さよなら、iモード。ついにサービス終了が決定

電撃オンライン
公開日時

 NTTドコモが、第3世代移動通信方式(3G)の“FOMA”と“iモード”を、2026年3月31日に終了すると発表しました。

 サービス終了の理由としては、4Gの普及による契約数の減少や、5Gに向けて経営資源を集中するためとのことです。

 なお、“FOMA”音声プランおよび“iモード”は、すでに新規受付を終了しており、“FOMAデータプラン”・“ユビキタスプラン”は2020年3月31日をもって新規受付が終了となります。

 “FOMA”や“iモード”で提供されている“iチャンネル”、“iコンシェル”などの各サービスの終了時期は改めて案内されます。

FOMAの歴史
 “FOMA”は、2001年10月に世界に先駆けて第3世代移動通信サービスを開始。384kbps(2001年当時)の通信で、より大容量な動画やゲームなどが楽しめるようになったことが好評で、2011年には約5,700万契約を突破しました。

iモードの歴史
 “iモード”は、1999年2月にサービスを開始。携帯電話から9,600bps(1999年当時)の通信速度でインターネットができたり、電子メールの送受信ができたりといった機能が好評で、2010年7月に約4,900万契約を突破しました。

※画像は公式サイトのものです。
© NTT DOCOMO, INC. All Rights Reserved.