『DQウォーク』上級職を意識した転職先選びを考え始めてみた【電撃DQW日記#210】

そみん
公開日時

 スクウェア・エニックスのiOS/Android用アプリ『ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク)』のプレイ日記をお届けします。

 この記事では、そろそろ上級職の追加とかがあるといいなあと妄想中の筆者(そみん)が、最近の自分のパーティの育成方針をレポートします!

レベル50を超えたら、上級職を意識し始めませんか?

 9月の『ドラクエウォーク』配信から、はや3か月を超えました。マイペースに遊んできた僕ですが、メイン職業は4人ともレベル50を超えて、ほかの職業にも影響する永続スキルを獲得できました。

 このままメイン職業のレベルを上げることも大切だと思いますが、自分の場合は気分転換も含めてサブ職業を育て始めることに!

 公式な発表はありませんが、『DQ』シリーズには上級職があるので、いつかは実装されると思うんですよね。そんな来るべき日に備えて、各キャラについてメインとサブと2種類くらいの職業はレベル50にしておきたいなと。

 では、どんな組み合わせで複数の職業のレベルを上げておくとよいのか? 過去シリーズを参考に、主に2種類の基本職で転職できる例を集めてみました!

『ドラゴンクエスト6』の上級職

 基本的には『ドラゴンクエスト6』の上級職がベースとなり、のちのシリーズにも継承されていると思います。

 下記のほか、盗賊+魔物マスター+商人でレンジャーなんかにもなれました。勇者になるためには複数の上級職のマスターも必要で、楽しかったけど大変だったなあ。

●バトルマスター(戦士+武闘家)

●パラディン(武闘家+僧侶)

●魔法戦士(戦士+魔法使い)

●賢者(魔法使い+僧侶)

●スーパースター(踊り子+遊び人)

『ドラゴンクエスト7』の上級職

 『DQ6』をベースにしつつ、船乗り+盗賊で海賊、盗賊+羊飼いで魔物マスターになれたりしました。上級職の組み合わせでなれるゴッドハンドや天地雷鳴士も強力でしたね。

 ちなみにスーパースターは踊り子+吟遊詩人+笑わせ師と、ちょっと条件が厳しくなりました。

『ドラゴンクエスト9』の上級職

 『ドラゴンクエスト3』ばりにキャラメイクの自由度が高くなり、転職の楽しさも一段と増した作品です。“旅芸人”という基本職業が登場した作品でもありますね。

 上級職への転職に別職業のレベルなどは不要で、特定のクエストをクリアさえすれば、上級職になることができました。

『ドラゴンクエスト10』の上級職

 上級職という位置づけというより追加職業といった流れで、遊び人なんかも追加職業として登場しました。こちらも特定のクエストをクリアすることで新たな職業に転職できるようになりました。

まとめ:魔法使い+僧侶など、基本パターンをおさえておくとよいかも?

 というわけで、もし『ドラクエウォーク』に上級職が追加され、それが『ドラゴンクエスト6』のように複数職業を育てる必要があるとしたら、下記の組み合わせを意識しておくのが無難と言えるでしょう。

●バトルマスター(戦士+武闘家)

●パラディン(武闘家+僧侶)

●魔法戦士(戦士+魔法使い)

●賢者(魔法使い+僧侶)

 そんな前提で、僕の育成状況をお見せすると……。

【そみん】
・戦士:Lv50
・魔法使い:Lv29
・僧侶:Lv22
・武闘家:Lv22
・盗賊:Lv37

【たつまる】
・戦士:Lv37
・魔法使い:Lv20
・僧侶:Lv29
・武闘家:Lv50
・盗賊:Lv25

【まままる】
・戦士:Lv37
・魔法使い:Lv22
・僧侶:Lv51
・武闘家:Lv17
・盗賊:Lv20

【いちひめ】
・戦士:Lv20
・魔法使い:Lv50
・僧侶:Lv40
・武闘家:Lv22
・盗賊:Lv22

 たつまるは武闘家50に戦士37とバトルマスターを目指しており、いちひめは魔法使い50に僧侶40と、着実に賢者への道を歩んでいることがわかりますね。

 その一方で、そみんは戦士50に盗賊37、まままるは僧侶51に戦士37と……やばい! 冷静に見直したら、かみあってねー!

 そみんは戦士50を生かして魔法使いを育てて魔法戦士への道を、まままるは僧侶50を生かして武闘家を育ててパラディンの将来を考えるのがよさそうですね。って、自分にダメ出しすることになるとは!

 はい。てなわけで、どうせサブ職業を育てるなら将来計画を含めて考えましょうねという、しくじり冒険者からのアドバイスでした。

おまけ:自分は高レベル1~2人+低レベル2~3人の組み合わせで育ててます

 自分の場合、全員低レベルにすると経験値稼ぎが辛くなるので、高レベル1~2人を用心棒にしつつ、低レベル2~3人を組み込んでレベル上げをしています。回復役として僧侶を入れておくのがポイントですね。

 記念クエストとかご当地クエストとか、強制的に低レベルでプレイする必要がある際にレベル1の職業を組み込み、こつこつとレベル10くらいまで育てておくと、いざという時にラクになります。

 あと、現在開催中の『DQ4』イベントのように初級・中級・上級とわかれている際は、初級の時に低レベルの職業を育てると一石二鳥かなと。

 今なら助っ人冒険者のマーニャやトルネコを連れていると、全体攻撃のおかげでザコ戦がスムーズなので、低レベルの職業を育てるにはもってこいのタイミングだったりします。

 場合によっては、フィールドで獲得できる経験値を1.2倍(効果は30分)にできる“経験の珠”を使うのも効果的でしょうね(残念ながら、メタスラの洞窟には効果はありませんか)。

 いちいちパーティを切り替えるのが面倒な人なんかは、週末のメタルダンジョンの時に低レベルの職業を育てるのもよいんじゃないかと。あまり弱すぎると、はぐれメタルのイオラで返り討ちにされますけど(涙)。

 少し前までは毎回転職するのが大変でしたが、今はパーティきりかえ機能が実装されましたからね。ちょっとした隙間時間での低レベル育成もスムーズになり、ありがたい限りです。本当に神機能ですわ!

※『ドラゴンクエストウォーク』は、Google Maps Platformを使用しています。
※『ドラゴンクエストウォーク』を遊ぶ際は、周囲の環境に十分気を付けてプレイしましょう。
©2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金