SIE吉田修平氏インタビューまとめ。インディーゲームの作り方や海外と日本の違いなど【電撃インディー#382】

電撃オンライン
公開日時

 PlayStationで“インディーゲーム”を推進するインディーズ イニシアチブの代表として、現在さまざまな活動を行っている吉田修平氏。

 そんな吉田氏に電撃ゲームメディア総編集長の西岡美道が行った、インディーゲームに関するインタビューをまとめて紹介します。

 なお、本インタビューは全2回ですがどちらも大ボリュームとなったため、各インタビューを3つに切り分けて全6本の記事となっています。

道は厳しいが環境は良い! インディーゲームクリエイターになる方法:SIE吉田修平氏インタビュー連載【電撃インディー#294】

 第1回インタビュー前編。インディーゲーム制作の第一歩や、ゲーム制作をはじめる前に触れたいタイトルについて伺いました。

企画の立て方は? 仲間は必要? インディーゲーム制作者がまずすべきこと:SIE吉田修平氏インタビュー連載【電撃インディー#297】

 第1回インタビュー中編では、インディーゲームの企画の作り方や、完成したゲームをより多くのユーザーに遊んでもらうためのアプローチの仕方を伺っています。

大手にはできない挑戦ができる! インディーゲーム業界の未来は明るい:SIE吉田修平氏インタビュー連載【電撃インディー#298】

 第1回インタビュー後編では、現在の国内インディーゲーム事情に加えて、吉田修平さんオススメのインディーゲームをお聞きしました。

資金や販売経路の確保だけじゃない! インディーゲームパブリッシャーの重要性:SIE吉田修平氏インタビュー連載【電撃インディー#338】

 第2回インタビュー前編。海外のインディーゲーム事情を中心に、パブリッシャーの重要性やデベロッパーとパブリッシャーが手を組んだからこそできたことなどをお聞きしました。

国内作品との違いは? 海外インディーゲームの魅力:SIE吉田修平氏インタビュー連載【電撃インディー#340】

 第2回インタビュー中編では、海外のインディーゲームにメッセージの強いタイトルが多い理由や、海外から見た日本のインディーゲームの印象を伺っています。

BitSummitにINDIE Live Expo、TGS。海外から見た日本のインディーゲームイベント:SIE吉田修平氏インタビュー連載【電撃インディー#341】

 第2回インタビュー後編。日本のイベントを中心に、インディーゲームの大きな発表の場となっているイベントがデベロッパーの目にどう映っているかをお聞きしました。

 また、2022年7月にブラジルで行われた“BIGFestival 2022”で吉田氏が出会ったタイトルを中心に気になっているゲームについても伺いました。


© 2022 Sony Interactive Entertainment Inc.
©2020 Sony Interactive Entertainment Europe. Developed by Media Molecule.
Copyright (c) 2015 TECOPARK All Rights Reserved.
© 2022 BlueTwelve Studio Ltd. Published by Annapurna Interactive under exclusive license. All rights reserved.
© 2022 Mediatonic Limited. すべての著作権は保護されています。 Mediatonicのロゴ、Fall Guysのマーク、ロゴおよびキャラクターは、Mediatonic Limitedの商標です。 表示されているアイテムはゲーム内ストアでの個別の購入が必要な場合があり、利用可能な場合に限られます。
EPIC GAMES Privacy Policy & EULA
Uruca Game Studio(R)

関連する記事一覧はこちら