『マイクラアース』スイカの種を植えるときの注意点【電撃ME日記#15】

kent
公開日時
最終更新

 iOS/Android用アプリ『Minecraft Earth(マインクラフトアース)』のプレイ日記をお届けします。

 この記事では、『Minecraft(マイクラ)』好きの筆者(kent)が、スイカの種を植えるときの注意点を紹介します。

スイカは植えたところの隣に実る

 『マイクラ』のスイカは、“スイカの種”を植えることで実ります。

 『マインクラフトアース』でも、フィールド上のタッパブルやアドベンチャーから“スイカの種”を入手できます。

 スイカは、種を植えたところを中心に、四方向のいずれかのブロックに実ができるという特徴があります。

 ただし、実は土や耕した土などのブロック上にできると決まっているので、注意が必要です。

 下の画像の場合では、種を植えたブロックの左は水なので、左にはスイカはできず、赤枠の三方向のいずれかにできます。

  • ▲スイカが実った!

 なので、スイカを植える時は実ができるスペースも考えて植えるようにしましょう。

  • ▲この場合、“スイカの種”を隣に植えているので、赤枠のブロックのどちらかにできます。

まとめ:“スイカの種”を植えるときは実のスペースを確保しよう

 上記で紹介したように、スイカは植えたところを中心に四方向のブロック上に実ができます。“スイカの種”を植えたのに全然実ができないという方は、スイカの実ができるスペースを確保しましょう。

 ちなみに、植え方によっては、キレイに並ぶようにスイカを実らせることもできますよ!

Mojang © 2009-2019. 「Minecraft」は Mojang Synergies AB の商標です。