News

2018年1月6日(土)

『モンハンワールド』アップデートではモンスター以外の仕掛けも用意。やり込み要素や幅を広げる遊びが存在

文:げっしー

 1月5日に配信された、PS4用ソフト『モンスターハンター:ワールド』の生放送“スペシャル公開生放送 2018 Winter”。その終了後に行われた開発者への囲み取材の模様をお届けします。

『モンスターハンター:ワールド』

 『モンスターハンター:ワールド』は、『モンスターハンター』シリーズ最新作となるハンティングアクションゲームです。新たに構築された多種多様な地形や生態系が息づく世界で、そのすべてを利用してモンスターを狩るという究極の狩猟生活を体験できます。

『モンスターハンター:ワールド』

 生放送には、プロデューサーの辻本良三さん、エグゼクティブディレクター兼アートディレクターの藤岡要さん、ディレクターの徳田優也さんが登場し、初公開となるPVや情報公開に加えて、実際にゲームを使っての紹介が行われました。

⇒イベントレポートをまとめた記事はコチラ!

 なお、囲み取材については敬称略となります。

――ベータテストの反響はいかがでしたか?

辻本:サーバーの負荷テストという意味合いもありましたが、有意義なデータが取れました。プレイしてくださったユーザーの皆さんからもとてもいい反響をいただきました。プケプケやクルルヤックは公表せずに入れていたのですが、反応していただけたのでいいベータテストになったと思います。

『モンスターハンター:ワールド』
『モンスターハンター:ワールド』

――ベータテスト時の負荷はかなり高かったのでしょうか?

辻本:そうですね。多くの人に参加していただけたので、実施してよかったと思います。

徳田:開始したのが日本時間の深夜だったにもかかわらず、想定以上の方にプレイしていただけました。

藤岡:ネットワークはいろいろなところで問題が起こるので、1回目のベータテストでそういった部分を検証できた分、2回目はスムーズに回せました。とても有意義なベータテストだったと思います。

――ベータテストテストで行われたアンケートではどのような意見が多かったですか?

辻本:オプションや操作方法に関する意見が多かったですね。今作ではいろいろと操作を変えていますが、以前の感覚でプレイできるようにも仕込んであります。今回のベータテストでは説明しきれなかった部分が結構あったので、分かりにくかった部分はしっかり伝えていこうと思います。

『モンスターハンター:ワールド』

――海外の反応はいかかでしたか?

辻本:アクションゲームとしていい評価をいただいています。海外ではまだ『モンスターハンター』に触れていない方もいるので、動画などで知ってもらいつつ、アクション部分を体験していただくという点で効果的だったと思います。

藤岡:予想以上の方に遊んでいただけたということなので、ここからどんどん広げていけたらと思います。

――イビルジョー配信PVでは専用BGMが流れていましたが、クシャルダオラ、テオ・テスカトルにも専用BGMは用意されているのでしょうか?

徳田:専用BGMを持っているモンスターに関してはしっかり用意しています。

――クシャルダオラ、テオ・テスカトルの動きは変わっていますか?

徳田:もちろん今作のためにいろいろなアレンジをしているので、挑戦しがいのあるモンスターになっています。

――今作のストーリーにはどのくらい力を入れているのでしょう?

藤岡:今までのクエスト群の中のキークエストをこなしていくというよりは、“任務”を受けてストーリーを進めていくということをより強くイメージしています。ストーリーを進めながら遊ぶということに関しては今まで以上に力を入れていました。

 今回はマルチプレイですべて遊べるので、下位から上位までしっかりストーリーラインを設計しています。なので、最後までしっかりストーリーを楽しんでいただけたらと思います。

『モンスターハンター:ワールド』

――クエスト終了時に“イベントシーンが追加されました”という表示が見えたのですが後から見返せるようになるのですか?

辻本:発売日のアップデートで“ギャラリー”を追加して、そちらで見れるようにしようと思っています。

徳田:プレイヤーはもちろん、オトモアイルーの装備や受付嬢の姿も反映されるので違う楽しみができると思います。

――今までのPVでは甲殻種や昆虫種の姿がありませんがまだ発表されていないモンスターいますか?

藤岡:まだ出し切れていない情報はあるのですが、実際に遊びながら見てほしいと思うので楽しみにしていてください。

――ソロプレイからマルチプレイに切り替わった時にモンスターの残りの体力や与えたダメージはどうなるのでしょうか?

徳田:もちろん、ちゃんと引き継がれます。与えたダメージは反映されるので無駄にはなりません。難易度もソロプレイかマルチプレイだけの違いなので人数による変動はありません。

『モンスターハンター:ワールド』

――G級クエストは用意されているのでしょうか?

辻本:まだ決めていないですね。とりあえずは現在のシステムをベースにアップデートを行いモンスターを追加していく予定です。

藤岡:やり込み要素や、幅を広げるような遊びも追加していこうと思います。

徳田:モンスター以外にもアップデートの仕掛けを用意しているので楽しみにお待ちください。

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

データ

▼『モンスターハンター:ワールド コレクターズエディション』
■メーカー:カプコン
■対応機種:PS4
■ジャンル:アクション
■発売日:2018年1月26日
■希望小売価格:15,980円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『モンスターハンター:ワールド』
■メーカー:カプコン
■対応機種:PS4
■ジャンル:アクション
■発売日:2018年1月26日
■希望小売価格:8,980円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『モンスターハンター:ワールド(ダウンロード版)』
■メーカー:カプコン
■対応機種:PS4
■ジャンル:アクション
■配信日:2018年1月26日
■価格:8,315円+税(8月2日より4,620円+税に価格改定)

関連サイト

注目記事

週間アクセスランキング

[集計期間2018年 10月15日~10月21日]

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。