『ブルー リフレクション TIE/帝』バトルのポイントはコンボとサポートメンバー。デートや工作もレポート

セスタス原川
公開日時

 コーエーテクモゲームスが発売する、PS4/Switch/PC(Steam)用ソフト『BLUE REFLECTION(ブルー リフレクション) TIE/帝』の企画記事を掲載します。

 本作は、TVアニメとゲーム2作品からなる『BLUE REFLECTION』メディアミックスプロジェクトの1つ。キャラクターデザインは、『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』から引き続き、岸田メルさんが担当し、異世界で奮闘する少女たちの葛藤や友情、青春模様が描かれます。

 今回の企画記事では、ゲームプレイしたレポートを掲載。バトルのシステムや工作など、ゲームシステムを中心に紹介していきます。

敵とギミック満載の“ココロトープ”を探索

 本作は、少女たちが生活する校舎を拠点として、“ココロトープ”という不可思議な空間を探索する作品となっています。

 “ココロトープ”には多数の敵が存在。戦いはシンボルエンカウント方式なので、早く進むために敵を避けて進んでもいいですし、あえて戦って経験値を稼いでレベルを上げつつ進んでも問題ありません。

 マップのさまざまな場所にはちょっとした移動ギミックや、敵に見つからないように進むエリアなどがあります。先に進むには頭を使ったり、探索を行ったりする箇所があり、マップを調べていく楽しさを味わえました。

コンボが強さに繋がるリアルタイムバトル

 敵との戦いはリアルタイムコマンドバトルで行われます。1本のタイムライン上をキャラクターのアイコンが移動し、その移動した範囲に応じて“エーテル”が溜まります。そのエーテルを消費してスキルを発動できる仕組みです。

 スキル使用後には使用したエーテルに応じて、アイコンがスタート位置の方向に戻り、スキル発動までのエーテルのチャージ時間に入るという繰り返しでバトルが進んでいきます。

 何度も攻撃を繰り返してコンボを繋げると、1回あたりの攻撃で与えるダメージが上昇。さらにエーテルの回復速度も上昇し、素早く次の攻撃に移れるようになります。

 エーテルの回復速度は、エーテル回復速度で表示されます。これが上昇することでスキルがより強力なものに変化。3段階目まで上がると、見た目が“リフレクター”に変化。5段階目まで上がると攻撃スピードが大きく上がった状態となり、怒涛の連続攻撃が行えます。

 攻撃をすればするほど攻撃が強くなる正のループ。長期戦になればなるほど有利になっていき、気持ちよさを味わえるのがバトルの特徴となっています。

 他にも、バトル中にはさまざまな戦略的要素があります。以下で紹介していくので、うまく使いこなして強敵に立ち向かっていきましょう。

ノックダウン

 攻撃を繰り返し当てていると、相手がノックダウン状態になり、一時的に行動ができなくなります。

 逆に、こちらのキャラクターも攻撃を受けてノックダウン状態になってしまう場合もあるので注意が必要です。

インファイト

 強敵とのバトルで発生する一騎討ち。画面が切り替わり、リアルタイムバトルとなります。自己強化、攻撃、カウンター、回避をタイミングよく使い分けて、相手にダメ―ジを与えます。

 インファイトで攻撃を与えるとコンボとして加算され、大きなダメージを与えることができるようになります。

サポートメンバー

 戦闘に参加するのは3人だけですが、他のメンバーは1人だけサポートメンバーとして支援を行えます。

 このサポートメンバーは自動でスキルを発動したり、メインメンバー同様にアイテムを使用したりと、攻撃こそできないもののバトルへの貢献が可能です。

 支援スキルはキャラクターごとに異なるので、敵の弱点や特性に合わせてメインとサポートの使い分けをしていくのがカギになるでしょう。

 バトルは忙しいわけではないのですが、いろいろな要素があるため、混乱してしまうかもしれません。ですが、1つ1つは複雑ではないので、しっかり覚えていけば、こちらの強い攻撃を当てられて、爽快さを感じられるようになるでしょう。

校舎の中で仲よくデート!

 “ココロトープ”だけではなく、校舎の中でも自由に探索が行えます。校舎の各所では少女が日常生活を送っており、他愛のない会話をしたり、“お願い”を聞いたりするうえに、校内デートを楽しめます。

 “お願い”は、依頼された材料や施設を用意してあげることで、タレントポイントを獲得できます。タレントポイントを振り分けることで各キャラクターに常時発動するタレントが発現。より戦闘を優位に進められるようになります。

 どのタレントを解放させるかの判断はプレイヤー次第。育成状況に合わせた選択が重要です。

 デートは、文字通り女の子2人で校舎を歩くモード。目的地に到達すると会話の選択肢を選ぶ特殊なエピソードが発生しました。

 デートではフラグメントと呼ばれる装備品を獲得可能。こちらも、装備することでバトル中に発動する効果を持っています。

 “お願い”とデートは、繰り返すことでキャラクターとの関係を深めつつ、タレントポイントを取得し、キャラクターの強化を行えます。“ココロトープ”の探索の合間にこまめに行っておきたい要素です。

 何より、甘い時間を過ごせるというのがたまりません。

 デートを通して、少女たちの意外な一面が見られることも……? 戦いを忘れたひと時を堪能してください。

工作で料理やアイテムを作る

 彼女たちが暮らす学校では工作を行い、生活を豊かにする料理や道具を作れます。必要な素材は“ココロトープ”の各所で収集可能なので、探索に行く際には素材の回収をしておきましょう。

 料理は、バトルで体力回復やステータス上昇など、さまざまな恩恵を与えてくれる便利なものです。こまめに工作で用意しておくことで、安心して戦いに臨めます。

 アイテムの中には、決まったものを組み合わせることで学校に施設を増設できるものもあります。作れる施設は、コンサート会場や屋台など、まるで文化祭のような雰囲気のもの。施設を訪れたときには、キャラクターたちとのエピソードが発生することもあります。

フォトモードで思い出の1枚を

 マップ中はいつでもフォトモード機能が使用できます。フォトモード中は、フィルタやフレームなどさまざまな特殊効果を利用した撮影が可能です。

 学園生活の思い出の1ページを撮影したり、“ココロトープ”の中の美しい風景を撮影したり、使い方は自由自在。彼女たちとの思い出を残しましょう。

体験版配信中

 “プロローグパート”と“ストーリー体験パート”がプレイできる体験版が配信されています。詳細は公式サイトを確認のこと。

 キャラクター情報、世界観、ゲームシステムとあわせて確認して、ゲームに備えてください。


企画記事

©コーエーテクモゲームスAll rights reserved.
©2021 EXNOA LLC / コーエーテクモゲームス
©コーエーテクモゲームス/AASA
※画面写真は、PlayStation4で開発中のもの。

関連する記事一覧はこちら