News

2010年3月29日(月)

TVアニメ『Angel Beats!』の麻枝准さん&Na-Gaさんにインタビュー!

文:ごえモン

『Angel Beats!(エンジェルビーツ)』

 4月2日より放送開始するTVアニメ『Angel Beats!』。本作の脚本を手掛けている麻枝准さんと、キャラクター原案を担当するNa-Gaさんのインタビューをお届けする。

 本作は“人生賛歌”をテーマに、死後の世界で運命に立ち向かう少年少女の姿を描いた物語。『AIR』や『CLANNAD-クラナド-』、『リトルバスターズ!』などの作品を手掛けてきた麻枝准さんが脚本を担当し、理不尽な運命を呪う登場人物たちが、神への反抗の末に何を見るのかがつづられていくという。

 それでは以下で、アスキー・メディアワークスの美少女キャラクター誌『電撃G’sマガジン』の2009年7月号(2009年5月30日発売)に掲載された、麻枝准さんとNa-Gaさんのインタビューをお届けする。(インタビュー中は敬称略)

――まずは、TVアニメ『Angel Beats!』の企画が動き出した経緯を教えてください。

麻枝:『リトルバスターズ!(以下、リトバス)』の作業が終わったころ、俺と一緒に仕事がしたいという方がいると聞きまして。アニプレックスの鳥羽さんという方なのですが。

――そこで、TVアニメをやりたいと?

麻枝:まぁ、そうなんですけど。それ以上に、ご自分がいかにKeyファンなのかを語られて(笑)。もう圧倒されましたね。4時間ぐらい、延々と語って帰っていかれましたから(笑)。それから少しして、正式にプレゼンされました。2007年の10月ごろだったかな。

――話を受けた決め手はなんだったのでしょう。

麻枝:うーん……なんというか、気がついたらやることになっていた、というか(笑)。プレゼン以降、月イチで打ち合わせをするようになって、どんどん話が進んじゃうんですよ。アニプレックスさんからは「アニメ原作でKeyらしさがある、笑って泣ける感動的な物語を!」といわれたのですが、正直にいうと、この時は『リトバス』以上におもしろい話が書ける自信がなかったんです。自分の書く“Keyらしい物語”は、あれで限界だと思っていましたので。でも、ある時にふっと思いついたんです。いっそ“主要キャラはみんな死んでることにして、死後の世界を舞台にしてはどうだろう”と。それを前提に設定を練っていきました。みんな死んでいて、生き返ることもない。だったら“普通なら死ぬくらいのムチャをしても、こいつらは全然平気”ということ。じゃあ、ハデなバトルをさせようと。こうして、少しずつ詰めていきました。

――バトルといえば、『リトバス』にもバトルのミニゲームがありました。

麻枝:昔から、バトルモノは一度やってみたいと思っていました。そうしてここまで考えて、ようやくいけるな、おもしろいストーリーに仕上げられそうだな、という感覚を持てました。

■物語の舞台は死後の世界! 過酷な運命にあらがう少女たち

麻枝:物語は主人公が死んでしまい、死後の世界で目を覚ますところから始まります。そこにはなぜか学校があって、主人公と同じように死んでしまった者たちが通っています。そして、生徒の一部は、彼らと同じように学校に通っている天使と激しいバトルを繰り広げています。

――天使と戦う理由とは?

麻枝:メインとなるキャラクターたちは全員、生前は理不尽な人生を送っており、こんな運命は認めない、神なんか死んでしまえ! と思っています。でも、その神がどこにいるかわからないから、とりあえず目の前にいる天使と戦っている……というわけです。そんな生徒たちを束ねて“死んだ世界戦線(以下、戦線)”という組織のリーダーをしているのがゆりっぺです。主人公は冒頭でゆりっぺと出会い、なし崩し的に戦線に入ることになります。

――戦線メンバーと天使の戦いは、どのように描写されるのでしょうか?

麻枝:第1報で公開したイラストでも、ゆりっぺが銃を持っているように、基本は銃撃戦です。もうなにをやっても死なないのをいいことに、ハデに戦いますよ。天使は銃を使うわけではなく、超常的な力を使います。

――ゆりっぺと天使について、もう少し詳しくお話を伺えますか。

麻枝:ゆりっぺは、優れた行動力で戦線の男メンバーたちを引っ張っていく、リーダータイプの女の子。ツンデレ……といいますか、デレがないですね。終始ツンツン(笑)。メンバーたちをドツいたり蹴ったりと、横暴です。天使は、秩序を守る側として、学校で生徒会長をしています。おとなしい性格で、何を考えているかよくわからない、ミステリアスな存在です。

――『CLANNAD』では家族愛、『リトバス』では友情と、これまでの作品はテーマが明確でした。『Angel Beats!』のテーマとは?

麻枝:うーん……言いづらいですね。今回は、全話観終わった時に、タイトルの意味がわかるようにしていますので。テーマをひと言でいうなら、それこそ人生……なのかな(笑)? 主人公たちは理不尽な人生を送って死んで、神に反抗しようとする。彼らの神への反抗の物語を観終えた時に、それでも人生は素晴らしい、時に理不尽でも尊いものなんだ、と思っていただければうれしいですね。

■キャラはこうして生まれた! ゆりっぺと天使の誕生秘話

――Na-Gaさんには、どのような経緯でお話が来たのでしょうか。

Na-Ga:2008年の初頭に、麻枝さんに指名されました。他のCG作業が滞りそうで少し不安でしたが(笑)、今までにない経験が積めそうでしたので、お引き受けしました。

――Na-Gaさんを指名された理由は?

麻枝:まず、人気が出るキャラクターを生み出してくれること。次に、こちらのムチャな要請にもタフに応えてくれるから、言いたいことをなんでも言える。その2つですね。

Na-Ga:アニメの設定はゲームと違って、自分1人が知っていればいいわけではないので、『リトバス』の時以上に、設定画を考えさせていただきました。

――ゆりっぺのデザインは、どのように発注を受けましたか?

Na-Ga:“性格キツめでリーダー気質で長髪”との発注でしたので、まずそこから入りました。ヘアバンドは麻枝さんのこだわりです。

麻枝:今のお気に入りヒロインは『ペルソナ4』の天城雪子(あまぎゆきこ)ですから。ヒロインがヘアバンドをしているのは必然なんですよ!

Na-Ga:髪の長さやリボンは、アニプレックスさんや制作会社の方と協議した結果です。個人的にはロングへアがよかったのですが……先にデザインが固まっていた天使とシルエットがかぶるから、とハネられました(笑)。

――では天使についてもお願いします。

Na-Ga:当初は確か、“戦うりりしい女の子”という発注だったと思います。

麻枝:天使のイメージは大分変わったね。最初は『空の境界』の両儀式(りょうぎしき)っぽかったもん(笑)。

Na-Ga:そこからブラッシュアップして、今の“寡黙でミステリアスな女の子”という方向に調整しました。

――全キャラデザインされたのですか?

Na-Ga:そうですね。ちょい役も合わせて、30人くらいデザインしたのかな。

麻枝:“戦線”と名がつくくらいですから、ゆりっぺの他にも、メンバーが大勢出てきますよ。陽動部隊とか、“つりきち”とか。

――その陽動部隊というのは?

麻枝:“Girls Dead Monster(ガールズデッドモンスター)”、略して“ガルデモ”というガールズバンドです。彼女たちが校内で突発的にライブをして、みんなの注意を引きつけている間に、ゆりっぺたち実行部隊が作戦を決行するという流れです。死んで学校に通っている生徒全員が戦線に参加しているわけではないので、陽動兼一般生徒を巻き込まないための配慮ですね。“つりきち”は、名前のとおり、釣りのプロフェッショナルです。

――釣りも作戦の一環……なのでしょうか。それでお2人は、今はどのような作業をされているのでしょうか?

Na-Ga:僕はデザインは上げましたので、あとは、何か追加があればという程度ですね。

麻枝:俺は、ストーリー構成と全話分のプロットが終わりました。今は月2回やっている打ち合わせを受けて、それらを各話の脚本に仕上げる作業をしています。

――麻枝さんは、楽曲方面での参加などは?

麻枝:実は、オープニングとエンディングテーマはもうできてるんです。できれば、ボーカル曲の作曲は全部手掛けたいですね。これからはガルデモの曲も作ります。ゆくゆくはアルバムとか出せたらいいですね。挿入歌なども手掛けられたらいいですが、その辺は制作会社さんとの打ち合わせ次第でしょうか。

――最後に、読者にメッセージをお願いします。

Na-Ga:たくさんのTVアニメが放送されている中で、皆さんの記憶に残るものになれば幸いです。僕も一ファンとして、TVで観られる日が待ち遠しいです。

麻枝:これが仮にゲームだったら、Keyファンはきっと満足してくれる。そういう脚本を書いています。「まだ書けるんだ俺」って、自分でビビったくらいです。この物語が制作会社さんの手でどう仕上がるか、自分も楽しみです。

――ありがとうございました。

→ゲーム版『エンジェルビーツ!』のストーリーやアニメとゲームの違い、攻略キャラを紹介中!

→ゲーム版『エンジェルビーツ!』の“ゆりのパンツ”も確認できるイベントCG4枚を紹介!

→ゲーム版『AB!』第3報では無邪気な表情を見せる激レアな岩沢に注目!

(C)VisualArt's/Key/Angel Beats! Project

■TVアニメ『Angel Beats!』
【放送局&放送日】
 CBC……4月2日より毎週金曜 26:00~放送開始予定(※初回は26:25~)
 TBS……4月2日より毎週金曜 26:25~放送開始予定(※初回は26:30~)
 MBS……4月3日より毎週土曜 25:58~放送開始予定
 TUT……4月4日より毎週日曜 25:45~放送開始予定
 RKB……4月7日より毎週水曜 26:55~放送開始予定
 BS11……4月17日より毎週土曜 23:30~放送開始予定
 ※放送日時は変更になる場合がある。

【スタッフ】(※敬称略)
 原作・脚本:麻枝准
 監督:岸誠二
 キャラクター原案:Na-Ga
 キャラクターデザイン・総作画監督:平田雄三
 音楽:ANANT-GARDE EYES・麻枝准
 音響監督:飯田里樹
 撮影監督:佐藤勝史
 3D監督:山崎嘉雅
 色彩設計:井上佳津枝
 特殊効果:村上正博
 編集:高橋歩
 ラインプロデューサー:辻充仁
 アニメーション制作:ピーエーワークス
 OPテーマ:Lia『My Soul,Your Beats!』
 EDテーマ:多田葵『Brave Song』

【キャラクター&キャスト】(※敬称略)
 ゆり:櫻井浩美
 音無:神谷浩史
 天使:花澤香菜
 ユイ:喜多村英梨
 日向:木村良平
 高松:水島大宙
 野田:高木俊
 椎名:斎藤楓子
 遊佐:牧野由依
 藤巻:増田裕生
 TK:Michael Rivas
 松下:徳本英一郎
 大山:小林由美子
 チャー:東地宏樹
 岩沢:沢城みゆき
 ひさ子:松浦チエ
 入江:阿澄佳奈
 関根:加藤英美里
 他

データ

▼BD『Angel Beats!』第1巻(完全生産限定版)
■メーカー:アニプレックス
■品番:ANZX-6401
■発売日:2010年6月23日
■価格:7,350円(税込)
 
■BD『Angel Beats!』第1巻(完全生産限定版)の購入はこちら
Amazon
▼DVD『Angel Beats!』第1巻
■メーカー:アニプレックス
■品番:通常版 ANZB-6401/完全生産限定版 ANZB-6401
■発売日:2010年6月23日
■価格:通常版 5,250円(税込)/完全生産限定版 6,300円(税込)
 
■DVD『Angel Beats!』第1巻(通常版)の購入はこちら
Amazon
 
■DVD『Angel Beats!』第1巻(完全生産限定版)の購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

Facebookコメント

注目記事

週間アクセスランキング

[集計期間2014年 08月16日~08月22日]

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。