【聖闘士ライコス連載】新機能“修行地”と“放置”でデイリーもお手軽にクリア!

うま
公開日時

 テンセントゲームズのiOS/Android用アプリ『聖闘士星矢 ライジングコスモ』のプレイ日記をお届けします。

 続々と新闘士が追加されているのでずっと召喚をしているのですが、昨年末に教皇(SSR)の2枚目を手に入れて以来、1枚もSSRがきていません。その横でうちの家族が続々とSSRをひいているのでうらやましく思います。

 しかしそんな私でしたが、黄金白鳥星座・氷河の限定召喚でひさしぶりにSSRの確定演出がきました!

 また、獅子座・アイオリアとの相性がいい闘士が来てくれました。いつかアイオリアをひいた時のためにこのクリュサオル・クリシュナ(SSR)もしっかり育てておきたいところ。

 そんな矢先、新システムの“修行地”と“放置”が実装されました。この2つの新システムのおかげで、キャラの育成が非常にはかどるようになりました。

 そこで今回は、この新システムについて紹介していきましょう。

“修行地”で体力とバフを集めよう!

 “修行地”では、上限を超える体力を蓄えたり、ログインしている時間の長さに応じてボーナスを得られたりします。

童虎のボーナス(修行報酬)

 ログインして一定時間が経過するごとに、報酬を得られるシステムです。

 得られる報酬は金貨や聖闘士EXPなどに加えて、ダンジョンでの報酬が2倍になるバフなども入手できます。

 報酬は1日に最大で8個まで入手できるうえ、全部入手するまでのログイン時間は1時間と短いので、デイリー修行などをやっていればすべて入手できます。

童虎老師の修行箱

 体力が最大までたまったとき、時間によって回復するはずだった体力をストックできます。

 ストックできる体力は最大で300ですが、5分に1ずつ回復する本作では、およそ25時間ぶんの自動回復する体力をストックできるのです。

 そのため、1日ログインしていなくてもストックしきれない、ということはありません。

“放置(体力)”で素材を集めなつつ他のモードも遊ぼう!

 もう1つの新機能が、アカウントレベルが40以上になると開放される、“放置(体力)”です。

 このシステムでは、育成ダンジョン(古代遺跡、異次元空間、ティターン神殿、海商王の金庫、元素神殿、星命空間)を放置したままクリアできるようになります。

 放置したいダンジョンを選択して挑みたい回数を決めれば、各ダンジョンごとに決まった時間が経過するごとに一定の体力を消費(一部のダンジョンは指定数の時空の鍵も消費)して、自動でクリアしてくれます。

 挑めるダンジョンの難易度はクリア済みのものになりますが、絶対に負けないので安心して放置ができます。

 また、各ダンジョンで報酬が増えるバフを所持している場合、そのバフの効果もしっかり得られます。なお、回数タイプのバフ効果のみ有効、時間タイプのバフは無効。

 放置中は別のモードをプレイすることもできるうえ、ゲームをオフラインにしても継続されますが、午前5時を超えて放置することはできないので注意しましょう。

朝の1時間でデイリー要素をすべてクリアしつつ育成も可能!

 この2つの新システムのおかげで、ゲームのプレイがいっそうはかどるようになりました。

 朝に起きたらまず、修行箱から蓄えた体力をすべて引き出して、“放置”ですべての育成ダンジョンをセットすれば、“育成ダンジョンをクリアせよ”というデイリーをクリアできます。

 そのあいだに、そのほかのデイリーやデイリー修行もクリアできるので、かなり時短ができます。

 その後さらに体力をすべて消費して“放置”しておけば、仕事中にも育成素材などをたくさん集めておいてくれます。

 仕事が終わったら、また修行箱から体力を引き出して再び“放置”しつつ、物語を楽しんだり対戦モードでバトルを楽しむことができるのです。

 この2つのシステムが導入されてからというもの、筆者も最大レベルまで育てた闘士の数が一気に増えました。

 皆さんもこれらのシステムをうまく使って、どんどんキャラを育成していきましょう!

『聖闘士ライコス』連載バックナンバー

©Tencent Games
©車田正美