News

2013年5月15日(水)

『ブレイブリーデフォルト』の今だからこそ語れるインタビュー。お気に入りジョブの話題から、なぜかアネリーの裏話へ!?

文:そみん

■Dの手帳の記事にムムッ!? 開発スタッフが困った電撃オンラインの記事は?

――電撃オンラインの記事の校正は、宣伝部の方に加えて高橋さんにもかなりご協力をいただきましたが、どんな印象でしたか? ぶっちゃけ、困った記事などはありましたか?

高橋:いえいえ、大丈夫でしたよ。

――座談会の記事では、わりとぶっちゃけ気味の意見もたくさん書きましたけど、困りはしませんでしたか?

高橋:そこはユーザーさん目線の表現として、楽しく読ませてもらいました。普通の紹介だけでなく、ああいった切り口もおもしろかったです。

中原:本当に歯に衣着せぬ記事になっていて、新鮮でおもしろかったです。たまに予想がほとんど当たっちゃっていることがあって、困ることはありましたけど。

高橋:あ、ただ、僕が唯一、ムムッと思った内容は、ジョブのレビュー記事で黒魔道士の話題が出た時です。あの記事で黒魔道士は火力不足とか弱いとか書かれていて、順位が低かったんですよ。

 僕はもう、ものすごく黒魔道士ユーザーだったので、ちょっと反論したくなりましたね(笑)。

『ブレイブリーデフォルト』
▲高橋さんいわく、炎のロッド二刀流にした黒魔道士がファイア系を使うとめちゃくちゃ強いとのこと。

浅野:記事中でも、黒魔道士が好きな人がいて、必至に反論してましたね。

高橋:まさに同じ感覚で。実はですね、開発中はもっと黒魔法が強い時期があったんですよ。バランス調整を始めた当初は、黒魔法が猛威をふるっていて、黒魔道士さえいればなんとでもなるくらい強かったんです。

浅野:本当に黒魔道士時代があったんですよ(笑)。

高橋:調整の結果、黒魔法を弱くして、ちょうどいいバランスで遊べるようにしていったんですけど、それでもまだ黒魔法は強いと思っていたんですよ。でも、電撃オンラインさんの黒魔道士の評価は意外に低くて(笑)。 

――ごめんなさい。電撃オンラインの中には、黒魔道士をほとんど使わずにクリアした人もいます。優秀なアビリティを覚えるので、ジョブレベル自体は上げる人が多いんですけど。

高橋:魔法攻撃は物理攻撃に比べて火力不足という話もありますけど、弱点を突いた時の補正が高いので、うまく使うとすごく強力なんですよ。必殺技やアビリティの効果で、敵に弱点属性を付与したり、魔法防御力を下げたりして戦うと、序盤からでも大ダメージを狙えます。特に火属性の攻撃力をアップする炎のロッドを持って“ファイラ”(火属性の攻撃魔法)を使うと、めちゃくちゃ強いですよ。

中原:たしかに、高橋さんは炎のロッド二刀流が好きでしたよね(笑)。「こんなに炎のロッド二刀流での“ファイラ”が強くてよろしいのでしょうか?」と、何度も高橋さんから意見をいただきました。

高橋:製品版でもかなり強い状態だと思ったんですけど、電撃オンラインさんの記事などを見ても、世間的に黒魔法の評価が低くて、ちょっと残念でした。

――序盤は弓がかなり強かったので、あまり黒魔法を使わない人もいたと思うんですよ。

浅野:黒魔法とは逆で、弓はバランス取りが終わる直前まで、本当に弱かったんですよ。それで強くしたら、思いの他、強くなりすぎた部分があります(笑)。

中原:ちょっとやりすぎちゃったかも(笑)。誤算だったのは、序盤からジョブチェンジできるシーフと弓の相性が想定以上によかったことです。ノルエンデ村を復興すると買えるようになる天使の弓もちょっと誤算で、あんなにたくさんのユーザーさんが序盤で入手するとは思っていませんでした。

 なので、シーフと弓の組み合わせが猛威をふるってしまった印象はあります。

――ちなみに、中原さんは困った記事の思い出はありましたか?

中原:困ったと言いますか、ちょっと違うかなと思ったことはあります。最初のほうの体験版に関する記事で、「『ダークソウル』みたいに難しいゲームが好きなゲーマーが楽しめそう」と書いてあって、たしかに初期の体験版のバトルの難易度が高かったので、そう思われるのは仕方がないとも思ったんですけど、あの時は「違うんです! 僕らが目指しているのは『ドラゴンクエストIX』くらいの、誰でも楽しく遊べるようなバランスなんです」と口を出したくなりました(笑)。

――浅野さんは、困った記事はありましたか?

浅野:ちょっと悩んだのは、発売前のプレイレポートの記事で、「Dの手帳は読まないほうがいい」と書かれた時です。自分としては、手帳を読みながら遊ぶほうが楽しめるように作っていたつもりだったので、あの表現は誤解を招いちゃうかなと思いました。

『ブレイブリーデフォルト』 『ブレイブリーデフォルト』
▲ネタバレ満載のようで、実はネタバレをしないようにいろいろと工夫をしたというDの手帳。あえてプレイ前に全部読むと、プレイ中に思わぬ発見に出会えるかも!?

――そうでしたか! ただ、“読まないほうがいい”という記事を読んで、逆に“じゃあ、自分は読もう”という人も多かったみたいです(笑)。

中原:予言書のような感じで未来のことが書かれているDの手帳を読むか読まないかを選ぶというのは人それぞれですし、非常にゲームらしい仕掛けだと思います。

浅野:どこをもってネタバレかという話なんですよね。

高橋:我々の感覚では、プレイ前に読んでもネタバレがないようにしたつもりでした。

――なるほど。たしかに、逆にミスリードを狙っている部分もありますし、手帳を読んでからプレイするのも楽しかったかもしれません。ただ、個人的にはいくつかの挿絵がネタバレに感じたんですよ。

中原:たしかに挿絵系は、ちょっとドキドキする部分がありました。最終ページの挿絵の羽根を見ると、ものすごく勘がいい人なら、その正体に気付いてしますかもしれません。とはいえ、実際に挿絵でネタバレになったという声は、自分の知る限りではほとんどありません。

――浅野さんとしては、プレイ前にDの手帳を読んでほしかったですか?

浅野:まあ、そうではあるのですが……。これに関しては、各プレイヤーが好きなようにしてもらうのが一番です。読みたい人は読んでもらって、面倒と感じる人は読む必要がありません。それを許しているのが一番のポイントです。

中原:個人的には、RPGをたくさん遊んできた人ほど、最初にDの手帳を読んで、そこに隠された謎を考えるという楽しみを味わってみてほしいと思います。核心部分のネタバレこそないものの、次にどんな国を冒険するのかとかについては、壮大なセルフネタバレをしているともいえます。そんなRPGって、『ブレイブリーデフォルト』以外にはそうそうないと思いますから。

高橋:自分は性格的に、あるシステムは全部楽しみたいタイプなんですよ。だから、ちゃんと手帳も全部読んでから、「こういう展開になるのかな?」と予想しながら楽しむのがオススメです。ただ、やっぱり遊び方は人それぞれで、自分の知り合いでもいろいろな遊び方や反応がありました。物語の進行上、読まなきゃいけないタイミングになったらゲーム中で指示があるだろうと思っていた結果、クリア直前までまったく読まなかった人もいますし、逆にプレイ前に全部読んで、いろいろな予想を語ってくれた人もいました。

浅野:このあたりはゲームならではですよね。コンテンツに対する距離の取り方を自分で決められるというのは。

――Dの手帳をどうすればいいのかは、よく聞かれる質問なので、今後はもう少し「先に読んでみるのもおもしろいよ」というスタンスで答えようと思います。

浅野:そこは本当にゲームならではの体験となるので、自由に楽しんでほしいです。

 今回、海外市場やソーシャルゲーム市場の台頭なども意識している中で、日本国内のゲームファン、RPGファン向けという形で企画を立ち上げました。家庭用の携帯ゲーム機を遊ぶ人向けということを意識しましたし、ゲームでしかできないことをすごく意識して作ったので、そういった部分を楽しんでもらえるとうれしいです。

→あの国民的人気アニメの話題も!?
お気に入りキャラについて振り返る!(3ページ目へ)

(C)2012 SQUARE ENIX CO., LTD.All Rights Reserved.
MAIN CHARACTER DESIGN:Akihiko Yoshida.

データ

▼『ブレイブリーデフォルト』ダウンロード版
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:3DS
■ジャンル:RPG
■発売日:2012年11月1日
■価格:5,400円(税込)
▼BD『ルクセンダルク紀行』
■販売元:ポニーキャニオン
■品番:PCXP-50136
■発売日:2013年3月20日
■定価:7,350(税込)
 
■BD『ルクセンダルク紀行』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼DVD『ルクセンダルク紀行』
■販売元:ポニーキャニオン
■品番:PCBP-52110
■発売日:2013年3月20日
■定価:7,350(税込)
 
■DVD『ルクセンダルク紀行』の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト