新型Switch Liteと従来機の違いは? なくなった機能や非対応ソフトはあるの?

そみん
公開日時
最終更新

 Nintendo Switchの新型機Nintendo Switch Lite(ニンテンドー スイッチ ライト)が発表されました!

 発売日は9月20日で、価格は19,980円+税。従来型とはさまざまな部分が異なるので、その違いやメリットについてまとめてみました。

 “小さく&軽くなって持ち運びが便利になった”メリットもありつつ、逆になくなった機能や非対応ソフトなどもあるので、ご注意ください!

違い1:コントローラー一体型なので、テレビ出力はできません

【従来型】
・TVモード、テーブルモード、携帯モード、3つのプレイスタイルで遊ぶことができます。

【Switch Lite】
・携帯モード専用。コントローラーと一体型で、小さく、軽く、持ち運びやすい。

 Nintendo Switch Liteの大きな特徴は、携帯ゲーム機であること。コントローラーの取り外しができず、テレビ出力もできません。Nintendo Switchドックにも非対応なので、家にドックがあっても出力はできません。

 “できません”と書くと悪いことのように感じますが、実際は携帯ゲーム機感覚で気軽に持ち運べるようになったところが大きなポイント。

 いかに“小さく&軽くなった”のかは、次の“違い2”で詳しく説明します。

違い2:横幅が約3cmダウン! 小さく&軽くなり、カバンに入れやすくなった!!

【従来型】
・縦:102mm 横:239mm 厚さ:13.9mm 重さ:約398g
※Joy-Con取り付け時。アナログスティック先端からZL/ZR突起部分までの最大の厚さは28.4mm

【Switch Lite】
・縦:91.1mm 横:208mm 厚さ:13.9mm
※アナログスティック先端からZL/ZR突起部分までの最大の厚さは28.4mm。

 厚みこそ変わらないものの、縦は102mm→91.1mmと10.9mm=約1cm小さくなり、横は239mm→208mmと31mm=約3cmものサイズダウンが行われています。

 自分は通勤中にカバンにNintendo Switchを入れて『オクトパストラベラー』を遊びまくっていた時期がありましたが、けっこう本体が大きくて、3DSとかなら入るようなミニポケットには入らなかったんですよね。

 でも、コンパクトになったNintendo Switch Liteなら、自分のカバンのポケットにちょうど入るので、ありがたい限り!

 さらに重さも約398g→約275gと123g減。某コンビニのチキンが約80gで、Lサイズが約110gという重量感を考えると、なかなかのものかと。とんかつとかステーキとかも、120gくらいのスタートが多い気がしますしね。
(ちなみに、ぶっとい単1電池が約140g。ざっくりと、あのくらいの重量感がなくなってるわけですね)

 ちなみに液晶サイズは、通常版の6.2インチ液晶/1280×720ピクセルから5.5インチ液晶/1280×720ピクセルとやや小さくサイズダウン

 ただ、本体保存メモリーは32GBと変わらず、基本スペックは特に変わっていない形です。

違い3:バッテリー持続時間はやや長持ちに

【従来型】
・バッテリー持続時間:約2.5 - 6.5時間
※遊ぶソフトによって、持続時間が変わります。例えば『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』では約3時間です。

【Switch Lite】
・バッテリー持続時間:約3.0 - 7.0時間
※遊ぶソフトによって、持続時間が変わります。例えば『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』では約4時間です。

 バッテリー持続時間はそこまで変わりませんが、Switch Liteのほうが少し長持ち仕様となっています。

 少しと言っても、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』を例にとると、3時間から4時間と、約30%も長持ち度がアップするわけで、外出先や移動中に遊ぶときに便利!

 なお、充電に必要な時間は、従来型もSwitch Liteも3時間と、変わっていませんでした。

違い4:インターネットやローカル通信でのマルチプレイはどうなる?

 違いではなく、むしろ共通点となりますが、インターネットやローカル通信でのマルチプレイは従来型とSwitch Liteとの間でも問題なく可能なので、ご安心ください!

 兄弟姉妹とか子どもとか、家族で一緒に遊ぶための“もう1台購入”としておすすめです!

違い5:左側のコントローラーに十字ボタンがあって便利!

 ちょっと細かい部分ですが、従来型のスイッチにJoy-Conを接続した場合、左側の操作はABXYと4つのボタンを疑似的に十字ボタンのように使って操作することになりました。

 ですが、Switch Liteは完全に十字(+)の形をしたボタンとなっています。昔ながらのファミコン時代からのゲーマーとして、十字の形のボタンのほうがなんとなく押しやすくって好きなんですよね(笑)。

違い6:HD振動やモーションIRカメラは、別途でJoy-Conを用意しないと利用できないため、一部非対応に近いソフトも存在!

【従来型】
・付属のJoy-ConでHD振動やモーションIRカメラを使用したゲームを遊ぶことができます。
・遊べるソフト:すべてのNintendo Switchソフト

【Switch Lite】
・振動機能とモーションIRカメラを使用したゲームを遊ぶには別途Joy-Conを用意する必要があります。
・遊べるソフト:携帯モードに対応したすべてのNintendo Switchソフト(一部制限があります)

 Switch LiteにはJoy-Conがついていないので、当然ながら初期状態では、Joy-Con関連機能であるHD振動やモーションIRカメラを利用できません

 また、テレビモードに対応していないため、携帯モードに非対応のゲームを遊ぼうとするとプレイ感覚が異なる場青もあります。

 別途でJoy-Conを用意すればある程度は解決する部分はありますが、公式サイトにも掲載されているように、一部遊び方に制限があるものもあります。

遊び方に制限がある任天堂ソフト

●マリオテニス エース
 Joy-Conを振って直感的な操作が可能な“スイング操作”に対応していないため、“スイング操作”が必要になる一部のモードをプレイできません。

●いっしょにチョキッと スニッパーズ
 PARTYモードとBATTLEモードは、Joy-Conなど追加のコントローラーを2つ接続し、2人以上でプレイしないと遊べません。

●いっしょにチョキッと スニッパーズ プラス
 PARTYモードとBATTLEモードは、Joy-Conなど追加のコントローラーを2つ接続し、2人以上でプレイしないと遊べません。

携帯モード非対応ソフトについて

 携帯モードに対応していないソフトでも、Joy-Conを用意することでプレイ可能になるソフトもあります。

 任天堂から発売されているソフトで、Joy-Conを用意することとでプレイ可能になる携帯モード非対応ソフトはこちらです。

●スーパーマリオパーティ
 収録されているミニゲームのうち、2台のNintendo Switch本体をつなげて遊ぶ“バナならべ”、“ドッカン戦車デラックス”、“ブロックパズル”については、Nintendo Switch Liteの形状がゲームに対応していないため、本来のゲーム体験と異なります。

 ただし、“ドッカン戦車デラックス”、“ブロックパズル”については、2台の本体をつなげず、1台の本体だけで遊ぶことも可能です。1台の本体だけで遊んだ場合は通常どおりプレイできます。

●1-2-Switch(ワンツースイッチ)

●Nintendo Labo Toy-Con 01: Variety Kit(バラエティキット)
 『Nintendo Labo Toy-Con 01: Variety Kit』に含まれる5種類のToy-Conのうち、“つり”、“バイク”、“ピアノ”、”おうち”についてはToy-ConにNintendo Switch Lite本体をセットできないため、本来のゲーム体験と異なります。

●Nintendo Labo Toy-Con 02: Robot Kit(ロボットキット)

●Nintendo Labo Toy-Con 03: Drive Kit(ドライブキット)
 『Nintendo Labo Toy-Con 03: Drive Kit』に含まれる“画面スタンド”は、Nintendo Switch Lite本体をセットできないため、使用できません。

まとめ:1万円安く“2台目”を買えるメリットは大きい! サイズダウンして、持ち運びやすくなったのも高評価!

 Nintendo Switch Liteはテレビに出力できないデメリットはあるものの、うちのようにすでに従来型を1台持っている場合は、マルチプレイ専用の2台目として考えると、むしろNintendo Switchドックは2つもいりません

 ある意味で、2台目には求めていない機能が削減されて値段が約1万円下がるなら大歓迎ですね!

 さらに、小さくなって軽くなって、持ち運びがしやすい携帯ゲーム機に特化してシフトしたつくりも、“2台目”の差別化として◎!

 ちょっと気になるのは、このNintendo Switch Liteを1台目として購入する=Nintendo Switchを初めて遊ぶ人がいるとしたら、Joy-Conを取り外すことで生まれる新しい遊びや、おすそわけプレイで気軽に遊ぶ楽しみ、テレビに出力して遊ぶといった、“スイッチして遊ぶ楽しさ”に触れられないのはもったいないところ

 仮にNintendo Switch Liteから遊び始めた人がいたら、いつかは従来型のNintendo Switch&Joy-Conも遊んで、Nintendo Switchならではの魅力にも触れてほしいと、ゲーマー的には強くプッシュしておきます!

おまけ:カラーバリーエーションを楽しめるのもNintendo Switch Liteならでは!

 Nintendo Switch Liteはイエロー、グレイ、ターコイズの3種類用意されており、11月1日には『ポケットモンスター ソード・シールド』をテーマにした特別デザインとなる『Nintendo Switch Lite ザシアン・ザマゼンタ』も発売されます。

 従来型のNintendo SwitchはJoy-Conの色で飾ることができるので、一概に優劣はつけられませんが、Nintendo Switch Liteの鮮やかな本体カラーを見ると、やっぱり欲しくなっちゃいますね!

  • ▲『Nintendo Switch Lite ザシアン・ザマゼンタ』の発売日は11月1日で、価格は19,980円+税。本体裏には伝説のポケモン“ザシアン”と“ザマゼンタ”が描かれています。

(C) 2019 Nintendo


Nintendo Switch Lite ザシアン・ザマゼンタ

  • メーカー:任天堂
  • 発売日:2019年11月1日
  • 価格:19,980円+税

Nintendo Switch Lite ザシアン・ザマゼンタ + 『ポケットモンスター ソード・シールド』ダブルパック

  • メーカー:任天堂
  • 発売日:2019年11月1日
  • 価格:19,980円+税