スーパー戦隊”魂”XIII 2019で『ゴーゴーファイブ』主題歌などを歌う石原慎一さんに突撃取材!

電撃オンライン 終末のバンギア
公開日時

 毎週金曜21時から電撃オンラインがお届けしているネット配信番組"電撃四天王(3人)の対決Showdown"のオープニングテーマ曲を担当する音楽ユニット“終末のバンギア”(以下バンギア)が、2004年からはじまり現在では毎年開催されている、スーパー戦隊シリーズの楽曲ライブイベント『スーパー戦隊"魂"XIII 2019』に突撃!

 バンギアが突撃できた公演は、11月3日(日)の東京公演と11月10日(日)の大阪公演の2公演。そこでは、面識のあるアーティストの方々にお声をかけさせていただき、お話を伺うことができましたので、個別に紹介する記事としてお届けしています。

 前回に続いて、今回はこの方です……!

スーパー戦隊シリーズ第23作『救急戦隊ゴーゴーファイブ』の主題歌などを歌われた石原慎一さん

 スーパー戦隊シリーズの第23作『救急戦隊ゴーゴーファイブ』の主題歌や、最新の戦隊『騎士竜戦隊リュウソウジャー』のロボ曲などを歌われた石原慎一(以下、石原さん)さん。

 石原さんとは過去のイベントでご一緒させてもらったり、プライベートでご挨拶などもさせてもらったこともあり、11月3日の東京公演の会場でお声をかけさせていただきました。急な突撃取材なのにもかかわらず、快く引き受けていただきありがとうございました!

  • ▲石原さんは11月3日の東京公演にご出演!

 石原さんは11月3日(日)の東京公演にご出演されていました。会場のボルテージもどんどん上がりはじめてきた9曲目に登場! イントロが流れるやいなや、会場は歓喜の声が沸き上がります。

 そうです……今年20周年を迎えた『救急戦隊ゴーゴーファイブ』の主題歌の劇的な旋律が響き渡ります! 巽ブラザーズが勢ぞろいした9月1日の20周年イベントが記憶に新しい中、会場のファンの涙腺も決壊。

 そして、興奮冷めやらぬまま10曲目に突入。『ゴーゴーファイブ』のエンディングテーマ『この星を この街を』を歌われた高山さんに代わり熱唱。これにはファンの涙腺は崩壊。バンギアの2人も感動してしまいました。

  • ▲『ゴーゴーファイブ』のエンディングも熱唱!

 石原さんは、後半に差し掛かった21曲目にも再登場。現行の戦隊『騎士竜戦隊リュウソウジャー』のロボ曲である『READY GO!キシリュウオー』を歌いあげ、続くSister MAYOさんが歌うエンディングテーマの『ケボーン!リュウソウジャー』では、ケボーンダンスを披露! キュートな石原さんも垣間見ることができました。

舞台裏で突撃インタビュー

 舞台裏に潜入したバンギアの2人。会場入りした石原さんを見事キャッチすることに成功して、取材を依頼! 見事に突撃インタビューをすることができました。ここからは、そのインタビューをお伝えします。

  • ▲快くインタビューを引き受けてもらえました♪

――それではまず始めに、こどものころの夢を聞かせていただけますか?

石原:僕は本当にずっと「歌う人になる!」と想い続けてきたので、夢が叶っているってことだと思うんです。

――夢を実現されているんですね! かっこいい! どなたか目標にされている方などいらしたのですか?

石原:マイケル・ジャクソンが僕の2つ年上なんですけど、こどものころからずっとマイケル・ジャクソンがライバルでした……それで、いつか歌い手になろうと決めてましたね。でも……うちは全然音楽とは関係ない家庭でしたので……突然変異です(笑)。親にも、「なぜおまえは歌ってばかりいる!?」って不思議がられていました。

――突然変異ですか(笑)。いくつくらいのころから歌っていたのでしょうか?

石原:もうほんと物心つく前からですね。小さいころの自分の写真を見ると、どれも歌っているんですよ。床の間とか……ちょっと高めのところを見つけてはそこに立って、全身に笑みをたたえて歌っているんです(笑)。

 でも、歌を歌って、一番最初に褒めてもらった! と思ったのは、高校の学園祭の時でした。前川清さんの歌を、クールファイブ役のコーラスメンバーと一緒に、クラスの出し物として歌いました。歌った後に担任の先生が飛んできて、「お前は歌い手になれっ!!」って。

――すごい! 歌手としてのデビューに繋がるような活動を始めたのはいつころからなのでしょうか?

石原:大学で東京に出てきてからですね。あまり大学にも行かずに、歌の先生のところと芝居の養成所に入り浸っていました。あと、当時放送されていた『歌のトップテン』という番組のリハーサルシンガーを学生時代のアルバイトとしてやっていました。

 マッチ(近藤真彦さん)の代わりに歌ったりとか、トシちゃん(田原俊彦さん)の代わりに、人参の形をしたマイクを持って歌ったりとか……そんなことをしていれば、そのうちデビューできるんじゃないかなぁと思っていたのですが、そうは問屋が卸さなかったですね……。

デビューすることになったきっかけ

――そうだったのですね……。

石原:うん。それでもずっと歌っていて、とあるマネージャーが紹介してくれた事務所でコーラスをしたり、カバー曲を歌ったりとかの仕事をはじめたのです……それこそ、宮内さん(宮内タカユキさん)のカバーを歌ったりとか。

 そうこうしていると、事務所の社長がコロムビアのオーディションに連れて行ってくれて、それで『ウルトラマンUSA』の主題歌を歌えることになって、それから戦隊モノ……特撮、アニメ、ゲームの歌を歌うようになりました。

――地道に歌うことを重ねていらしたんですね……。今回の公演で歌われている曲を歌うことになったきっかけは、なんだったのでしょうか?

石原:オファーをいただきました。最初に『ウルトラマンUSA』の主題歌を歌わせていただいてからは、その都度オファーをいただいて歌うということが多かったです。

――オーディションを受けるようなことはなかったのですか?

石原:『仮面ライダーアギト』の主題歌は、オーディションだったんですよ。「今回ごめんねオーディションなんだよ、来てもらっていいかな?」って言われて行ったら、本当に大勢いました。どうせ決まらないだろうと思って、かなり石原節で歌ったところ、「石原くんでいきます!」と決まったときは、「おぉすごい!」とびっくりしました(笑)。

――さすがです! 最後に、これからさらにやってみたいこと歌ってみたい歌などありましたら、教えていただけますでしょうか?

石原:大人になるとね……夢も語りにくくはなってくるのですが……昔と全然変わらなくて、やりたいことリストはいつも満杯です。水木さん(水木一郎さん)が「慎ちゃん一緒に歌おうよ!」って言ってくださっていて……水木さんとスタンダードジャズのフランク・シナトラとかトニー・ベネットとか歌ってみたいし……。

 もちろんこれからも特撮モノの主題歌も歌いたいですね。今放送されている『騎士竜戦隊リュウソウジャー』の主題歌を歌っている幡野くん(幡野智宏さん)なんかとも、一緒に呑んでバカなことをいいながら、同じ作品の楽曲に参加させていただいていることも楽しいなと思うし……まだまだやりたいことはいっぱい。次から次へとあるんですよ。

――石原さんのSNSを拝見していると、ライブ出演の情報が次から次へと更新されていて、すごくパワフルだなと思っていました!

石原:そうそう(笑)。今年、僕と速水けんたろうお兄さんと風雅なおとと、3人で“HAZAMA-X”っていうユニットを結成したんですよ!

 特撮音楽界の、若い世代の“Project.R”とレジェンドと呼ばれる世代の狭間に、ちょうど僕たち3人がいまして、そんな僕たち狭間世代が頑張る……「狭間がMAXに頑張る」という思いを込めて“HAZAMA-X”というユニット名で今年の8月31日にデビューしました。もうそろそろ還暦なんですけどね(笑)。

  • ▲8月31日に行われた“HAXAMA-X”デビューライブのフライヤー。

――“HAXAMA-X”いいですねぇ! 次のライブは決まっているのですか?

石原:また来年の前半にやりたいと思っています。

――わぁ。すごく楽しみですー!! 今回はお忙しい中、いろいろとお話しを聞かせていただきありがとうございました!

※石原さんの活動について詳しくは公式サイトもご確認ください。

バンギアが感じた石原さんを140文字以内でまとめる

 それでは、毎度の締めくくり! バンギアの2人がSNS時代ならではの140文字という縛りで、今回の感じたことをまとめてみます。

バンビ(ボーカル)が感じた石原さん

 歌うために生まれてきた。といっても過言ではない人生を歩んでこられた石原さん。ゴージャスでセクシーな大人の色気全開なのに、少年の心を忘れていない無邪気さが随所に感じられて……とっても魅力的な方です。やりたいことを素直に続けていくこと。それは心を豊かにするのだなと感じました。

ルギア(ギター)が感じた石原さん

 以前、石原さんの脇でギターを弾かせてもらったことがあり、ぐいぐい引っ張られるその歌声につられ、完全にプレイレベルがエクスタシー状態に達した記憶がある。演奏前に音楽人生についてお伺いしていたこともあり、歌を歌うために生まれた歌唱ってこういうことなんだと感動。尊敬するシンガーさんです。

“終末のバンギア”プロフィール

 数々のゲームタイトルとミュージックコラボを果たした、カリスマゲーマーギターリスト“市野ルギア”が、女性ボーカリスト“bamvi(バンビ)”を迎えて新たな音楽ユニットで活動を開始。

 2019年2月に結成ライブでお披露目。6月より本格始動。そのサウンドは「白か?黒か?」。二面性のサウンドをコンセプトにした“終末のバンギア”。

 なぜか2人とも特撮関係者と縁がある。コラボ第1弾として電撃オンラインのネット番組“電撃四天王(3人)の対決Showdown”のオープニングテーマ曲を担当。目下売り出し中なので、いろいろなコラボ先を絶賛募集中です!

●“電撃四天王(3人)の対決Showdown”」最新主題歌『負けず嫌いの言い訳ファイターの歌~サラリーマン編~』

※詳しくは“終末のバンギア”オフィシャルサイト公式Twitterもご確認ください。

スーパー戦隊”魂”XIII 2019関連記事バックナンバー