News

2016年10月1日(土)

『NieR:Automata』のウェポンストーリー募集中! そもそもウェポンストーリーって何だっけ?

文:タダツグ

 発売日が2017年2月23日に決定し、世界中で話題を読んでいるアクションRPG『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』。こちらのタイトルに大いに注目している電撃オンラインと電撃PlayStationでは、ゲーム内に登場する武器に関する“ウェポンストーリー”を募集しています。

『NieR:Automata』

 電撃オンラインでは、“百獣の剣王”LV4のウェポンストーリー(28文字×3行=84文字以内)を募集しておりますので、みなさんぜひご参加ください。なお、LV1~3までの物語や詳細は応募要項はすでにお知らせしたとおりでございます。

『NieR:Automata』

 締め切りが10月3日ということで、この記事を掲載した10月1日現在では、まだまだ参加が間に合うこの企画。とはいえ、読者のみなさんの中には“参加はしてみたいけど、そもそもウェポンストーリーってなんなんだろう?”と思っておられる方も少なくないでしょう。そこでここでは、“ウェポンストーリー”のイロハについて、ちょっと復習してみたいと思います。

『NieR:Automata』

ヨコオワールドに登場する武器には“物語”が存在する!

 この『ニーア オートマタ』の開発を手掛けているディレクターのヨコオタロウさんの作品群は、パラレルワールド(?)としてつながっていることが、明言されています。つまり、前作にあたる『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』はもちろん、ヨコオさんが手がけた『ドラッグ オン ドラグーン』シリーズの作品も、また同じ世界観を共有しているということですね。

『NieR:Automata』
▲ものすごく今更ではありますが、『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』の物語は『ドラッグ オン ドラグーン』のEエンド(いわゆる新宿エンド)から連なる世界で展開します(写真は『ニーア レプリカント』のもの)。

 そして、そんな“ヨコオワールド”に登場する武器には、伝承やいわれといった“物語”が設定されているという、おもしろい趣向が盛り込まれているのです。

 これはヨコオさんのディレクターデビュー作である『ドラッグ オン ドラグーン』の時からの伝統で、ヨコオさんいわく「RPGとしてのボリュームを出すための苦肉の策」として生まれたとのこと。

 ヨコオ作品の武器にはレベルが存在し、素材を集めたりして強化することでレベルアップした際、次なるウェポンストーリーが解放される仕組みになっているため、“RPG的なやり込み要素”として位置づけられているのも納得です。

 とはいえ、ウェポンストーリーはゲームのメインストーリーを補足するようなものから、主人公たちにはまったく関係のない独時の内容まで、本当に多種多様な物語が用意されており、その独創性から、今なおファンに愛され続けています。

 この記事を読んでいる読者の方の中にも、「やっぱり『DOD1』と『DOD2』の“草原の竜騎槍”が至高!」という方や「シリーズ皆勤賞の“鉄塊”シリーズが興味深い!」という方など、それぞれにお気に入りのウェポンストーリーが存在することでしょう。

『NieR:Automata』
▲記事を書いているライターのタダツグは“少年の欲望”を推したい(写真は『ドラッグ オン ドラグーン』のもの)。

とかなんとか言いながら……前作『ニーア』にウェポンストーリーは存在しなかった!?

 さて、そんなウェポンストーリーなのですが……じつは、前作『ニーア レプリカント/ゲシュタルト』のゲーム中には、この武器物語は収録されていませんでした。な、なんてこった(苦笑)。

 じつは『ニーア レプリカント/ゲシュタルト』のウェポンストーリーは、ゲーム中には収録されることなく、設定資料集『ニーア ザ・コンプリートガイド+設定資料集 GRIMOIRE NieR(電撃から好評発売中!)』で初出になるという、ちょっと異色の経歴を持っています。

 これはヨコオさんいわく「ウェポンストーリーがそんなにファンの人気を集めていることを知らなかったから、ゲームの制作中には実装の予定がなかった」ため。

 設定資料集用にわざわざ書き起こしてもらったわけですが……そんなウェポンストーリーが今度は読者参加企画にまでなるなんて、さすがのヨコオさんも当時は想像もされていなかったのではないでしょうか。

『NieR:Automata』
▲こちらは『ニーア ザ・コンプリートガイド+設定資料集 GRIMOIRE NieR』のウェポンストーリーのページ。この本は電撃から好評発売中ですよ!!(宣伝2回目)

 ということで、ここであらためて申し上げます。最新作『ニーア オートマタ』の武器にもウェポンストーリーが実装されており、今回、スクウェア・エニックスさんやプラチナゲームズさん、そしてヨコオタロウさんのご厚意から、登場する“百獣の剣王”と“信義”の物語の一端(LV4部分)を電撃オンライン、電撃PlayStationの読者のみなさんの手で作り出していただくことになりました。

 締め切りは10月3日の23:59となります。LV1~3までの物語や詳細な応募要項は、以前掲載した記事よりご確認ください。『ニーア』を愛してやまない方からのご応募をぜひお待ちしておりますので、ぜひぜひよろしくお願いいたします!

▼電撃オンライン応募フォーム

▼電撃PlayStation応募フォーム

攻略設定資料集は4月28日発売。キャラ&ストーリー解説やヨコオタロウ氏による短編小説なども収録!

 本作の攻略情報と設定資料を収録した『NieR:Automata Strategy Guide ニーア オートマタ 攻略設定資料集 ≪第243次降下作戦指令書≫』を4月28日に発売します。価格は2,500円+税。仕様はB5判・304ページとなっています。

 やり込みに役立つ攻略データに加え、ネタバレ注意のキャラクター&ストーリー解説も収録!

 ディレクター・ヨコオタロウさんによる短篇小説、小説家・映島巡さんによる書き下ろし小説2篇も読める『NieR:Automata』ファン必携の1冊です。

『NieR:Automata』注目記事

(C)2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

データ

▼『ニーア ザ・コンプリートガイド+設定資料集 GRIMOIRE NieR -PROJECT GESTALT & REPLICANT SYSTEM-』
■発行:アスキー・メディアワークス
■発売日:2010年5月28日
■価格:1,995円(税込)
 
■『ニーア ザ・コンプリートガイド+設定資料集 GRIMOIRE NieR -PROJECT GESTALT & REPLICANT SYSTEM-』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『NieR Automata(ニーア オートマタ)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS4
■ジャンル:ARPG
■発売日:2017年2月23日
■希望小売価格:7,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。

ゲーム実況エクストリーム
再生数ランキング(04/17~04/23)

  1. 1

    【MHW】壊れ性能の新防具と鑑定武器の強さと仕様「マム・タロト」は最高の神アップデート【モンハンワールド】

  2. 2

    【MHW】新モンスター「マム・タロト」は期間限定クエストだった!有利に戦える方法や環境利用、肉質や弱点属性など【モンハンワールド】

  3. 3

    【MHW】落石利用で「マム・タロト」を達成度MAXで攻略、調査前と調査後の比較【モンハンワールド】

  4. 4

    【MHW】歴戦個体に閃光弾が一部無効に!?ツタの葉の増殖や調査クエストのソートが可能に「第二弾大型アップデート」に伴う仕様変更【モンハンワールド】

  5. 5

    【MHW】驚愕!アップデートで有料ダウンロードコンテンツがサイレント修正「乱れ桜は春爛漫」の詳細【モンハンワールド】

  6. 6

    【MHW】アステラ祭No.1の神クエスト!HR、痕跡、装飾品、竜玉、紅玉、宝玉が同時に収集できる「丘の上の雪見桜」【モンハンワールド】

  7. 7

    【MHW】大幅下方修正!最強のコンテスト大剣「竜熱機関式【鋼翼】改」がサイレント調整、影響は少なそう?【モンハンワールド】

  8. 8

    【MHW】新要素16人で討伐!新モンスター「爛輝龍 マム・タロト」の実機プレイはカプコンTVで【モンハンワールド】

  9. 9

    【MHW】マルチ!最強の鑑定武器狙いで「マム・タロト」をしばくモンスターハンターワールドなのである【モンハンワールド】

  10. 10

    【MHW】発掘武器復活か?「鑑定武器」やマム・タロトの武器や防具、重ね着が生産可能に【モンハンワールド】