『WORLD WAR Z』クラス攻略3。使いこなせれば強力なヘルレイザー&エクスターミネーター【電撃PS】

電撃PlayStation
公開日時

 H2 INTERACTIVEより好評発売中のPS4ソフト『WORLD WAR Z』。本作は、Paramount Pictures制作の同名映画をもとに、ゾンビによって崩壊した世界を描くアクションシューティングです。プレイヤーは、ニューヨークやエルサレム、モスクワや東京といった世界の大都市で、生き残りのために戦います。

 今回は協力キャンペーンで使える6つのクラスのうち、爆発物の扱いが得意なヘルレイザーと、ゾンビの大規模襲撃“スワーム”で真価を発揮するエクスターミネーターについて解説します。

⇒クラス攻略1 ガンスリンガー&スラッシャーはこちら
⇒クラス攻略2 メディック&フィクサーはこちら

ヘルレイザーはあらゆる爆発物でゾンビを吹き飛ばすのが得意

 ヘルレイザーは、初期装備のC4爆弾をはじめとする爆発系の攻撃に長けたクラスです。

 C4爆弾はL1ボタンを短く押すと投げ、投げた後はL1ボタン長押しで起爆します。C4爆弾はレベル1のパーク“スローイング・アーム”なしでもそれなりに飛距離で投げられ、地面や壁などに当たると貼りつきます。ゾンビが肩車を組んで登っている壁やフェンスに貼り付けて爆破すると効果的です。

 また、レベル2で習得できる“ヒァ・キティ”を装備すると、貼りついたC4爆弾が、5秒間ゾンビの注意を引きつけます。効果は特殊ゾンビに対してももちろん有効。ゾンビの群れを一時的に回避してステージギミックの起動や回復に時間をさけるほか、拘束攻撃を仕掛ける特殊ゾンビを棒立ち状態にして攻撃のチャンスを作る使い方も可能です。

 ヘルレイザーは、レベル4の“ウェルカム・マット”もしくはレベル5のパーク“グリーンフィンガード”を装備すると、C4爆弾の代わりにクレイモア(対人地雷)を装備できます。クレイモアは、青く光るセンサーにゾンビが近づくと起爆します。

 クレイモアはC4爆弾よりひとつ多い3個まで持ち運べます。ただし、ゾンビの群れを見てから使うのではなく、ゾンビが出現しそうな場所に仕掛ける必要があります。仕掛けすぎるとバッグを浪費してしまううえ、味方が爆発に巻き込まれる危険が増えるのでよく考えて使いたいところです。

 装備以外の爆発系武器としては、最初から装備しているヘビーウェポンMGLと、レベル25のパーク“サンパー”で最初から持ち歩けるセカンダリウェポンのグレネードランチャーが挙げられます。

 MGLは、ドラムマガジンを備えたセミオート射撃可能なグレネードランチャー。ヘビーウェポンだけに威力と効果範囲は絶大で、群がるゾンビを単独で蹴散らせるだけの火力を誇ります。

 セカンダリウェポンに装備できるグレネードランチャーは、1発ごとにリロードが必要なもののスピードは速く、着弾と同時に爆発するため使いやすい武器になっています。ただし、この武器を装備するとピストルが装備できなくなるため、メインウェポンにサイレンサー付きの武器を持ちたいところです。

 そして、優秀なショットガンの使い手である点もヘルレイザーの特徴。本作のショットガンは威力が高いうえに貫通力もあるため、弾がある間はゾンビの群れを容易に切り崩せる強武器だったりします。ただし、マガジンの容量が少な目でリロード回数が増えることと、遠距離では威力と精度が大きく下がることがデメリットです。

 ヘルレイザーは、レベル9で習得できる“ニンブル・サムズ”でショットガンのリロード速度を、レベル23の“ホール・パンチ”で射程距離を大幅に改善できます。レベル13の“ウォーク・ソフトリー”を装備すると、第2階層のコンバットショットガンを最初から使用できるので銃火力もかなり高いです。

 高威力の爆発系武器を使えるヘルレイザーは、使いこなせばゾンビとの戦いで活躍できること間違いなしです。しかし、爆発物はいずれも味方を巻き込んでダメージを与えてしまう点に要注意。威力があるだけに誤爆ダメージはちょっと厳しめなので、味方の位置を意識しつつ使いましょう。

エクスターミネーターはスワームに対する防衛力に優れる

 エクスターミネーターは、スワームと呼ばれるゾンビの大規模襲撃中にメンバー全員の攻撃力が25%するパークを最初から習得しています。また、レベルが上がると防衛キットの耐久力や弾数がアップするほか、レベル16のパーク“コンバット・エンジニア”では、防衛キット使用時に20%の確率で手持ちを消費しなくなります。

 目に見えづらい効果ではありますが、エクスターミネーターがメンバーにいればスワームに対する強さを実感できると思います。

 初期装備の火炎瓶は、着弾地点を炎上させてダメージを与えます。本作では炎に触れると体に火がついて継続ダメージを受けるので、ゾンビの密集している場所のほか、ゾンビの群れが通過する場所を予想して投げ込むと、炎に突っ込んだゾンビを燃やすことができるでしょう。

 もちろん、火炎瓶の炎は味方も容赦なく燃やすので、投げる際は味方の位置をよく確認しましょう。

 また、レベル14の“グリーン・フィンガード”、もしくはレベル15の“ファイアー・トラップ”のパークを装備すると、火炎瓶の代わりにクレイモアを使用できます。ヘルレイザーを解説する際にも触れましたが、クレイモアは受動的な装備なので使いこなすにはコツがいります。火炎瓶より1つ多い3個まで携行できますが、仕掛け過ぎに注意しましょう。

 初期武器はショットガンで、レベル13のパーク“ライフルマン”装備すれば、代わりにアサルトライフルを装備してスタートできます。アサルトライフルは汎用性が高く、レベル22のパーク“バレット・レイン”との併用でリロード時間を短縮可能です。

 ただし、リロード時間が惜しい状況であれば、レベル23のパーク“サード・ハンド”(短時間で15体のゾンビを倒すとプライマリウェポンが即座にリロードされる)が発動しやすいともいえます。

 エクスターミネーターは、レベル18の“ジョブ・サティスファクション”(短時間でゾンビを15体倒すと体力ブーストの効果が付与される)や、レベル25の“ピックポケット”(短時間でゾンビを15体倒すと装備品が1個補充される)といった、短時間の連続キルで発動するパークが多めなので相乗効果を狙うのもアリです。

 今回解説した2つのクラスは、いずれも攻撃に味方を巻き込みやすい難しさこそありますが、プレイヤーがステージの流れを覚えると、使いこなすことが楽しくなってきます。ゲームに慣れてきたら、今度はヘルレイザーやエクスターミネーターでゾンビとの戦いをコントロールしてみてください!

World War Z (c) 2019. Published by Mad Dog Games. Developed by Saber Interactive. Uses Bink Video. Copyright (c) 1997-2019 by RAD Game Tools, Inc. Havok software is (c) 2019 Microsoft. TM & (c) 2019 Paramount Pictures. All rights reserved. Published by H2 Interactive Co., Ltd.

WORLD WAR Z(ワールド・ウォーZ)

  • メーカー: H2 INTERACTIVE
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: STG
  • 発売日: 2019年9月26日
  • 希望小売価格: 5,480円+税

WORLD WAR Z(ワールド・ウォーZ)(ダウンロード版)

  • メーカー: H2 INTERACTIVE
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: STG
  • 配信日: 2019年9月26日
  • 価格: 5,480円+税

WORLD WAR Z

  • メーカー:H2 INTERACTIVE
  • 対応端末:PS4
  • ジャンル:アクションシューティング
  • 配信日:2019年9月26日
  • 価格:5,480円+税