インディゲームの開発を支援する“asobu”の詳細が発表

電撃オンライン
公開日時

 日本のインディーゲーム開発者コミュニティ“asobu”は、日本のインディーゲーム界の国内外での成長・発展をサポートする計画の詳
細を発表しました。

 以下、リリース原文を掲載します。

 この計画は、開発者向けの支援活動、情報共有、ネットワーキング、情報宣伝活動、コンサル、広報活動などを網羅する複合的なものです。その第一弾として、東京ゲームショウに先立ち9月21日に“asobu indie showcase”をYoutubeとTwitchで動画配信します。

 今回の9月のショーケースイベント同様、asobuが今後展開予定のイベントの多くはオンライン形式となります。既にコミュニティができつつある常時アクセス可能なasobuのDiscordチャットサーバーを中心に、クリエイターやクリエイターを目指す人たちが気軽に参加し、他のクリエイターやファンと出会い、相談をしたり学んだりできるオンラインコミュニティを育てていきます。このコミュニティに参加することで、asobuやasobuのパートナーが主催する各種特別イベントにも参加することが可能。

 これらのイベントは、インディーコレクションJAPAN(インコレ)やasobu indie showcase などを通じて日本のクリエイターの作品を世界に広めるためのものであり、同時に、開発中、または日本で既に発売中の海外のインディーゲームを改めて紹介することを目的としています。

 asobuでは、新型コロナウィルスをめぐる状況が収束し次第、東京・渋谷の本部で開発者をオフラインでもサポートすべく準備を進めています。asobuのコミュニティワークスペースは、平日は10人余りの“コアメンバー”が交代で利用するシェアオフィス、夜間や週末はセミナーやゲームジャム、テストプレイなどのイベントの開催場所となる予定です。asobuのコアメンバーでない日本や海外のゲーム開発者に一時的にスペースを開放することも場合によっては検討します。

 asobuはサポーターの支援により、これらのサービスをすべて無料で提供します。インタラクティブエンターテインメントに特化した Makers Fund、講談社、キックスターター、インディーをサポートするマイクロソフトのセルフパブリッシングプログラムID@Xbox、Akira Ushiodaなどの素晴らしいサポーターに支えられて運営されています。近日中に他のサポーターも発表予定です。

 『Downwell』の開発者もっぴん(Moppin)はasobuについて以下のようにコメントしています。「個人でのゲーム開発は、制作過程はもちろんのこと、作品の出展や発売の段階など、あらゆる局面で障壁が立ちはだかります。asobu のような、アドバイスを求めたり意見交換できる場が開発者にとっては大きな助けとなります。我々開発者が出会い、サポートし合う場としてasobuのコミュニティが益々広がり、日本のインディー界全体の盛り上がりにつながればと思っています」。

 共同創設者の曹氏は「ゲーム作りはそもそも非常に難易度が高い創造活動であり、それに加え、日本の独立系開発者達は、歴史的なものや文化的なものを含め、独特なチャレンジを抱えており、十分な力を発揮できずにいます。asobuはゲームクリエーターのの相互サポートのエコシステムの構築を目指したいと思っています」。

 asobuの初期メンバーたちは、これまで数年かけてクリエイターやパブリッシャー、メーカーなどからヒアリングしながら日本における独立系ゲームクリエーターが具体的に何を欲していているかを理解し、新型コロナウィルス感染の影響で毎年恒例の“BitSummit”をオンライン配信へ移行するサポートをしたり、クリエイターたちをどのように支援していくかについても実験的な取り組みを続けてきました。このような蓄積を経てようやくasobuの公式デビューを迎えることになりました。

“asobu indie showcase”動画配信イベント概要

9月21日
日本時間21:00
ヨーロッパ時間(CEST)14:00
北米時間08:00(ET)/5:00(PT)
WEBサイト
asobu YouTube
asobu Twitch

@asobu