シブサワ・コウ新作は将棋+三国志!? 『三国志ヒーローズ』電撃発表【TGS2019】

そみん
公開日時

 コーエーテクモゲームスの新作アプリ『三国志ヒーローズ』が発表されました。

 この情報は、9月12日に東京ゲームショウ2019で行われた“コーエーテクモ新作アプリ紹介ステージ”で発表されたものです。

  • ▲配信時期は2019年秋とのこと。

 ステージには、シブサワ・コウさんと田中靖浩プロデューサーが登壇。また、将棋AIで有名なHEROZの代表取締役である高橋知裕さんや、香川愛生女流三段も出演しました。

 将棋のようなボードゲーム系のジャンルとなり、HEROZの手がけるAIも使われているとのことです。

 シブサワ・コウさん自身がずっと温めていたアイデアで、自分自身も早く遊んでみたかったという本作。かなり力が入った作品になっているようですね。

開発秘話に関するトークが展開

 なぜHEROZとの協業になったのかについては、HEROZが行ったAIに関する講演にシブサワ・コウさんが参加したことがきっかけとのこと。

 シブサワ・コウさんはその講演内容に感銘を受け、今回のゲームでもAIを本格的に導入したいと考えたそうです。

 ちなみにタイトルの“ヒーローズ”には、三国志の英雄が並ぶこと、プレイヤー本人が英雄となって戦うこと、そしてHEROZ(ヒーローズ)という会社名も含めて、3つの意味を込めているそうです。

 ステージ中にはお互いの会社に対する印象も語られましたが、「HEROZさんは本当にすごい!」と、シブサワ・コウさんはベタボメでした。

 HEROZの高橋知裕さんもシブサワ・コウさんたちのゲームに関する熱意に打たれつつ、非常によい環境でゲーム開発を進められていると語っていました。

 光栄時代に作った最初のゲームである『川中島の合戦』では、“もしも~ならば”を示す“IF~THEN~ELSE(イフ・ゼン・エルス)”を何十行も重ねることで上杉謙信や武田信玄の思考ルーチンを作っていったそうです。

 それはその後の『三國志』などにも引き継がれていきましたが、『創造』や『大志』のころからはAIを導入していったとのこと。

 そのころからAIがゲームを面白くするという確信を持ちつつ、HEROZさんと一緒に『三国志ヒーローズ』を作ったことで、もっとゲームが面白くなると確信しているとシブサワ・コウさんは語っていました。

  • ▲ステージには香川愛生女流三段も登壇。ゲームでは貂蝉の声も演じています。

 ちなみに香川愛生さんが音声を収録する際は、声を出すためには自分がしっくりくる姿勢がよいとのことで、いつも慣れている正座で収録した場面もあったそうです。

 また、ステージ中には「イタズラはおやめくださいまし」と、ちょっとセクシーなセリフの実演も行われました。いやあ、早くゲームでお迎えしたい!

実際のゲーム画面も公開!

 ゲーム的にはボードゲームのような感じですが、ユニットの向きがあることが特徴です。

 また、体力や攻撃力の概念がなく(将棋っぽいですね)、歩兵でも対象を一撃で倒せるという、戦術性が非常に高いゲームとなっています。

 リーダーの“計略”で一発逆転を狙えるところもポイント。

 将棋でいうところの“成り”のイメージで、武将を覚醒させてパワーアップすることも可能。

 将棋と違い、場所によって覚醒するわけではなく、特定のポイントを使うことで覚醒できます。

 初期時の登場する武将は100名以上を予定しているとのこと。

 ゲームモードは3つ。1人で遊べるストーリーモードのほか、対人戦となるヒーローズマッチ、AI対AIで対戦できる“おまかせ遠征”が用意されています。

 ステージ上では高橋知裕さんと香川愛生女流三段が実機で対戦する場面もありました。

  • ▲それぞれ異なる計略を持っています。敵を誘惑する貂蝉の計略は、なかなか強そうですね。
  • ▲ターン制というか、まさに将棋の感覚で対戦が進みます。

 後半になるとブーストタイムとなり、音楽が変化! 指揮が増えやすくなり、強力な増援も到着し、さらに対戦が盛り上がることに!

 こういった工夫も、アプリゲームならではという感じで楽しそうでした。

 後半には高橋さんの周瑜の計略が決まり、炎によって香川さんの武将が倒されていくことに……。

 高橋さんは“王手”の連続で香川さんを追い詰めましたが……最終的には制限ターン数が来て、撃破数による判定で高橋さんの勝利に!

 前半はぼこぼこにされていた高橋さんが、計略をきっかけに逆転していく流れは胸熱でした。

 いやあ、これ、観戦するのも楽しいゲームですね!

  • ▲2019年秋配信予定で、事前登録もスタート!
  • ▲星5劉備は飛車的な強力なユニットとのこと。

 公式サイトや各種ストアで事前登録も始まっているので、本作が気になった方はぜひ!

東京ゲームショウ2019 開催概要

【開催期間】
 ビジネスデイ……9月12日~13日 各日10:00~17:00
 一般公開日……9月14日~15日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)2,000円(税込)/前売1,500円(税込)
※小学生以下は無料

(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.