スーパー戦隊”魂”XIII 2019で『メガレンジャー』主題歌・EDを歌う風雅なおとさんに突撃取材!

電撃オンライン 終末のバンギア
公開日時

 毎週金曜21時から電撃オンラインがお届けしているネット配信番組"電撃四天王(3人)の対決Showdown"のオープニングテーマ曲を担当する音楽ユニット“終末のバンギア”(以下バンギア)が、2004年からはじまり現在では毎年開催されている、スーパー戦隊シリーズの楽曲ライブイベント『スーパー戦隊"魂"XIII 2019』に突撃!

 バンギアが突撃できた公演は、11月3日(日)の東京公演と11月10日(日)の大阪公演の2公演。そこでは、面識のあるアーティストの方々にお話を伺うことができましたので、個別に紹介する記事としてお届けしています。

 今回はこの方です……!

スーパー戦隊シリーズ第21作『電磁戦隊メガレンジャー』の主題歌とエンディングを歌われた風雅なおとさん

 スーパー戦隊シリーズの第21作となる『電磁戦隊メガレンジャー』の主題歌やエンディングなどを歌われた風雅なおと(以下、風雅さん)さん。

 風雅さんとは、とあるイベントやプライベート時にご挨拶させてもらったこともあり、今回11月3日の東京公演会場でお声をかけさせていただきました。まさに、バンギアならではの突撃取材です! ご協力ありがとうございます。

  • ▲風雅さんは11月3日の東京公演にご出演!

 風雅さんは、11月3日(日)の東京公演での出演です。今回の公演はアンコール合わせて全38曲、3時間にわたって繰り広げられた戦隊ソングの祭典でした。会場のボルテージもマックス状態が続き熱気も上昇し続けた終盤、32曲目で登場! イントロが流れるなり、会場もヒートアップ! まずは『電磁戦隊メガレンジャー』の主題歌を熱唱。一気にファンの興奮を誘います。

 そして続いて、『メガレンジャー』のエンディングテーマ『気のせいかな』を歌いあげます。まさに王道の布陣。温かい歌声で、じんわりと心に染みわたり、これにはファンのみなさんもノックアウト……。バンギアの2人も思わずうるっときました。

  • ▲心にじんわり響く歌声に酔いしれます!

舞台裏で突撃インタビュー

 毎度のこと舞台裏に潜入したバンギアの2人。見事、本番前の風雅さんに突撃インタビューをすることができました! ここからは、そのインタビューをお伝え!

  • ▲舞台裏でお着換え前の風雅さんを見事キャッチ!

――まずは、こどものころの夢を聞かせていただけますか?

風雅:こどものころの夢ですか!? えっと……いきなり暗い話しになっちゃいそうなので申し訳ないのですが……、こどものころからなぜか、長生きしたいという気持ちがあまりなくてですね……、若いうちに苦しい思いもしないで人生終わったら気楽かもなぁ……なんて考えていました。

――おお……それは、少し周りとは違った感じのお考えだったのではないでしょうか……。そんなふうに思われていたのは、いくつくらいのころからだったのでしょうか?

風雅:そうですね……本当に小さなころからでした。なんだか、いろいろ長く感じてしまっていまして……でも、歌がありましたし……。

 あなたはもともと物心つく前から歌うことが好きだったよと、母に言われたことがありまして……だから、自分で意識するよりも前から歌うことはやりたかったのかな。

――なるほど、そんな前から人生の中に歌があったわけですね! そこから、歌を仕事に……と考え始めたきっかけはなんだったのでしょうか?

風雅:仕事にしたいなと考え始めたのは、「歌が上手いね」って学校の先生に褒められたのがきっかけになったのかなと思います。

大学のころからスタジオミュージシャンに

――なるほどです。実際にお仕事として始めたのはいつごろからですか?

風雅:仕事としては、大学のときにご縁があってスタジオミュージシャンとしての仕事を始めました。ちょうどバブルの時期だったこともあってお仕事も多く、そのころから忙しくさせていただいていました。

――それから続けてこられて、今回歌われた特撮ソングを歌うことになったきっかけはなんだったのでしょうか?

風雅:所属していた事務所からオーディションに行くように言われたんです。僕は戦隊モノはとくに詳しいわけではないし、特撮系の曲の歌い方というのも全然できないと思うんだけど大丈夫かな……と不安に思いながらもオーディションにいって、なぜかは分からないのですが、決まったんです。

――そうでしたか……きっと風雅さんの爽やかな歌声に魅力を感じたのだと思います! さて、最後の質問になりますが、今後活動していく中で歌ってみたい歌や、やってみたいことを教えてください。

風雅:とにかくアニメが大好きで、アニオタなんです(笑)。なので、アニメの歌ならなんでも歌いたいですね。でも、わりとバラード系が好きなので、ガーン! と強い歌より、エンディングのほうがいいかな。

 例えば、『夏目友人帳』とか、ほのぼの系のアニメがいいなぁ。最近だと、『この音とまれ!』とか『ツルネ―風舞高校弓道部-』とか、そういう“学園”、“ほのぼの”、“部活系”のエンディングとか好きです。

――ありがとうございました!

バンギアが感じた風雅さんを140文字以内でまとめる

 それでは、毎度の締めくくり! バンギアの2人がSNS時代ならではの140文字という縛りで、今回の感じたことをまとめてみます。

バンビ(ボーカル)が感じた風雅さん

 ふんわりと他人とは違う時の流れにいるかのような雰囲気のある、風雅さん。爽やかさの中に色気を含む歌声、歌いながらステージを駆け巡り、間奏中にくるくると舞い踊る姿は、妖精のようです。でもお話をしているととても人間らしい一面もあり…知れば知るほどいろいろな表情がみられる魅力的な方です。

ルギア(ギター)が感じた風雅さん

 風雅さんはとても物腰が柔らかい。はじめてご挨拶させていただいたときも、2度目にお会いしたときも、そして今回の突撃取材でも。あぁ……なんて温かい人なんだろう……お話しさせてもらうだけでもそう感じる。これは風雅さんの歌声もそうで、なんだか勇気が沸くような温もりを感じさせてもらえます。

“終末のバンギア”プロフィール

 数々のゲームタイトルとミュージックコラボを果たした、カリスマゲーマーギターリスト“市野ルギア”が、女性ボーカリスト“bamvi(バンビ)”を迎えて新たな音楽ユニットで活動を開始。

 2019年2月に結成ライブでお披露目。6月より本格始動。そのサウンドは「白か?黒か?」。二面性のサウンドをコンセプトにした“終末のバンギア”。

 なぜか2人とも特撮関係者と縁がある。コラボ第1弾として電撃オンラインのネット番組“電撃四天王(3人)の対決Showdown”のオープニングテーマ曲を担当。目下売り出し中なので、いろいろなコラボ先を絶賛募集中です!

●“電撃四天王(3人)の対決Showdown”」最新主題歌『負けず嫌いの言い訳ファイターの歌~サラリーマン編~』

※詳しくは“終末のバンギア”オフィシャルサイト公式Twitterもご確認ください。

スーパー戦隊”魂”XIII 2019関連記事バックナンバー