総合 > 電撃App > 記事一覧 > 本山Pが語る『ワルエク』のこれまでとこれから。トレジャークエストなど新情報続々!
2015-12-12 07:05

本山Pが語る『ワルエク』のこれまでとこれから。トレジャークエストなど新情報続々!

文:ゴロー

 早いもので、セガゲームスのオンラインRPG『ワールド エンド エクリプス(ワルエク)』は、10月29日のサービスインから1カ月半ほど経ちます。

『ワルエク』

 12月15日の最新アップデート“Ver.1.1.0”でさまざまなコンテンツの追加やロード時間の改善などが行われるわけですが、ここで改めて本山プロデューサーにインタビューをしてきました。

『ワルエク』
▲インタビューに応じていただいた、『ワールド エンド エクリプス』の本山真二プロデューサー。

 これまでの『ワルエク』はどうだったのか? これからの『ワルエク』はどう変わっていくのか? 初公開の情報もあるので、ぜひ最後までご覧ください。※インタビュー収録日は12月8日

コンテンツを充実させつつ、多くの問題に向かい合ってきた1カ月半

――今日までサービスを続けてきて、手応えや感触はいかがですか?

 あっという間の1カ月半でした。僕自身も開発スタッフもゲームをおもしろく改善するための毎日で、現場の士気は開発当初よりも高いくらいです。

――ユーザーさんからはどういった声が多かったですか?

 グラフィックがすごくキレイ、バトルにやり応えがある、といったポジティブな意見をいただく一方で、iPhoneでは通信エラーが多発する、Androidではロード時間が長いといった声もありました。

『ワルエク』

 通信エラーやロード時間などの深刻な問題は、第一優先で原因を突きとめるべく動きました。改善方法を見つけたとしてもロムの承認を得る必要があり、すぐにアップデートといかないのがもどかしいところでして……。

 とはいえ、それはあくまで僕らの都合。ご迷惑をおかけしたユーザーの皆さまには、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

――通信エラーに続き、ロード時間の問題も今月15日配信の“Ver.1.1.0”でほぼ解消されますよね。ロード時間の詳しいお話はのちほどお聞きするとして、先日配信された“Ver.1.0.2”でオルタ・アイギスを追加した狙いはなんでしょう?

 スキル伝授の元々の狙いとして、“自分なりに戦い方を築いていってほしい”というのがあります。でも、最初からいきなり多くのスキルを用意したら、ユーザーさんもわけがわからなくなるじゃないですか。

『ワルエク』
『ワルエク』
▲通常のアイギスと見た目が同じでも、固有スキルが異なるオルタ・アイギス。

 そこで徐々に解放していくことになり、いくつかカテゴリがある中でオルタ・アイギスを“Ver.1.0.2”で実装しました。所持しているスキルは、通常のアイギスと違って単体で使うよりも、何かと組み合わせることで効果が高まるものになっています。

――あと“Ver.1.0.2”といえば、高難易度のナイトメアクエスト。やり応え抜群でした!

 初日で超級(Lv.99~)をクリアしていたじゃないですか(笑)。こちら側としては衝撃でしたよ。

――PTをかなり強い状態にしていたので(笑)。正直、力を存分に振るえるクエストがこないかウズウズしていたので、とてもありがたかったです。

 それはなによりです。ナイトメアクエストに関しては、熱心にプレイしてくださるユーザーさんからの要望を受けて、前倒しで出させていただきました。

『ワルエク』

 当初はこのタイミングで出す予定はありませんでしたが、コアなユーザーさんの心に刺さったようで、結果的に出してよかったと思っています。

 今後もナイトメアクエストの第2弾を配信しようと思っていますので、ご期待ください。

――楽しみに待っています。それ以外に追加された中では“3倍速オート”がありますよね。

 “3倍速オート”はサービス開始時に入れるかどうか迷っていた機能だったのですが、初めて遊んだユーザーさんが間違って押したら大変なことになりますし、実装を3週間ほど見送らせてもらいました。

 どちらかというと、お金や素材などを稼ぐ周回プレイ用の機能なので、使ったことがない人は楽にクリアできるクエストで試してみるのがおすすめです。

『ワルエク』
▲左上のアイコンから3倍速オートをONにすると、何が行われているかがギリギリわかるぐらいの速さで戦闘が展開されます。

――稼ぎで思い出したのですが、“既読会話のスキップ機能”が搭載されて、ストーリークエストの宝箱集めがスムーズになりました。

 先ほどの通信エラーやロード時間の改善をはじめ、そういったプレイの快適さは、今後もっと追求していきます。やっぱり、テスト環境でプレイしていた頃よりもユーザーさんと同じ立場でプレイしている今のほうが、気づかされることは多くありますね。

『ワルエク』
▲クエスト出発前の画面に“ストーリー再生”のチェックボックスが付き、イベントシーン挿入の有無を選べるように。

 今ならではの改善案やアイデアなど、いろいろな意見がスタッフからも出てきている状態ですが、とても一気にはできません。やったとしても絶対にユーザーさんが混乱するので、どの時期に何を出すかというマイルストーンを決めながら取り組んでいます。

小説版、“Ver.1.1.0”、PC版のリリース。そして……

――このインタビューが掲載されている頃には世に出回っていますが、12月10日に小説版ワルエク『天穹の軍師』が発売されます。

 ありがたいことに、僕が今まで携わってきた作品で漫画化やアニメ化はありましたが、活字化だけはなかったんですよ。

 加えて、自分の好きな作家さんに書いていただき、僕自身が活字大好きなので、個人的な話で大変申し訳ないですけど、一番うれしいメディアミックス展開でしたね。

『ワルエク』
▲電撃文庫の小説『ワールド エンド エクリプス 天穹の軍師』のメインビジュアル。著者は渡瀬草一郎先生、イラストはエナミカツミ先生が担当。

――小説の見どころを教えていただけますか?

 著者の渡瀬先生自身が実際に開発中のゲームをプレイして、その体験から汲み取った世界観や雰囲気、ご自身のやりたいことが詰まったものになっています。

『ワルエク』
▲本山プロデューサーの手元には発売前の小説が。中身がとても気になります。

 ゼニスという、皆さんの目に見える主人公を置くことで、ゲームとはまた違ったヒロイックな物語が楽しめるのもポイントですね。そんなゼニスを取り巻くキャラクターは、ことごとく女性でして……(笑)。

『ワルエク』
▲小説『ワールド エンド エクリプス 天穹の軍師』の主人公ゼニス。

――完全にハーレム状態ですね(笑)。

 しかも、ゼニスはそれをラッキーどころか、少し煩わしいとさえ思っているイヤなキャラクターなんですよ(笑)。そんなけしからん主人公と3姉妹との冒険譚は、ボリュームもあって読み応え抜群です。

『ワルエク』
▲こちらがゼニスを取り巻く3姉妹(左から、フラーメ、アガーテ、エカルラーテ)。ゆくゆくはゲーム本編にも登場するのでしょうか?

――ゲーム本編に関係したお話もあるのでしょうか?

 小説版は、ゲーム本編よりも少し前の時間軸で、別の街の物語になっています。なので、ゲームに登場する一部キャラクターの顔見せがあったり、本編のプロローグにつながるお話があったりします。

――個人的にアーシェの過去がとても気になっているのですが。

 さあ、どうなんでしょうかね?(笑)

 実際、ゲームにフィードバックしたい設定やエピソードがてんこ盛りで、渡瀬先生も快く承認してくださったので、今後の展開にも生かしていこうと思っています。こういう、双方向に活かしあえるメディアミックスは、大変ではありますけど非常に楽しかったです。

『ワルエク』
▲ヒロインの1人である狩猟兵のアーシェ。彼女のセリフから気になるワードが!?

――小説の特典SSRアイギス“メアリーローズ”は、エナミカツミ先生描き下ろしとのことですが。

 もちろん、最近実装されたメアリーローズとは別モノです。アイギスは唯一無二の存在ではなく、さまざまな竜の意志が具現化したものになるので、同じ名前で特徴の異なるアイギスはいます。オルタ・アイギスもその一環ですね。

『ワルエク』
▲エナミカツミ先生描き下ろしの麗艶メアリーローズ。

 実は、メアリーローズは小説版のゼニスが装備する、渡瀬先生お気に入りの盾アイギスでもあります。僕が「主人公といえば大剣か剣じゃないんですか?」と聞いたら、「いや、あえて盾です」とおっしゃって、先生の熱い要望からゼニスは盾兵になりました。

――特典のメアリーローズは、最初から最終進化状態ということでしょうか?

 そうですね。渡瀬先生のファンである多くの方が手に取られることを想定し、いきなり星5の状態でお渡しして、ゲームを有利に進めていただけたらと思います。スキルの効果がちょっと意外なものになっていますので、そちらもお楽しみに。小説を読むと、どういうことかわかりますよ。

――12月15日のアップデート“Ver.1.1.0”について質問です。冒頭でお聞きしたロード時間の短縮の第1弾対応が行われますが、主にどの機種が対象になりますか?

 基本的には全機種ですが、より効果が大きいのはAndroid端末になります。その中でも特にシェアの大きい機種を重点的に調査して検証を重ね、改善をしてきました。

 改善した主なポイントとしては、タイトル画面から街に移るところ、クエストを受けてから戦闘に移るところ、戦闘を終えてクエスト選択画面に戻るところの3つになります。

『ワルエク』

――実際にロード時間はどれほど短くなる想定でしょうか?

 機種ごとや画面ごとにバラつきはありますが、全体の平均として半分ぐらいに短縮されています。戦闘から戻るところが特に効果が出ていて、機種によっては60~70%減という実測値が出ています。

――そうなると、ロード中の“Tips”を見ている余裕がなくなっちゃいますね(笑)。

 そうですね、機種によっては(笑)。初心者に役立つ知識が書かれるので、今後は別のところから読めるようにまとめることも検討します。

『ワルエク』
▲ロード時間中は、Tipsからいろいろなことが学べます。

 あと、戦闘前や勝利後の演出もタップで飛ばせるようになっているので、ユーザーさんのお好みで使っていただければと思います。

――“Ver.1.1.0”の新要素として、アイギスの覚醒がドラ通で発表されましたが、“+10”にした時はどれくらいの強さになりますか?

 パラメータの上昇値は基礎能力値に依存します。とはいえ、基礎能力値が優秀なレア度の高いアイギスは入手しづらいので、比較的手に入りやすい星1や星2のアイギスが戦闘で活躍する機会が増えるイメージです。

『ワルエク』

――目安としては、星2のレベルMAX&覚醒+10の状態が、星3のレベルMAXと同等になるのでしょうか?

 そうですね。+1されるごとに攻撃力、防御力、治癒力は5%、HPは1%が加算されていきます。きちんと育てれば、1ランク上に匹敵するぐらいの強さになっているかと。レアリティが低くても、ユーザーさんの好きなアイギスでPT編成ができるようになれば幸いです。

 ちなみに、所持しているアイギスであれば、過去に合成したぶんもアップデート後にしっかりと覚醒値が反映されます。その点はご安心ください。

――数が必要となると、週末のユニオンイベントの限定アイギス集めに精が出ます。

 スキルのレベルも上がりますし、報酬のアイギスも主力として全然使っていけると思いますよ。

――スキルといえば、合成時の成功率や効果が明確に表示されるようになるそうですが。

 そうですね。今は“2倍”などとザックリと書かれていますが、今後は“200%”、スキルレベルを1上げたら“210%”になるといったように明示されます。

『ワルエク』

――ちなみに、伝授したスキルの効果が反映されない不具合は、“Ver.1.1.0”で修正されますか?

 なんとか間に合わせました。スキルの組み合わせはこのゲームの醍醐味でもありますので、不具合の発見が遅れてしまって本当に申し訳ないです。

 “Ver.1.1.0”から、お気に入りのスキルを自在に操って、華麗な戦い方に戻っていただけたらと思います。

『ワルエク』

――その他にも、“Ver.1.1.0”で何か新要素は追加されますか?

 アイギスの収集要素として“召喚スタンプ”を追加します。これは何かというと、お店のスタンプカードのようなもので、1回召喚するごとにスタンプが1つ押され、10個ためるとご褒美がもらえます。

 ご褒美の例をいうと、数が欲しいアイテム類、竜輝石や進化素材がたくさんもらえたり、星3アイギスやオルタ・アイギス、そして星4アイギスから好きなものが選べたりします。

 他にも、特別スタンプカードの時にはスキルレベルの高いアイギスから好きなものを選べたり。その辺も含めて、うまく覚醒やスキルレベルアップに繋げていただきたいです。

 あとは、新しいクエストのモードとして、“トレジャークエスト”を用意します。簡単に説明すると、開拓でまれに“地図”が手に入るようになり、その地図を消費して挑むクエストです。

『ワルエク』
▲今まで竜輝石や隊長の証を開拓で手に入れてきたように、“地図”も入手できるとのこと。

 難易度はナイトメアよりも少し低く、レベルも10ぐらいから挑めるものになります。経験値を多めに獲得でき、オルタ・アイギスも入手できますので、ナイトメアに挑戦する下準備に最適です。

 一応、地図の入手とクエストの投入時期は12月24日を予定しています。そこまでに狩猟兵やアイギスを育てて、待っていてください。

――盛りだくさんの内容ですね。そんなアップデート翌々日の17日には、いよいよPC版のサービスが開始されます。

 PC版に関してはマシンスペックが高いこともあり、これを待っているというユーザーさんの声は多かったです。そういった方々にようやくお届けすることができて、我々もうれしいです。

――推奨スペックを教えていただけますか?

 そんなに高いスペックを要求していませんので、大体2年ぐらい前のPCであれば問題なく動作すると思います。高価なビデオカードも必要ありませんし。

『ワルエク』

――操作はどのように行うのでしょう?

 基本的な操作は変えていません。PC独自のショートカットキーやホイール操作を取り入れると、スマホ版を遊んだ時に戸惑ってしまう方もいると思って。

 そもそも、家ではPC、出先ではスマホというコンセプトがありますので、マウスとクリックだけで完結するものになっています。

――PC版のサービス開始時にイベントやキャンペーンを行う予定はありますか?

 たくさん仕込んでいますよ。初めて遊ぶ方に向けてガイド的なクエストも用意していますし、そこにスマホ版のユーザーさんが参加することで、竜鱗や竜輝石などがもらえます。

 他にも、両機種を連動するとプレゼントがもらえるお得なキャンペーンを実施しますので、PC版から始めた方も、スマホ版といっしょに遊んでいただけたらと思います。

『ワルエク』

――小説版、大型アップデート、PC版と続くわけですが、その先の展開について、可能な範囲で教えてください。

 あまり詳しくはお話できませんが、“Ver.1.1.0”に匹敵するアップデートを、月1回ぐらいのペースで実施予定です。

 次に予定している“Ver.1.2.0”では、チュートリアルが丁寧すぎて長いという声をいただいているので、まずそこを解消しようかと。イメージとしては、半分ぐらいに簡略化したいところですね。あとは、ショートカット機能の充実、新しいスキルカテゴリの追加なども考えています。

『ワルエク』

 さらにその先のアップデートでは、プレイの感覚が変わるような新しいゲームモードを用意していきたいと思っています。

――そこまで大がかりなアップデートを毎月って……大丈夫ですか?

 12月~3月はわりとスゴい日々になりそうですね(笑)。でも、おもしろくなればそれでいいんじゃないですか? 僕たちもそれが楽しくてやっていますので。

――わかりました! 1ユーザーとして応援します。最後に、この記事を読んでいる方々にメッセージをお願いします。

 完全新規のタイトルを熱心にプレイしてくださるユーザーさんがいて、心から感謝しております。一方で、ご迷惑をお掛けした方々には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 今後もコンテンツの充実化、便利機能の追加をスピーディに取り組んでいきます。これを機会に、ぜひ“Ver.1.1.0”やPC版でプレイをしてみてください。

小説版ワルエク『天穹の軍師』発売中!

 電撃文庫の小説『ワールド エンド エクリプス 天穹の軍師』が12月10日に発売されました。著者は渡瀬草一郎先生、イラストはエナミカツミ先生です。

●動画:電撃文庫『ワールド エンド エクリプス 天穹の軍師』ティザームービー

 小説版では、ゲームの世界観はそのままに、主人公の青年軍師ゼニスと“緋色の三姉妹”が織りなすオリジナルストーリーが描かれます。特典は、エナミ先生描き下ろしの限定SSRアイギス“メアリーローズ”のシリアルコード!

データ

▼『ワールド エンド エクリプス 天穹の軍師』
■発売日:2015年12月10日
■著者:渡瀬草一郎/イラスト:エナミカツミ/原作:セガゲームス
■定価:本体710円+税
 
■『ワールド エンド エクリプス 天穹の軍師』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『ワールド エンド エクリプス ビジュアル&プレイングガイド』
■発売日:2015年11月6日
■定価:本体1,300円+税
■ページ数:112P
 
■『ワールド エンド エクリプス ビジュアル&プレイングガイド』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『ワールド エンド エクリプス』
■メーカー:セガゲームス
■対応端末:iOS
■ジャンル:RPG
■配信日:2015年10月29日
■価格:基本無料/アイテム課金
 
iOS『ワールド エンド エクリプス』のダウンロードはこちら
▼『ワールド エンド エクリプス』
■メーカー:セガゲームス
■対応端末:Android
■ジャンル:RPG
■配信日:2015年10月29日
■価格:基本無料/アイテム課金
 
Android『ワールド エンド エクリプス』のダウンロードはこちら
▼『ワールド エンド エクリプス』
■メーカー:セガゲームス
■対応機種:PC
■ジャンル:RPG
■配信日:2015年12月17日
■価格:基本無料/アイテム課金

関連記事

関連サイト

アクセスランキング(過去1週間)

  1. 1

    『シャドバ』アディショナルカード“殺戮の魔女・ヴェスパー”、“邪眼の悪魔”を独占公開

  2. 2

    『モンスト』アイリスの獣神化が発表。メダル引き換えに新キャラ・カシスが追加

  3. 3

    『FGO』の衝撃とゲームシナリオ業界の激変。名前のないゲームコラム【電撃PS】

  4. 4

    『モンスト』緋村剣心のステータスが公開。龍槌閃、天翔龍閃で攻撃するSS演出を確認

  5. 5

    【FGO攻略】水着イベント2018“サバ★フェス”のイベントクエストを解説(随時更新)

  6. 6

    『モンスト』×『るろうに剣心』相楽左之助と明神弥彦のステータスが判明

  7. 7

    『艦これ』HTML5ベースの第2期が稼働開始。作戦海域のリニューアルや“艦娘”の解像度向上が実施

  8. 8

    『ソードアート・オンライン』ゲームシリーズ生放送で明らかになった情報まとめ

  9. 9

    『パズドラ』×『銀魂』コラボ開催決定。銀時、新八、神楽をはじめとした多数のキャラが登場

  10. 10

    『千銃士』の次回イベントでは、貴銃士たちが腹チラ&胸チラ!! 美麗CGを独占スクープ☆

[集計期間:08月13日~08月19日]

ページ
トップへ