ラリーレーシングゲーム『WRC8』が2020年2月6日に発売

電撃オンライン
公開日時

 オーイズミ・アミュージオは、PS4用ラリーレーシングゲーム『WRC8』の国内版を、2020年2月6日に発売することを発表しました。パッケージ版希望小売価格は、7,800円+税、ダウンロード版は7,800円(税込)で、25日より全国の取扱店にて順次予約が開始されます。

 『WRC8』は、国際自動車連盟(FIA)からWorld Rally Championshipの完全公式ライセンスを獲得している『WRC』シリーズの最新作です。

 ドライバーがすべて実名で登場する50のチームや、モンテカルロからアルゼンチンに至るまでの14のラリーコース、そして100以上のステージを収録しています。マルチプレイモードには世界中のライバルと競えるウィークリーチャレンジも用意されています。

大迫力のラリーレースに挑戦しよう!

 ラリーとは主に公道で開催される自動車競技であり、世界ラリー選手権(WRC)という競技が存在するほど、世界で有名な自動車レースです。

 『WRC8』では、19種類の路面、7種類のタイヤ、14の国(ラリーコース)、71種類のアンロック可能な研究開発スキルが用意されています。

新たに実装されたダイナミックな天候システム

 『WRC8』用に新たに開発された天候システムによって、雨や雪、さらには激しい雹(ひょう)嵐などが今までより大きな影響を与え、レースのシチュエーションにさらなる現実味をもたらします。

 路面のグリップ力はレース中にも変わり、マシンはそれぞれのステージに応じて調整が必要です。時間帯、天候、路面の状態、さまざまな状況に応じてつねに最速を目指しましょう!

リアリティのある特徴的な“キャリアモード”

 “キャリアモード”では、メカニック、エージェント、広報など世界中からスタッフを募って自分のチームを強化することができます。

 主な目的は車体調整とスケジュール管理ですが、例えばメカニックであれば“修理速度”や“信頼度”といったチームの総合力を高めるスキルが問われます。

 当然能力のある人材ほど報酬も高くなり、貢献度に見合わない扱いを受けると不満を覚えて退社したり、他社から引き抜かれてしまうなんてことも……?

すぐさま走りたいプレイヤーのために

 マネジメントをせずにすぐレーストラックを走ることができる“シーズンモード”も搭載。チームやリソースの管理をすることなく、WRCを戦うことができます。

マルチプレイモードでレースを勝ち抜こう

 本作では、最大8人のオンラインマルチプレイが可能です。世界のトップを目指しましょう!

©2019 A videogame published by Bigben Interactive S.A. and developed by Kylotonn Racing Games. Licensed to and published in Japan by Oizumi Amuzio Inc. An official product of the FIA World Rally Championship, under the license of the WRC Promoter GmbH and the Federation Internationale de l'Automobile. The manufacturers, cars, names, brands and associated imagery featured in this game are trademarks and/or copyrighted materials of their respective owners."WRC" and the WRC logo are registered trademarks of the Federation Internationale de l'Automobile. All rights reserved.

WRC8

  • メーカー: オーイズミ・アミュージオ
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: レース
  • 発売日: 2020年2月6日
  • 希望小売価格: 7,800円+税

WRC8(ダウンロード版)

  • メーカー: オーイズミ・アミュージオ
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: レース
  • 配信日: 2020年2月6日
  • 価格: 7,800円(税込)