『DQウォーク』“追憶の賢者”その3に挑戦。りゅうおうの攻撃パターンやダメージは?【電撃DQW日記#104】

kent
公開日時

 スクウェア・エニックスのiOS/Android用アプリ『ドラゴンクエストウォーク(DQウォーク)』のプレイ日記をお届けします。

 この記事では、位置ゲーにハマっている筆者(kent)が、初代『DQ1』コラボ中に挑戦できる超高難易度サブクエスト“追憶の賢者”その3に挑んでみました。筆者のレベルでどのくらい戦えるのか……。

追憶の賢者その3に挑戦! どのくらい強い?

 追加された追憶の賢者その3は、推奨レベルが50となっています。筆者のレベルでは到底太刀打ちできませんでしたが、モンスターがどのくらいの強さなのか、どんな攻撃をしてくるのかを調査しました!

 モンスターは、“あくまのきし”、“りゅうおう”、“ダースドラゴン”が出てきました。

 3回ほど挑戦しましたが、最初のターンは同じ攻撃パターンのようでした。それぞれの攻撃パターンを紹介します。

 “りゅうおう”は1度に2回攻撃をしてきます。最初に“あまく ささやいてきた!”をやってきました。魅了や混乱状態になる可能性のある厄介なスキルです。

 次の攻撃では、単体攻撃じゅもんの“ドルクマ”で131のダメージを受けました。

  • ▲いきなりHPの半分くらいを削られてしまった……。

 “あくまのきし”は、自分の攻撃力をかなり上げる“バイキルト”を使用してきました。この“バイキルト”が後々に響いてきます……。

 ダースドラゴンは、“かえんのいき”で全体攻撃をしてきました。平均74ダメージといったところ。

 自分の場合、最初のターンでは、3回とも上記の攻撃パターンでした。

【初手の攻撃パターンまとめ】
・りゅうおう:あまくささやく+ドルクマ
・あくまのきし:バイキルト
・ダースドラゴン:かえんのいき

 ちなみに、“あくまのきし”は次のターンでは“タックル”をしてきます。このタックルが205ダメージとかなりの痛手……。筆者のキャラクターでは耐え切れず。

 そして、“りゅうおう”は全体攻撃じゅもんの“ベギラマ”も使用してきます。

 全体攻撃系が2体に、高ダメージの単体攻撃系が1体と、かなり苦戦を強いられる布陣となっています。筆者は2分半ぐらいしか持ちませんでした……。

 あと、敵はマホトーンやラリホーマも使ってきます。眠らされてしまうと非常に危険なので、眠り耐性を高めたり、“まもりのたて”を使ったりすることが重要になりそうですね。

対策はある?

 何かできる対策はあるか、いろいろ調べてみました。まずは、困った時の“ラリホー”に頼ってみましたが、何度やってもどのモンスターにもかからず……。

 かかる場合もあるかもしれませんが、筆者がやった時は眠りませんでした。

 次は、モンスターのじゅもんを封じようと、“マホトーン”をかけてみました。

 すると、“あくまのきし”だけかかりました。もちろん、100%かかったわけではなく、失敗する時もありますが……。

 ただ、“あくまのきし”に“マホトーン”がかかったおかげで、“バイキルト”で攻撃力を上げるのを防げました!

 “タックル”によるダメージも、130までに抑えられています。

 なので、最初のターンで“マホトーン”をかけてみるのがいいかもしれません。挑戦する際の参考にしてください。

まとめ:マホトーンの出番……か?

 まだまだレベルの低い筆者が挑戦してみた結果、なんとか“マホトーン”が使えるかもという情報だけ得られました。

 “マホトーン”が“あくまのきし”にかかれば、“バイキルト”を防ぐ以外に、ターンを無駄に消費させることができます。

 この間に、その他のモンスターへ攻撃するのがいいかもしれません。とはいえ、筆者はクリアできたわけではないので、参考程度に知っておいてもらえればと思います。

電撃DQW日記バックナンバー

※『ドラゴンクエストウォーク』は、Google Maps Platformを使用しています。
※『ドラゴンクエストウォーク』を遊ぶ際は、周囲の環境に十分気を付けてプレイしましょう。
©2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金