News

2014年6月6日(金)

『仮面ライダー バトライド・ウォー2』のプレイ動画を掲載! クウガの新フォームやキバの必殺技など新要素を一挙紹介

文:電撃オンライン

『仮面ライダー バトライド・ウォーII(プレミアムTV&MOVIEサウンドエディション)』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 バンダイナムコゲームスから、6月26日に発売されるPS3/Wii U用ソフト『仮面ライダー バトライド・ウォーII』。本作について徹底紹介する特集記事の3回目をお届けする。

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』

 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』は、歴代の平成仮面ライダーが登場する“バイク&ヒーローアクションゲーム”の第2弾タイトル。多彩な仮面ライダーを操り、広大なフィールドをバイクで駆け抜けながら大量の敵とのバトルを繰り広げていく。最新のライダーである仮面ライダー鎧武が参戦している他、究極フォームや映画にスポットを当てたストーリーなど、多数の新要素が用意されている。

 特集企画の3回目では、本作で追加される新規要素や前作からの改善点を紹介する。各ライダーの新技や新モーションなど、新しい要素が“てんこ盛り”の記事になっているので、チェックしてほしい。あわせて、新ライダーと追加要素についての動画を掲載する。

新ライダーや上様の最新情報も掲載中!

■スペシャル映像

●新キャラ紹介動画

●プレイアブルライダー紹介動画

■アクションの合間に発生する隙をキャンセルできる“ライダーキャンセル”

 今作では、すべてのプレイアブルライダーに“ライダーキャンセル”という新たなアクションが追加されている。これは、ジャンプや前転、突進などで攻撃直後に発生する隙をなくすというもので、アクションの幅をぐっと広げてくれる。

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲ブレイドの必殺技“回転斬り”。発動後の隙が大きく、コンボをややつなげにくかったが……。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲直後にライダーキャンセルを発動すると、隙をキャンセル可能。それによってコンボを継続できる。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲ライダーキャンセルのモーションは、ライダーによって異なる。ウィザードであれば、攻撃判定のある回転蹴りを繰り出す。

■これがライダーの新要素か! だいたいわかった

 本作では前作から登場しているライダーにも、さまざまな変更要素や追加要素が存在。以下で、それぞれのライダーにスポットを当て、変更点や追加点について紹介していく。

●アメイジングマイティがプレイアブルに! 数多くの調整がされたクウガ

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』

 クウガのプレイアブルフォームとして、アメイジングマイティが追加。このフォームは、ライジングマイティで溜(た)め攻撃を当てることで自動的に変身する。また、ライジングタイタンとアルティメットフォームの必殺技が変更された。

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲前作では必殺技の発動時に一瞬変身するだけだったアメイジングマイティがプレイアブルに。マイティフォームと比べると、威力や攻撃範囲がパワーアップしている。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲ライジングタイタンに“ダブルライジングカラミティタイタン”が追加。突進後に前方を攻撃する。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲アルティメットフォームの必殺技の一部は、超自然発火能力(パイロキネシス)を使ったものに変更された。これで雪山のようなバトルを自分でも再現できる!?

●アギトのバーニングフォームがさらに覚醒! 熱くなる躰と心!!

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』

 アギトのバーニングフォームが調整された。“バーニングライダーパンチ”が変更されている他、必殺技“バーニングボンバー”が追加されている。

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲バーニングライダーパンチは演出面が強化。よりテレビに近い演出になった。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲新たに追加されたバーニングボンバー。突進してからシャイニングカリバーを振って前方広範囲をなぎ払う。

●生き残るための技が強化! ベントインが使いやすくなった龍騎

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』

 通常フォームとサバイブともに調整がなされた龍騎。通常フォームは、通常攻撃中に必殺技を発動するとベントインのモーションが短縮されるように。他にも、素手を使った通常攻撃も追加された。サバイブは各種必殺技が大きく変更されている。

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲通常攻撃ボタンを長押しすることで、素手とソードベントを切り替えられるようになった。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲前作では通常攻撃からつなげにくかった必殺技も、ベントインモーションが短縮されることで扱いやすくなっている。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲必殺技を単体で使った場合は、ベントインのアクションをじっくり見ることができる。完全になくなっているわけではないので安心してほしい。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲今作の超必殺はドラグランザー・バイクモードに乗車して、火炎弾を発射する技に変更された。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲ドラグランザーの尻尾で敵をなぎ払う“ガードベント”や、ドラグバイザーツバイとドラグランザーで前方の広範囲を攻撃する“シュートベント”など、必殺技も変更されている。

●“クリムゾンスマッシュ”が扱いやすくなったファイズ

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』

 ファイズは、新必殺技“ポインターセット”が追加。ヒットさせると“クリムゾンスマッシュ”へ派生できる技だ。

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲右足のファイズポインターから光線を発射し、ヒット後にコマンドを入力することでクリムゾンスマッシュを放つ新必殺技・ポインターセット。クリムゾンスマッシュは強力だが当てにくかった必殺技だけに、うれしい調整だ。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲アクセルフォーム時に使用可能な“アクセルクリムゾンスマッシュ”。前作では円錐状のコーンが同時に出現していたが、今作では1つ1つが連続で出現するという変更がなされた。

●ラウズカードを使いやすくなりアクションの幅が広がったブレイド

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』

 ブレイドは、レベルアップすることで“ラウズカード”を使用する際に必要なAPが減少したうえに、獲得するAP量が増えたため、よりラウズしやすくなった。また、ジャックフォームやキングフォームの必殺技も調整された。

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲前作と比べて使用APが減少。さらに“ライトニングブラスト”など、一部の必殺技にカメラ演出が挿入されるようになった。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲ジャックフォームに必殺技が追加。突進後に空中に上昇するため、その後さらに攻撃を放てる。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲キングフォームに空中での必殺技“ロイヤルストレートフラッシュ”が追加。目の前に出現したラウズカードをくぐりながら、敵を一閃する。

●響鬼の音撃をほぼ網羅! 鍛え続けてますから!!

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』

 響鬼紅(くれない)および装甲(アームド)響鬼時に、広範囲を攻撃する必殺技が追加された響鬼。これによって多数の敵に対して、さらに効率よく戦えるようになった。追加された必殺技をあわせると、響鬼の音撃をほぼ使えるようになった。

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲一部のステージでは乗馬する響鬼。もちろん別フォームでも乗馬できる。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲必殺技として“灼熱真紅の型”が追加。響鬼紅、響鬼装甲のどちらでも使用できる。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲作り出した炎の剣で前方を斬りつける“烈火剣”。溜めることで攻撃範囲が拡大し、追加入力で3回まで追撃可能。

●正義とは俺自身! カブトはマスクドフォームとクロックアップに調整が

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』

 カブトは、特徴である“クロックアップ”を使った必殺技が追加。また、マスクドフォームの必殺技にも調整がされている。

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲通常攻撃ボタンを長押しすることで発動する、別タイプの“クロックアップ”。敵の背後に回りこんでの攻撃がヒットすると、敵を浮かせることができる。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲空中攻撃が使いやすいように調整された。浮かせた敵への追撃も容易に行える。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲マスクドフォームの必殺技“アバランチシュート”は、使用時の隙が軽減され、扱いやすくなっている。

●満を持してウイングフォームが電王に降臨!

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』

 電王には、白鳥をモチーフにしたイマジン・ジークが憑依して変身するウイングフォームが追加された。これによって、電王に憑依するイマジンがすべて揃ったことになる。

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲専用の効果音とともにウイングフォームに変身。金色の羽が舞う独特のエフェクト、左下のベルトが変化していることにも注目だ。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲後ろに手を回したウイングフォームの立ちポーズ。張り手や蹴りなど攻撃モーションもジークのようにエレガントだ。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲前方の敵に一気に詰め寄り、両手のデンガッシャーで斬りつける必殺技も。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲他のフォームが持つ“挑発”も存在。この戦い……姫に捧げよう!

●キバの幻の技が追加

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』

 キバは、エンペラーフォームの必殺技“ファイナルザンバット斬”が調整されている。また、“エンペラーアクアトルネード”が初登場している点も見逃せないポイントだ。

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲“ファイナルザンバット斬”は、一度入力すると刀身が赤く変化。攻撃範囲が一定時間拡大する。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲刀身が赤くなっている状態で、もう一度コマンドを入力すると特別な演出が入る回転斬りが発動する。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲エンペラーフォームに、バッシャーマグナムを使った必殺技“エンペラーアクアトルネード”が追加。これはTV番組で使用されなかった技だ。

●“アタックライド インビジブル”がディケイドに追加!

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』

 ディケイドは“アタックライド ブラスト”の連射性能が強化された。さらに、ライダーキャンセルでは、“アタックライド インビジブル”を使用する。

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲連射性能が強化された“アタックライド ブラスト”。コンプリートフォーム時も同様に強化されている。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲使用すると後退して距離をとる“アタックライド インビジブル”。ディケイドが劇場版『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』で使用した技を、早くも使える。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲カメンライドしている時も、ライダーキャンセルは“アタックライド インビジブル”になる。

●ゲームの世界も破壊!? ディケイド 激情態がプレイアブルに

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』

 前作では敵ライダーとして登場したディケイド 激情態。今作ではプレイアブルライダーとなり、使用できるようになった。カメンライドして他のライダーになるディケイドに対し、激情態はそのままの状態でライダーの必殺技を使うタイプとなっている。

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲左が激情態で右がディケイド。複眼のデザインとシングルポインターの色が変化している。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲“アタックライド ギガント”は、G4が使用したロケットランチャーを放つ必殺技。長押しすることで広範囲攻撃に派生させられる。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲必殺技の1つ“インビンシブル”は、瞬間移動した後にディメンションキックを上空から放つ。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲クロックアップからの“ライダーキック”や“ディアサンダー”など、クウガからキバまでの平成ライダーの技を使える。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲超必殺技は“ディメンションキック”。多数のカードを召喚して、高速移動を繰り返しながら広範囲を攻撃。最後にライダーキックでトドメを刺す大技だ。

●さらに振り切りやすくなったアクセル

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』

 アクセルメモリをパワーアップさせて攻撃を強化する“パワースロットル”中、全身に攻撃判定が追加された。他にも、アクセルブースターの回避がより使いやすくなっている。

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲攻撃判定が追加されたことで、安心してアクセルをふかせるようになった。アクセルブースター時のパワースロットルも同様に強化されている。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲アクセルブースター時の左右への回避時には、背中のブースターを噴射。無敵時間もあるようだ。

●オーズにブラカワニ コンボが追加! タジャドル コンボも強化

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』

 オーズは、劇場版作品に登場した爬虫類系コンボ・ブラカワニ コンボが追加。また、タジャドル コンボに地上用の攻撃が加わっている。他にも、通常攻撃から必殺技につなげた際、スキャニングチャージの演出が短縮され、コンボをつなげやすくなっているのが特徴だ。

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲ブラカワニ コンボが登場したことで、『劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル』に登場した全コンボを使用できるように!
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲コブラヘッドによる広範囲攻撃をはじめ、他のコンボと比べて一風変わった攻撃方法を持つブラカワニ コンボ。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲両腕にはシールド・ゴウラガードナーを装備。ガード時に両腕をあわせているため、劇中でも見せた防御シーンを再現できる。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲地面をすべるようにスライディングし、最後にワニが噛みつくような蹴りを放つ“ワーニングライド”は、ブラカワニ コンボの必殺技だ。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲タジャドル コンボの地上での必殺技“フラッシュフェザー”は、背中から広がったクジャクフェザーより無数のメダルエネルギーを放出する。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲プトティラ コンボは空中必殺技が変更。高速で飛びまわり、前方広範囲の敵にダメージを与える技となった。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲スキャニングチャージの隙が軽減。コンボに組み込みづらかった必殺技も、より使いやすくなっている。

●セルメダル使用時の隙が軽減され“お仕事”しやすくなったバース

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』

 バースは、通常攻撃から“ドリルアーム”や“ブレストキャノン”などセルメダルを使った必殺技につなげた際に、ハンドルレバーを回転させるモーションがキャンセルされるように。これによって、通常攻撃から必殺技へスムーズに移行できるようになっている。

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲通常攻撃から“ドリルアーム”を使った攻撃がスムーズに! コンボが途切れずに攻撃が発生している。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲必殺技を単体で使用する場合は、セルメダルを投入するモーションが入る。

●フォーゼの最強ステイツにロケットステイツキターッ!

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』

 フォーゼは最強フォームが選択できるようになった。コズミックステイツに加えて、劇場版や番組のクライマックスで登場したロケットステイツでもプレイできる。

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲全身がオレンジ色に染まったロケットステイツ。両手のロケットモジュールの噴射を利用して空中で停滞できる。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲一度上昇した後、体を回転させながら高速で突っ込んでいく“ライダーきりもみクラッシャー”。映画『仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAX』のあのシーンが脳裏をよぎる?
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲ロケットステイツの推進力を使った“ライダーダブルロケットキック”の破壊力はバツグンだ。

●技のキレが増してさらにホワチャーしているメテオ

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』

 さまざまな通常攻撃が調整されているメテオ。必殺技の仕様変更以外にも、攻撃時に前進する距離や攻撃範囲などが強化されて、華麗なコンボを決めやすくなっている。

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲前進距離や攻撃範囲の拡大はメテオ使いにとってはうれしい調整と言えそうだ。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲通常攻撃ボタンを長押しすることで使える“スターライトフィニッシュ”は、溜めた時に後退するように変更。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲“スターライトフィニッシュ”は、メテオストームでも使用可能。また、発生時に無敵時間が存在するようになった。

●必殺技から変身ポーズまで! ウィザードは変更点がシャバドゥビショータイム

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』

 今作のライダーの中まで非常に多くの変更点があったウィザード。ウォーター、ハリケーン、ランドへのフォームチェンジのポーズに固有のものが追加されている。また、攻撃面でも大きな変化があり、通常攻撃から必殺技へつなげた際にあった指輪をかざすモーションが短縮されて、コンボを継続しやすくなっている。

 さらに、前作ではダウンロードコンテンツ(DLC)として無料配信されたインフィニティースタイルが最強フォームとして使用可能に。これによって、最強フォームはオールドラゴンとインフィニティースタイルから選べるようになった。

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲ジャンプして魔法陣をくぐったり、下方向から上がってきたりというように、ポーズだけでなく魔法陣が出てくる方向もスタイルごとに変化するようになった。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲演出の短縮によって通常攻撃から必殺技への連係がスムーズに。なお、必殺技を単体で使った場合は演出をしっかり見られる。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲ウォータースタイルの必殺技“バインド&リキッド”。前作ではバインドによって敵を拘束するだけだったが、今作は拘束した敵に対してスープレックスによる追撃を行うようになっている。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲前作ではウィザードと別キャラクターだったインフィニティースタイル。今作では最強フォームとして活やくする。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲インフィニティースタイルは必殺技の演出も強化。アックスカリバーを振り下ろす時に、武器が巨大化するようになっている。

●ハッハッハイハイパー! 前作より劇中での演出に近くなったビースト

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』

 ビーストは、前作にはなかった必殺技“ストライクビースト”が追加。通常攻撃ボタンを長押しすることで使用できる。また、前作では別キャラ扱いだったビーストハイパーに、そのまま変身可能になった。今作では両手に装着されたヒモ状のフリンジスリンガーを使った必殺技を使える。

『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲ストライクビーストは、キマイラを模した魔力とともに強烈なキックを敵にお見舞いする。
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲最強フォームであるビーストハイパーへと変身! ハイパー!! GO!
『仮面ライダー バトライド・ウォーII』 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
▲両手に付けられたひもを振り回して広範囲を攻撃する必殺技“フリンジスリンガー”。追加入力でミラージュマグナムによる追撃も可能。

新ライダーや上様の最新情報も掲載中!
ストーリーやカスタムサウンドトラックはこちら!

(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 (C)石森プロ・東映 (C)BANDAI NAMCO Games Inc.
※画面は開発中のもの。

データ

▼『仮面ライダー バトライド・ウォーII(プレミアムTV&MOVIEサウンドエディション)』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PS3
■ジャンル:アクション
■発売日:2014年6月26日
■希望小売価格:10,450円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PS3
■ジャンル:アクション
■発売日:2014年6月26日
■希望小売価格:7,120円+税
▼『仮面ライダー バトライド・ウォーII(ダウンロード版)』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PS3
■ジャンル:アクション
■配信日:2014年6月26日
■価格:7,120円+税
▼『仮面ライダー バトライド・ウォーII(プレミアムTV&MOVIEサウンドエディション)』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:Wii U
■ジャンル:アクション
■発売日:2014年6月26日
■希望小売価格:10,450円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『仮面ライダー バトライド・ウォーII』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:Wii U
■ジャンル:アクション
■発売日:2014年6月26日
■希望小売価格:7,120円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。