期購入特典は、ゲーム内で使用できる特別な衣装“アスナSAO衣装”と、ゲーム内で使用できる特別な武器“銀の銃”です。

『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット』

 PS4ダウンロード版の限定特典は、本編序盤の一部エリアを発売日より前に先行プレイできる“βeater’s Player権”になります。

『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット』

最新映像が公開!

 最後に、このステージで公開された最新PVをお届けいたします。上で紹介したクレハ、ツェリスカ、アファシスたちの姿が確認できますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 各種発表が行われた“ソードアート・オンライン ゲームLIVE in TGS2017”の模様を追記します。

 このステージには、松岡禎丞さん(キリト役)、日高里菜さん(シリカ役)といった声優陣をはじめ、三木一馬さん(ストレートエッジ)、柏田真一郎さん(アニプレックス)たちアニメのキーマン、そしてバンダイナムコエンターテインメントからは二見鷹介P、デスガン・藤田P、竹内智彦Pの3人が登場。

 まずは、かつてTGSステージで土下座を賭けて公約したことを達成できたかどうかを確認していくことになりました。

“ソードアート・オンライン ゲームLIVE in TGS2017”

 三木さんの掲げた公約は、小説『ソードアート・オンライン』を打ち切りをさせないこととハリウッドでの映画化でした。前者については問題なく達成。そして後者については映画ではないものの、現在ハリウッドでの実写TVドラマ企画が進行中で、現在は制作チームを組んでいる段階とのことです。

 柏田さんの公約は、アニメの展開が2期で終わらないようにというもの。すでに公約時点で『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の公開が予定されており、その点に日高さんからツッコミが入ったものの達成と認められていました。

 そして二見Pの公約は、VRに対応したゲームを作るというもの。先日発表された『SAO レプリケーション』プロジェクトを発表したことで達成できたかと思いきや、三木さんから「本当はVRMMOを作る、《ソードアート・オンライン》を作ると言っていましたよね?」とツッコミが入り、“進行中……?”とちょっと煮え切らない結果に。

“ソードアート・オンライン ゲームLIVE in TGS2017”

 この“……?”があだとなり、三木さん、柏田さん、二見Pの3人で土下座することに。三木さんが「実際に完成すれば土下座も笑い話になるから」と言うと、二見Pは「何年かかるかわかりませんが、がんばりましょう!」とやる気をのぞかせていました。

“ソードアート・オンライン ゲームLIVE in TGS2017”

 そして、今年のステージでも、三木さん、柏田さん、二見Pの3人が今後の目標を掲げることに。三木さんの目標は、“VRMMO小説大賞を作る”というもの。これは、《ナーヴギア》や《ザ・シード》などの『ソードアート・オンライン』に登場した技術的設定を共有し、新たな作品を作るものだそうです。

“ソードアート・オンライン ゲームLIVE in TGS2017”

 川原礫先生もこれには乗り気のようで、川原先生は“この大賞に投稿すること”を目標にすると三木さんを通して発表していました。

“ソードアート・オンライン ゲームLIVE in TGS2017”

 そして柏田さんは、『ソードアート・オンライン』を“10年続くコンテンツにする”との目標を掲げました。初のアニメ化から今年で5年目となるので、ちょうど折り返し。柏田さんは「3年前に言っても説得力はなかったかもしれませんが、そろそろ言っても大丈夫かな?」とのこと。

“ソードアート・オンライン ゲームLIVE in TGS2017”

 二見Pの目標は、“《アリシゼーション》編のゲーム化”。元々二見Pは、小説『ソードアート・オンライン』に登場したすべてのVR世界をゲームにすることを目標としており、現在は《ガンゲイル・オンライン》を舞台にしたゲームがデスガン・藤田Pのもとで制作中です。実際にゲーム化されるかどうかはこれからの話ですが、二見Pは「がんばります!」と気合十分にコメントしていました。

“ソードアート・オンライン ゲームLIVE in TGS2017”

 その後、『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット』の新情報とiOS/Android向けの完全新作オンラインRPG『ソードアート・オンライン インテグラル・ファクター』の情報が発表されたり、9月17日に誕生日を迎えた松岡禎丞さんをサプライズでお祝いしたりして、イベントは終了。

“ソードアート・オンライン ゲームLIVE in TGS2017”
“ソードアート・オンライン ゲームLIVE in TGS2017”
▲キリトさんからは花束が、日高さんからは松岡さんを模したパペットが松岡さんに贈呈されました。

 10月1日のイベント“電撃文庫 秋の祭典2017”でも、まだまだ発表されていないゲームの情報をいろいろと出していくとのことなので、ファンはこちらにも注目していてくださいね。

“ソードアート・オンライン ゲームLIVE in TGS2017”配信アーカイブ

■東京ゲームショウ2017 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデイ……2017年9月21日~22日 各日10:00~17:00
 一般公開日……2017年9月23日~24日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込)
※小学生以下は無料

※情報は発表日現在のものです。発表後、予告なしに内容が変更されることがあります。
※ゲーム画面は開発中のものです。
(C)2016 川原礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。