【DOL20th企画】2014年~2015年のゲームを駆け足で振り返る。『PS4』や『スプラトゥーン』が登場

電撃オンライン
公開日時

 総合エンタメサイト・電撃オンラインが20周年を迎えたことを記念した連載企画。第9回の今回は、2014年から2015年に発売されたゲーム、そしてゲーム業界で起こったことをピックアップしてご紹介していきます。

 なお、掲載されている記事は当時のもので、リンク切れなどの可能性があります。

20周年振り返り企画

1月 23日 アプリ『ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト』
29日 アプリ『LINE:ディズニーツムツム』
2月 10日 アプリ『サモンズボード』
22日 PlayStation4日本国内発売
3月 Facebook、Oculusを買収
27日 アプリ『三国志乱舞』
28日 アプリ『ゆるドラシル』

 『サモンズボード』や『ゆるドラシル』など、2020年秋現在もサービスが継続しているスマホゲームの登場が続く中、いよいよPlayStation4が日本国内で発売されました。据え置き、携帯ゲーム、そしてアプリゲームと、遊び方が多様化してきました。

⇒PS4ローンチ19タイトルを含むソフトラインナップ51作品を掲載! 本体と同時発売になる周辺機器も紹介

4月 16日 アプリ『口先番長』
26日 アメリカニューメキシコ州にてアタリ『E.T.』発掘プロジェクト開始
5月 1日 アプリ『グランブルーファンタジー』
29日 WiiU『マリオカート8』
6月 26日 PC、PS3、PS4、Xbox360『ウィッチドッグス』

 大手ゲームメーカーのアタリが1982年にリリースした、アタリ2600の大ヒット映画とのタイアップタイトル『E.T. The Extra-Terrestrial』。これが、制作期間6週間という突貫開発の……当時の人々を震撼させるレベルで、とても残念な出来のゲームでした。

 当時、人気があるのに入荷が遅かったアタリ製品は、どの店もかなり多めに発注する傾向にありました。クリスマス商戦にあわせて『E.T.』を大量に仕入れていた販売店は大幅値下げを余儀なくされ、結果として倒産が相次いだのです。これ以上、ゲームの価格崩壊を招かないよう、過剰生産された大量の『E.T.』はこっそりと地中深くに埋められた……という“ゲームの墓場”の都市伝説が長くささやかれていました。

 その伝説が本当かどうか確かめるため、2014年4月、ついに発掘作業が始まりました。結果として、本当にソフトは発掘されました。“ゲームの墓場”の伝説は本当だったんです。掘り出された歴史の証人たるソフトは、オークションを通じてファンたちの手に渡りました。

⇒ゴミ捨て場から発掘されたゲームを十数万円で落札!? アタリショックで知られる『E.T.』座談会

7月 14日 アプリ『白猫プロジェクト』
8月 14日 WiiU『ゼルダ無双』
16日 アプリ『ポコロンダンジョンズ』
9月 4日 『Xbox One』が日本で発売
25日 アプリ『ファイナルファンタジー レコードキーパー』
25日 AmazonがTwitchの買収を完了

 『ゼルダ無双』は、『ゼルダの伝説』シリーズと『無双』シリーズのコラボタイトル。リンクなど、『ゼルダの伝説』のキャラクターを操作して、大量の敵をなぎ倒す爽快感を味わえます。後に新要素を加えて、3DSとSwitchでもリリースされています。

⇒『ゼルダの伝説』と『無双』シリーズがまさかのコラボ。『ゼルダ無双』が2014年夏に発売!

10月 11日 『Newニンテンドー3DS』が発売
23日 PS3、PS4、Xbox360、XboxOne『サイコブレイク』
11月 6日 Mojang、Microsoftの子会社化
12月 3日 『PlayStation』が発売されてから20年周年
5日 アプリ『ドラゴンリバーシ』
6日 WiiU『大乱闘スマッシュブラザーズforWiiU』、同日amiibo発売

 『サイコブレイク』は、刑事を操作してグロテスクな化け物と戦うサバイバルホラーゲーム。購入時はCERO Dなのですが、DLCでCERO Zの“ゴアモード”に変更できるという、販売できる年齢の幅を広げる手法が注目されました。筆者は購入後すぐにゴアモードに変更して、涙目でプレイしました。語彙力を失うほどに、メチャクチャ怖かったです。

⇒『サイコブレイク』レビュー。クリアはできたけど、真夜中の1人プレイはチャプター4でギブアップ

1月 14日 『刀剣乱舞 -ONLINE-』のサービスがスタート
26日 アプリ『アイドルクロニクル』
30日 アプリ『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』
2月 5日 アプリ『城とドラゴン』
17日 日本初eスポーツ専攻専門学校発表
26日 PS3、PS4『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』
3月 5日 アプリ『リトルノア』
5日 3DS『世界樹と不思議のダンジョン』
9日 アプリ『夢王国と眠れる100人の王子様』

 今ではもう当たり前になりつつある“eスポーツ専攻”のある専門学校は、この時に誕生しました。ニュースで読んで「おお、ついに!」と思ったのを覚えています。プロゲーマーはもちろんのこと、イベント運営やMCなど、eスポーツに携わることのできる人材が、この頃から積極的に育成されるようになりましたね。

⇒2018年はe-Sportsにとって決定的な年になる? 今後の可能性とは【TGS2017】

4月 1日 日本eスポーツ協会設立
5月 28日 WiiU『スプラトゥーン』
6月 4日 アプリ『メビウス ファイナルファンタジー』

 巻き起こるイカ旋風。5月に『スプラトゥーン』が発売されました。翌6月には世界累計販売本数が100万本を突破。この時期はとにかくみんな、イカに夢中だったんです。

⇒任天堂の新たな名作『Splatoon』レビュー。バランスが絶妙な1人用モードや対戦のテンポのよさを高評価

7月 11日 任天堂社長・岩田聡氏死去
16日 WiiU『ヨッシーウールワールド』
8月 12日 アプリ『Fate/Grand Order』
24日 アプリ『ドラゴンエッグ』
27日 PC、PS3、PS4『ドラゴンズドグマ オンライン』がサービスを開始
9月 4日 アプリ『アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ』
10日 WiiU『スーパーマリオメーカー』

 『スーパーマリオメーカー』は、マリオのコースを作るという新しい遊び方を示してくれたヒットタイトルです。世界中のプレイヤーが自分で作ったコースを投稿したほか、『ポケモン』や『モンハン』など他タイトルとのコラボコースも盛り上がりました。2016年5月に、本作での累計投稿数が720万コースを突破したと発表されました。

⇒11月5日に『スーパーマリオメーカー』が激変。中間ポイントが追加され、有野課長への変身も可能に

10月 15日 アプリ『星のドラゴンクエスト』
21日 PC、アプリ『ハースストーン』
29日 PSVita『夜廻』
11月 28日 3DS『モンスターハンタークロス』
12月 10日 PS4『グラビティデイズ/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動』
15日 小島秀夫氏、コナミデジタルエンタテインメント退社
16日 小島秀夫氏、コジマプロダクション設立

 過去シリーズの世界と新要素が文字通りクロスした『モンスターハンタークロス』が発売されました。アイルーがオトモではなく主役を張って冒険に出る“ニャンター”の要素も初登場。アイルーの集団が大きなモンスターに飛びつく姿は、かわいいを通り越して尊さがあります。

⇒『モンスターハンタークロス』先行体験レビュー! 狩猟スタイルや狩技、ニャンターの遊び心地をレポート

 eスポーツの盛り上がりや今日も人気のあるシリーズタイトルの登場など、いよいよ現代との合流が近くなってきたように見えますね。次回は、2016年と2017年にあったゲーム業界のニュースをお届けしていきます。お楽しみに!

(C)Sony Interactive Entertainment Inc. All Rights Reserved.
(C) 2014 ZeniMax Media Inc. Developed in association with Tango Gameworks. PsychoBreak, Tango, Tango Gameworks, the TA logo, Bethesda, Bethesda Softworks, ZeniMax and related logos are registered trademarks or trademarks of ZeniMax Media Inc. in the U.S. and/or other countries. All Rights Reserved.
(C)2015 Nintendo
(C)2015 Nintendo
(C)CAPCOM CO., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.