PS5発売にあわせてPlayStationシリーズの発売日と価格を振り返る

電撃オンライン
公開日時
最終更新

 SIE(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)の据え置き型ゲームハード『PlayStation 5』が11月12日に発売となります。

 それにあわせて、これまでにSIEから発売された据え置き型のPlayStationシリーズの発売日と価格を振り返っていきます。

 初代PlayStationは、1994年12月3日に、価格は39,800円で発売されました。ゲームユーザーが期待するタイトルに加えて、これまでになった新タイトルが発売され、多くのユーザーをトリコに。

 また、テレビコマーシャルも特徴的で、興味を引く独特の展開となっていました。価格はハードが普及するのにあわせて、29,800円や19,800円と値下げされていきます。

 2000年3月4日にはPlayStation 2が発売。価格は39,800円。美麗なグラフィック表現に加えて、DVD再生機能、PSのソフトを遊べる互換性などが話題となりました。

 横に置くだけでなく、縦に置けることにあわせて、ディスクスロットにあるロゴが回転する細かな仕様がありました。

 また、ネットワーク接続機能を有したモデルや、軽量化された薄型モデルなどもリリースされています。

 次なるハード・PlayStation 3は2006年11月11日に発売されました。発売日には2つのモデルがあり、HDDの20GBモデルが49,980円、60GBモデルが59,980円となっていました。2つのモデルを比べると、無線LANやメモリーカードリーダという違いがありました。また初期型は、PS2用ソフトをプレイできるという特徴も。

 後日、HDDが変更されたモデルや、薄型・軽量化されたものなど、多くのバージョンが登場しています。

 Blu-rayディスクを読み込めることや、ネットワーク接続することでウェブサイトを見られることも特徴。他にも、PlayStation Portable、PlayStation Vitaなど介したリモートプレイ、PS3専用地上デジタルレコーダーキット『torne(トルネ)』の展開などもありました。

⇒発売日の模様を掲載した記事はコチラ!

 PlayStation 4は北米では2013年11月15日に発売されました。日本国内は3カ月以上遅れた2014年2月22日に発売。初期モデルの価格は39,980円。

 消費電力の低減や軽量化したモデルや、デザインが変更されたSlimモデル、4K解像度に対応したハイエンドモデルとしてPS4 Proが後に発売となっています。

 シェア機能によって、プレイ動画を公開できる機能が話題に。ゲームを取り巻く環境の変化にあわせた新機能が搭載されていました。

 また、バーチャルリアリティ(VR)を体験できる『PlayStation VR』も展開。対応ソフトや専用ソフトがリリースされました。

⇒発売日の模様を掲載した記事はコチラ!

 PS4の北米発売から7年を経て、新たな据え置き型ハード・PS5が発売となります。SSDを採用し、これまで以上に高速で快適なゲームプレイを楽しめる他、驚異のグラフィックや新機能を体感できます。

PS5企画記事

©2020 Sony Interactive Entertainment Inc. All Rights Reserved.