岩井参戦!!【O村の漫画野郎#37】

奥村勝彦
公開日時

 秋田書店の漫画編集者を経て、元『コミックビーム』編集総長もつとめた“O村”こと奥村勝彦さんが漫画界の歴史&激動の編集者人生を独自の視点で振り返る!

岩井参戦!!

 あー。アメリカ滞在の最終日前日の深夜である。岩井の身の上話が始まる。どうやら俺が行く直前に、つき合っていた女(たしかロシア人だったっけ)に逃げられたらしい。

 ……申し訳ねえけど、非常にナイスな展開である。もし現在進行形でつき合っていたら、絶対に日本になんか帰ってこねえもんな。ついでに大学の学費の方も、かなり心細くなってきた模様。

 彼は秋田書店時代の貯金だけで渡米しており、おまけにアメリカの学費はバカ高いらしい。だもんで、彼は相当気弱な状態である。ますますもってナイスな展開じゃねえか。


 俺は、この時の為に考え抜いた“殺し文句”を発動させた!!

 「あのよう、そろそろ打ち合わせしたくねえ?」

 もちろん打ち合わせってのは、漫画の、である。それも仕事の段取りを決める打ち合わせじゃなくて、ネタをひねり出すヤツだ。まさに無から有が生まれる瞬間!! これが嫌いな編集者はいねえ!! ……たぶん。

 「あーっ……やりたいっすねえ。」

 そっから俺は、編集長になった経緯を説明し、編集部に参加してくれねえかって頼んだ。さすがに、その場で返事はもらえなかったが、大丈夫だって確信があったからね。なんつっても流れがいいやね。

 事実、日本に帰ってしばらくしたら、岩井からOKの返事が来た。これで心配のタネがひとつ消えた。


 俺は守備範囲が広い人間ではない。むしろその正反対のタイプで、自分一人では何にも出来ねえんだわ。だもんで、周りに優秀な人間がいねえと困る……ちゅうか話にならねえの。


 さて、これで準備万端、オーイエーといきたかった所だけど、実際はそうはいかなかった。それどころか実は、その時、滅茶苦茶ピンチだったのである。

 ただ俺はその頃、あまりにアホで無知だったので、単にその事実に気が付いていなかっただけだったのだ。……待て!! 次回!!

(次回は3月8日掲載予定です)



O村の漫画野郎 バックナンバー

イラスト/桜玉吉