『Among Us』インポスターからの妨害…緊急タスクを乗り切ろう

ライオン松本
公開日時

 InnerSlothよりPC/iOS/Android/Switchで配信中の宇宙を舞台にした人狼系ゲーム『Among Us(アマングアス)』

 今回は、ゲーム中に発生する緊急タスクについて紹介していきます。

 本作の基本的な遊び方は、レビュー記事をご覧ください。

インポスターからの妨害……緊急タスクを乗り切ろう

 ゲーム進行中、インポスター陣営からの妨害としてクルーメイト側に“緊急タスク”が発生することがあります。この特殊なイベントはサボタージュというもので、インポスターの妨害工作です。

  • ▲インポスターはこのマップからサボタージュを起こせます。

 種類はクルーメイト全員の視界を狭くする停電や一定時間ドアが開かなくなる妨害系と、制限時間以内にクリアしないと敗北してしまうメルトダウン(原子炉暴走)や酸素停止(O2)などの勝敗に関係してくる2種類に分かれています。

緊急タスク“停電”

 まずは停電についてです。インポスターによって電力が停められるとクルーメイトの視界が非常に狭くなり、誰が殺されても犯人が見えなかったり、通気孔(VENT)を使用する場面を見逃したりとかなり不利な状況を作られてしまいます。


 上記ふたつの画像を見比べてもらえば一目瞭然ですが、本当に真っ暗で敵味方が分からずに混乱してしまいます。

 逆にインポスター側からすれば混乱に乗じて暗殺や場を乱すなど、一発逆転も作れる可能性があります(ドア閉鎖もクルーメイトを閉じ込めて時間稼ぎを行なってキルのクールタイムを回復したり、使い方はさまざまです)。

緊急タスク“メルトダウン”

 続いてメルトダウンですが、こちらは停電とは違って視界が狭まるなどの妨害効果はありませんが、制限時間以内にクリアできなければインポスターの勝利となります。

 とはいえ、基本的にはほかのタスクと同じように簡単にクリアできる難易度です。しかし、このサボタージュの真価は固まっていて殺害しにくい相手を散らしたり、あえて解除させる方に誘導して反対側で殺害を行なったりできることです。


 また、このタスククリアには2人必要かつ、解除場所が離れていたりと各プレイヤーを分断できるので殺害がバレにくくなります(前述した酸素停止もクリアしなければ敗北してしまうので、使い方は同じです)。

 いかがだったでしょうか? どちらの陣営もこの緊急タスクの知識は予習しておくと場を冷静にみれたり、利用したりとより深く本作を楽しめるはずです。それでは良き『Among Us』ライフを!

『Among Us(アマングアス)』関連記事

© Innersloth LLC