ビーコン必要なし! 『エーペックスレジェンズ』リブ ダイ リブで勝利をつかめ

itra
公開日時

 こんにちは、イトラです! エレクトロニック・アーツのPS4/Xbox One/PC(Origin)用ソフト『Apex Legends(エーペックス レジェンズ)』で開催中のアーケードイベント“大晩餐会”の一環である“リブ ダイ リブ”モードを紹介します!

 電撃オンラインchでも生放送で“リブ ダイ リブ”をプレイしているので、ぜひそちらもチェックしてください。

リング縮小が終了するごとに味方が蘇る!

 “リブ ダイ リブ”モードは、通常マッチで必要なバナーを拾ってリスポーンビーコンまで運んで、という行程をすっ飛ばし、リングの縮小が終了するたびに味方が復活するモードです。

 チーム内の最後の1人がやられなければ復活できるので、不利な撃ち合いが始まったら逃げてしまうのも手かもしれません。復活した場合はアーマーと武器を所持した状態で再降下スタートします。

 ウェーブが進むと青アーマーで復活できるようですが、序盤は白アーマーでの復活となります。武器も序盤はハンドガンの“P2020”でしたが、ウェーブ5ではアサルトライフルの“R-301カービン(以下、R-301)"でリスポーンしました。

 “R-301”はバランスの取れた大好きな銃なので、この銃を持った状態でリスポーンできたときはうれしい!

味方に分けられるだけのアイテムを持っておきたい!

 リスポーンの際、シールドセルや注射器などの回復アイテムは1つも持っていない状態です。

 また、“P2020”“R-301”用の弾薬“ライトアモ”も予備弾薬がかなり少ないので、生き残った側になった場合は、味方に分けられるだけの弾薬や回復アイテムを持っていると、その後の戦闘も楽になるんじゃないかと感じました。

  • ▲リングを背負って駆け込んできた敵を倒して、復活した味方と分け合えるのが理想です!

 いつもの感覚だと4ウェーブ目、5ウェーブ目では残りの部隊数が3~4のイメージなのですが、“リブ ダイ リブ”モードではリング縮小を待って味方の復活を目指す部隊が多いため、終盤でも残り部隊数が多くなりがちな印象です。

 そうすると、狭い範囲でダイナミズムあふれる戦闘が行われて、目まぐるしくわちゃわちゃします。そのわちゃわちゃも含めて楽しいですし、何より部隊全滅まで3人で戦える楽しさが味わえるモードだと思うので、ぜひプレイしてみてください!

 イベント“大晩餐会”は7つのアーケードモードが2日おきに変わっていく豪華なイベントです。プレイし逃しがないように、興味のある方はお早めに! 

 それでは、何度もレジェンドたちが蘇ってくるにぎやかな戦場でお会いしましょう。

© 2019 Electronic Arts Inc.